フランチャイズでラーメン屋を開業!儲けるコツやオススメチェーン

カテゴリー : FCコラム

「将来的には自分でラーメン屋を開業して稼ぎたい」

「どうすればラーメン屋を経営できるのか分からない」

これから独立したい人がお店を開業する方法としてフランチャイズがあります。フランチャイズによりノウハウやメニューを活用できて、未経験でもスムーズにラーメン屋を開業できるのがポイントです。

この記事ではフランチャイズでラーメン屋を開業するメリットや儲けるコツ、オススメチェーンについて解説します。

フランチャイズでラーメン屋を開業できる?

会社がチェーン店を増やすために、開業希望者に向けて提供しているサービスがフランチャイズです。多くのコンビニチェーンや飲食店などでは、規模を拡大するためにオーナーを募集しています。

フランチャイズによりオーナーは商標やブランド、ノウハウなどを活用できるのが特徴です。本部からのサポートで難なくお店を開業できて、独立当初のつまずきを避けることができます。

ただし、チェーン店を開業したオーナーは、サポートを受ける対価としてロイヤリティを支払うことが必要です。本部が指定した計算方法によってロイヤリティは算出されます。

今まで飲食業を経験してこなかった人でも、フランチャイズを活用すればスムーズにラーメン屋を開業することが可能です。独立や起業に不安なイメージを持つ人にフランチャイズはオススメです。

(1)開業するメリット

フランチャイズによりラーメン屋を開業するメリットは2つあります。

①本部からサポートを受けられる

加盟店の廃業により市場規模が小さくなることを防ぐため、継続的なサポートを提供する会社は多く存在します。フランチャイズの加盟者が受けられるサポートの具体例は次の通りです。

  • 独立支援(直営店やセミナーによるオーナー研修、条件付きの費用免除)
  • 経営支援(スーパーバイザーによる経営サポート、商品開発)
  • 設備支援(営業に必要な機器の提供、システムによる営業サポート)

もしフランチャイズに加盟しない場合、オーナー1人でお店を経営する必要があります。メニューや店舗以外にも考えるべき要素が多くあり、ラーメン屋を個人で成功させるのは難しいことです。

フランチャイズを活用すれば本部から手厚いサポートを受けられるため、独立した後の失敗を防げるのがメリットといえます

②融資を活用しやすくなる

ラーメン屋の開業には数百万円以上の資金が必要であり、金融機関から融資を受けて開業するのが一般的です。フランチャイズ店舗として開業するのなら、融資のハードルが下がるメリットもあります

フランチャイズの関連店舗は既に存在するため、金融機関は本部の収益性やブランドなどにより融資を判断できます。オーナー個人に信用があまりなくても、本部の信用により融資が通りやすくなるのです。

(2)開業するデメリット

フランチャイズでラーメン屋を開業することで、サポートや融資の面でメリットを受けられます。独立の失敗を防ぎやすくなる一方、フランチャイズによる開業には2つのデメリットもあるのです。

①ロイヤリティが発生する

加盟店のオーナーは本部からサポートを受けるために、毎月ロイヤリティの支払が求められます。ロイヤリティの相場は月間売上の5%から10%であり、経営コストが増えてしまうものです。

ですが、最近ではロイヤリティを無料とする本部が多くあり、毎月のコストを削減できるチェーンは存在します。なるべく費用を減らしたい人は、ロイヤリティ無料のフランチャイズを検討しましょう。

②ブランドに左右されやすい

加盟者は本部が指定したブランドのお店を開業する必要があり、ブランドの信用性が落ちれば売上が下がりやすくなります。実際に同じチェーン店の不祥事により、収益性が悪化したケースは多いです。

しかしラーメン屋であればフリーネームに対応したFCがあるため、オーナーが独自の店名を設定できる場合があります。独自性を重視したい人にはフリーネームのFCがオススメです。

(3)必要になる開業資金の相場

フランチャイズでラーメン屋を開業するには設備費用だけでなく、さまざまな諸費用を支払う必要があります。加盟者が開業時に支払う費用の内訳例は次の通りです。

  • 加盟金:本部から商標やブランドを提供してもらうための初期費用
  • 保証金:ロイヤリティや仕入費用等の担保金
  • 店舗取得費用:物件費用、内外装設備費用、消耗品費などお店作りに必要な資金

上記の他にも研修費や開業準備金などの費用が発生する場合もあります。一般的なラーメン屋の開業資金の相場は300万円から2,000万円です。

(4)開業するときの流れ

ラーメン屋を開業するためには、まず経営するラーメン屋の計画を立てましょう。店舗の立地や営業時間、資金繰りなどを考慮しておくことで、自分に適したフランチャイズを見つけやすくなります。

開業する店舗のイメージをつかめたら、さっそくインターネットや説明会などでチェーンを検索。自分の店舗イメージと似ているフランチャイズを見つけたら、その本部の説明会に参加したり資料を請求したりします

詳細内容を知って問題がなければ、既存のフランチャイズ店舗を見学してみることがオススメです。店舗のメニューやスタッフの質を見ることで、経営方法に問題がないか確認できます。

特にフランチャイズの問題性がなければ、本部との契約に進みましょう。契約が完了すると店舗物件の取得や事業計画の策定、オーナー研修といった開業準備に取り掛かれます。

すべての開業準備が完了したら、ラーメン屋を開店して営業を始めることが可能です。経営している間はスーパーバイザーによるサポートにより、営業や接客などを改善できます。

ラーメン屋で儲けるには

「自分でラーメン屋を開業しても儲からない」と思っている人は少なくないでしょう。飲食業には競合する店舗が多くあり、廃業や倒産に追い込まれるオーナーも中にはいます。

これからラーメン屋を開業する人が儲けるには、次のような3つのポイントを考慮することが重要です。

  1. コストから売上を意識
  2. お店の立地を重視
  3. 信頼できる本部を選定

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

(1)コストから売上を意識

ラーメンを作るには麺やスープなどの素材が必要であり、商品の原価率を把握するのが儲けるコツです。原価率を知っておくことで販売数によるおおよその利益が分かります。

また、ラーメン屋の営業には従業員の人件費や水道光熱費といったコストも必要です。経営にかかるコストをすべて把握することで、売上をどう増やすべきか検討しやすくなります。

(2)お店の立地を重視

飲食業は立地がよければ集客しやすくなり、オーナーは営業利益の増加に期待できます。逆にお店の立地が悪いと客足が遠のき、店舗の売れ行きが悪化していく傾向です。

(3)信頼できる本部を選定

フランチャイズは本部によってサポートや収益性が変わるものであり、チェーンで独立の成功率は変動します。開業したラーメン屋で儲けるには信頼できる本部を選ぶことも重要です。

ブランドの強さやデザイン性、スタッフの接客態度などの質が高ければ、そのチェーンを提供する本部の信頼性は高いことが分かります。加盟前に店舗を見学しておくことがオススメです。

オススメのラーメン屋フランチャイズ

規模やブランド力を高めたい企業は多く、今では多様な種類のラーメンチェーンをフランチャイズで開業できます。これからラーメン屋を開業したい人にオススメのフランチャイズは次の5つです。

  1. Aji-Q(アジキュー)ラーメンショップ
  2. 鶏塩らーめん 錦
  3. 辛麺屋 輪 総本家
  4. 麺場 田所商店
  5. ばんから

それぞれのフランチャイズチェーンについて特徴を紹介します。

(1)Aji-Q(アジキュー)ラーメンショップ

白湯デラックスという、スープが魅力的なラーメンを取り扱っているのがアジキューです。アジキューでは自分の店舗を開業したい人向けに、フリーネームの開業パッケージを提供しています。

2週間の研修でノウハウを身につけることができ、毎月のロイヤリティが無料であるのが特徴です。フリーネーム制度によりオーナーの個性や工夫を店舗作りに活かせます。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0810/

(2)鶏塩らーめん 錦

独自の作業工程により、未経験でも簡単に調理できるチェーンが鶏塩らーめんです。本部が設計した工程を流用することで、調理時間の短縮や人件費の削減といったメリットがあります。

居抜き物件を活用すれば300万円以下の開業資金で開業でき、加盟金や看板料が安い点が特徴です。オーナー独自のオリジナルラーメンを自店舗で販売することが可能です。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0566/

(3)辛麺屋

辛くて濃厚なスープと食感のよいこんにゃく麺が魅力のラーメンを取り扱っているのが辛麺屋です。こんにゃく麺には食物繊維が多く含まれていて、体重が気になる女性からの支持を受けています。

座学と現場研修により経営知識やノウハウを学べて、開業後3年間は本部が課題解決をしっかりとサポートするのが特徴です。本部からの徹底した支援により独立のリスクを軽減できます。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0579/

(4)麺場 田所商店

豊富な種類の味噌を取り扱い、国内で112店舗の味噌ラーメン専門店を展開しているのが麺場 田所商店です。平均客単価は約1,000円であり、高い収益性やリピーター率を実現しています。

本部のサポート内容は立地調査や物件探し、店舗設計、研修、運営指導など。オープン前後の1週間は本部からトレーナーが派遣されるから、お店の営業に不安をもつ人でも安心です。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0320/

(5)ばんから

50年の歴史をもつ東京豚骨ラーメンチェーンがばんからです。簡単なオペレーションによりラーメンを調理できるから、経験があまりない人でもばんからの味を再現できるのがメリットといえます。

ばんからの本部が提供するオーナー向けの制度により、給料を貰いながら実務経験を積んだり加盟金免除が受けられたりできるのが特徴です。開業に必要な資金は約500万円と相場より低くなっています。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0692/

まとめ

ラーメン屋を経営するにはメニューだけでなく、店舗やノウハウなどが必要になります。フランチャイズを活用することで本部からサポートを得られて、スムーズに開業することが可能です。

フランチャイズによっては、オーナー向けに実習制度や加盟金免除といった制度を提供しているケースもあります。店舗見学や説明会などで本部の信頼性を判断してから、フランチャイズを上手に活用してラーメン屋を開業しましょう


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズでラーメン屋を開業!儲けるコツやオススメチェーン