フランチャイズの仕組み

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ 仕組み

昨今様々な業種にて、自社のフランチャイズ化を実行する方・考える方が増えてきていると耳にします。フランチャイズ化と一言で言っても、その仕組み作りはたくさんありかつ複雑です。フランチャイズ化を検討中の方には、何をどのように進めていけばよいのか困惑している方が少なくありません。そして一応フランチャイズ化したけど、いまいち思った通りにいっていない部分があると悩んでいる方も少なくありません。

そこで今回は自社のフランチャイズ化につきまして、研修体制など複数の観点からいろいろなことについて解説します。

フランチャイズビジネスを作る仕組み概要

フランチャイズ化とは、自社ビジネスの商品・サービスなどに共感する人を募り一緒にビジネス展開していくことです。この際自社ビジネスモデルを加盟者に提供し、業務を進めやすくします。まずこのフランチャイズビジネスの、仕組みを作る概要を説明します。

(1)自社ビジネスの魅力性を再確認

自社ビジネスにブランド力・それなりの売り上げ実績があり、既に複数分野の方々に評価されているのは重要です。

(2)本部が儲かるシステム作り

フランチャイズではまず本部が儲かる必要があります。本部が儲かるからこそ、ある程度余裕をもって加盟者に安定した様々な支援などができるわけです。そしてそもそも本部が儲かっていないビジネスに、加盟希望者が多いとは考え難いです。

(3)募集体制

フランチャイズ加盟希望者を募集している旨を、幅広くかつ効率的にお知らせする体制作りが必要です。

(4)加盟希望者への説明準備

フランチャイズ加盟希望者に配布できる資料・契約書・諸チラシなどといったものの準備も必要です。そして開催者がもし説明会開催に不慣れな場合、説明の練習・上手に説明してくれる人材の手配も求められます。

(5)研修などのシステム作り

加盟希望者が業務そのものはもちろん、ビジネス運営も素人同然の場合様々な研修も必要となります。

(6)様々な支援体制作り

事業を運営していくと、様々な難点・複雑なこと・困惑することが起こります。このような時に、随時手助けする・アドバイスする営業マン的存在が必要です。そして諸重要書類作り・トラブル解決・決算などの時に、士業者からの助け・アドバイスを受けられる体制もあると望ましいです。

次に上記6項目をある程度詳しく触れていきます。

事業そのものが本当に進展性を見込めると評価されるのか否か再確認

自社ビジネスの強さを収益性・継続性主張などで、アピールできるのはとても大切です。

(1)収益性

加盟希望者が一番気になることの一つといって過言でないのが、事業実績ではないでしょうか。複数年・5年・10年単位での事業実績があり、説得力のある売上実績・収益性が求められます。

(2)5年10年20年スパンでの継続性

フランチャイズ加盟希望者の中には、人生をかけて加盟する・脱サラした退職金で自営という夢を実現するといった程の覚悟で応募してくる方が多数いらっしゃいます。このような方々に5年10年20年、いやこれ以上に運営していけると見込める継続性の説明が必要です。

このためには「今そして今後、世界的に見ても日本国内で見てもこうこういった状況だから需要は伸びてくる」といった、根拠を伴った需要の説明が必要です。そして経済産業省がこのような政策・財務省がこのような優遇政策をとる、といった国家・政府の後押しもある根拠も効果的です。

(3)自社製品・商品の強み

もし同業他社が似たような商品やサービスで事業を行っていれば、他社への差異も必要です。例えば競合他社がある商品でも「弊社は商標をもっています」「誰々さん(それなりに有名な方)の推薦もあります」というようなアピール材料が必要です。そして、このようなブランド力・オリジナリティは強い武器となります。

(4)評価される

①融資の際評価されやすい

実際フランチャイズ事業が始まると、融資を受ける必要がある場合も生じ得ます。このような時に「弊社ビジネスは融資を受けやすいですよ」と根拠をもって説明できると説得力があります。そしてフランチャイズ元が日本政策金融公庫・地銀・信用金庫などといった、政府系金融や公的金融機関から既に複数融資を受けた実績があるとさらに効果的です。

②様々な方々から評価される

加盟希望者といっても、必ずしも若年者・事業経験があまり多くはない方とは限りません。募集元のフランチャイズ本部の人材以上に、様々な能力をもった事業経験者が来る可能性もあります。仮に自社と同じ事業経験者の場合、実際業務開始となると円滑に正確に仕事を進めてもらえる可能性も高いと思われます。これは、事業本部としては助かります。

本部が儲かるシステム作り

本部が儲かるのが重要事項の一つですが、本部の儲け方を示します。

(1)加盟金や研修費

フランチャイズ加盟の時に、数十万円・100万円・200万円単位で加盟金がある所があります。そして、数十万円程度~100万円程度の加盟者が払う研修費がかかる所もあります。

(2)ロイヤリティや手数料

一般的にフランチャイズ本部の儲け方で大きく知られているのは、このロイヤリティ・手数料の方法ではないでしょうか。ロイヤリティ・手数料には売上歩合方式・定額方式・粗利分配方式があります。

売上歩合方式は売り上げの数パーセント~50%程度を・定額方式は1か月に数万円~10万程度を・粗利分配方式は売上総利益に対してロイヤリティ率約30%~70%を本部に支払います。

(3)原材料費や紹介料など

あまり知られていないかもしれませんが、近年では原材料提供や様々な紹介料といった形の本部が儲ける方法もあります。原材料提供は文字の如くですが、加盟者は本部より原料を買って代金を支払うわけです。

紹介料というのは、あるビジネスが複数社によって成り立っているとします。ここで何らかの事情によりフランチャイズ元が複数社を紹介する場合、紹介料やビジネス成立時のマージンをもらうという形です。

上記のような本部の儲け方をはじめとした、確固たるビジネスモデルが必要となります。

加盟希望者を募集できる体制作り

加盟希望者を募集するためのホームページ整備などが必要です。

(1)ホームページ

昨今フランチャイズビジネスに関わらず、自社の認知拡大・自社の信頼アップのために様々な形でホームページをもつ所が増えつつあります。この自社ホームページに、フランチャイズ募集という旨のボタン・フランチャイズ募集要項ページを作成するのはもちろんです。

そして自社の業種へのフランチャイズ加盟希望者が、自社ホームページへ来やすいように措置を講ずるのも重要です。例えばランディングページ作成・諸SEO施策といった作業となります。

(2)ラジオ・テレビのCM

ある程度まとまった費用(30万円程度~)が準備できる所は、ラジオ・テレビのCMを使えると非常に効果は大きいです。音や映像の力は絶大なものです

(3)フリーペーパー掲載

数万円から数十万・80万円程度の費用が準備できれば、フリーペーパー掲載も効果的です。スーパーなどに置かれますので、多数の方の目につく可能性が上がります。

(4)ネットのダイレクトメールやLINE@

ラジオ・テレビ・フリーペーパー掲載は費用が大きい上に、作成や打ち合わせなどで時間を必要とします。ある程度のIT技術やスマホ操作能力がある人材がいれば、ネットのダイレクトメールやLINE@は費用が安くて済む・もしくはほぼゼロとなる場合さえあります。

加盟希望者に説明会などでわかりやすく説明する体制作り

説明会などで資料や動画などを使い、参加者にわかりやすく説明するのはとても重要です。

(1)諸資料・書類作り

いつなんどき、本部が求めている・求めている以上の人材が尋ねてくるかわかりません。もしこの際に好ましい資料・書類が用意されていなければ「あっじゃあもういいです」というように、大きなチャンスを失いかねません。

そして諸資料・書類作りは本部の人間が頑張って作成するのはもちろんですが、第3者の意見・考えを聞くのも大変参考になります。物事の表現方法は多種多様で、自分が意図した意味とは別の意味に解釈される場合も少なくありません。

安くないお金をかけて100部・数百部・1000部も刷ったのに、作り直し・刷り直しとなってはとてももったいないです。またチラシ作りに関しては外部のチラシ制作業者に頼むのも効果的です。

プロのチラシ制作業者はイラストレーターやフォトショップなどといった特殊なソフトで制作し、レーザープリンタで印刷しますので芸術的で大変印象的なチラシを作ってくれます。

(2)パワーポイント・映像作り

今やパワーポイントによるプレゼンテーションは、当たり前のように行われています。そしてノート型パソコンを持参して、様々な動画で説明するのも効果的です。このためには、手の込んだパワーポイント作り・動画準備が必要となります。

(3)説明練習

限られた時間内に人へ効果的に物事をわかりやすく説明するというのは、簡単ではありません。自分ではわかりやすく説明したつもりでも、的確に伝わっていなかったという場合が少なからずあります。これが原因で、せっかく説明会に求めていた人材が来ても他へ行ってしまうということもあります。

これを防ぐために、複数名が視聴することによるプレゼン練習が重要です。そして時には、外部から上手に説明してくれる人材の招致も必要ではと思われます。

研修体制といった制度作り

様々な研修体制整備もポイントとなります。

(1)業務そのものの指導

該当業務未経験者が加盟することになるといった場合もあります。この場合、該当業務そのものを指導する体制も必要です。そして業務によっては、指導のための設備確保・指導スタッフの確保が求められます。

(2)社会人研修

話や状況次第では、社会人未経験者が加盟する場合もあり得ます。この場合、あいさつ・敬語の使い方・電話の方法・メールや手紙の作り方・FAXの方法・整理整頓方法・社会人としてのマナーなども指導する必要がある可能性があります。

ただ誰かがつきっきりで指導するというのは、時間的に厳しい時もあります。このような場合に備えて、数十ページから100ページ程度(もしくはこれ以上)から成る社会人としてのマニュアルを準備する必要もあるかもしれません。

(3)業務開始支援

自営業が初めてという方には、土地の探し方支援・効率的な不動産手続き支援・設備物品準備支援などといった業務開始支援も重要です。

(4)業務開始後の研修

諸打ち合わせ・契約手続きなどが完了し事業開始となっても、様々な平常と変わったことが生じます。そして様々な事情・本部の意向により、新しい制度導入・システム変更などもあります。また、いろいろな難しい局面もあると予想されます。このような事態を予め予見して、加盟者をどこかへ一斉に集めて勉強会・研修会を開催できる体制も必要です。

加盟者を支援する本部の営業マン準備・士業者との提携体制作り

本部の営業マンや士業者といった専門家は、いざといった時に必要不可欠です。

(1)本部の営業マン

業務開始後の集団研修を開催しても、加盟者の能力は同等でなく抱える事情も加盟者で様々です。加盟者それぞれで何か特有の問題が生じた際に、一斉勉強会を開催するわけにはいきません。そこで何か特有の問題が生じた際になるべくすぐ駆け付け、できればその場で解決できる営業マン・総合職の方がいるとより運営がスムーズに正確になりやすいです。

(2)士業者との連携

いくら本部の営業マンがいても法的なことが関わってくれば、営業マンが対応しきれない・処理しきれないこともあり得ます。このときに弁護士などといった法律家の存在が必要になります。

そして経営には決算作業も必要になりますが、本部・加盟者がなるべく大きい利益を上げるには節税策が重要となります。さらに節税策もですが決算作業の時にバタバタしないよう、普段から領収証整理・パソコンでの諸数値入力をしておいた方が良いです。

また後々融資を請う必要性が生じる場合があります。この場合には、健全で将来性のある事業計画書・説得力のある融資申請書作りが必要となります。決算時や融資申請時に本部が顧問税理さんを準備できている・紹介できるといった体制があれば、より効率的に書類を作成しやすいです。

まとめ

以上フランチャイズの仕組みについて述べてきました。フランチャイズの仕組みに必要な事柄はいろいろありますが、最も大きいのは自社の実績・自社商品のブランド性・研修体制といった制度作りではと思われます。

自社のフランチャイズ化を目指す方は、数か月・半年・1年といわず数年単位で諸要素を鑑みながら準備なさるのがおすすめといえます。様々な複雑な部分・難しい部分はありますが、フランチャイズ化を成し遂げて自社・加盟者・社会の発展に貢献して頂ければと祈念致します。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズの仕組み作りを解説!研修体制など複数の点から触れる