高収益!!法律で定められている安定の定期メンテナンス事業
株式会社JLS

株式会社JLS
株式会社JLS

対応エリア:全国

会社名
株式会社JLS 一般社団法人日本発電機負荷試験協会
事業内容
非常用発電機の負荷運転点検
カテゴリ
サービス業
住所
東京都中央区日本橋浜町3-27-11 タクマビル5F
電話番号
03-3662-1670
HP
http://fukashiken.com/index.html
メッセージ

成功するビジネスとは、法律で決められている義務付けのビジネスか、ユーザーの任意ビジネスか、によって決まります
JLSの点検ビジネスは、法律で義務付けられた新しいビジネスです!

仕事の魅力

非常用発電機の負荷運転機の施工パートナー/営業パートナー募集!
※非常用発電機の負荷運転は、消防法により定められた義務です。(消防法第17条3の3)

○負荷運転点検とは?

非常用発電機を動かし、負荷をかけて、規定どおりの能力を発揮できるかの試験を行う点検業務です。
毎年1回の定期点検で負荷運転を行うことが規定されていますが、負荷運転を行う事業者が圧倒的に少ないため
発電機のエンジンが動くかどうかの確認だけで済ますケースが多いようです。

○防災全体の強化

近年震災が頻繁に起きていることから、防火設備の点検全般に対しての重要性が再認識され
消防法令違反の建物への罰則が強化されております。

従来の負荷運転では、大掛かりな設備やコストの負担がネックとなっていましたが、小型の負荷運転機の開発で、点検費用の負担を大幅に軽減することに成功しました。

非常用発電機の負荷試運転は、消防法で定められた義務であるため、最新の負荷運転機の開発に伴い、今後全国で需要が拡大してまいります。

○高い利益率と年1回行う安定したメンテナンスビジネス

弊社の負荷運転には大がかりな設備や、その他のコストもかかりませんので高い粗利率が望めます。
しかも、1件の点検時間は2時間なので、1日に複数件行うことができます。
又、商用自動車の車検と同じで、毎年行う定期点検ですので年々売上が倍増してゆきます。

市場性

全国に広がる市場

全国に非常用発電機は、125万台設置されています。
しかし、負荷運転点検をできる業者が少なく、点検を受けることができない対象施設が多く、全国に市場が大きく開かれています。
負荷運転を行う業者が圧倒的に少ないため、競合もありません!
また、定期点検が義務付けられておりますので、1回点検をしたら終わりではなく、毎年行うので安定した収益を確保できます。

ビジネスの特徴

○少人数(2名)で簡単に出来る負荷運転点検

負荷運転機を軽量コンパクト・セパレート型にし、2名の作業員で1件当り約2時間で出来る画期的な業務です。
そのため、全国各地で需要が増大中です。

○未経験の方でも大歓迎!

施工パートナーに必要な知識や技術は、2日間以上の研修で本部が丁寧にお伝えしますので、非常用設備、負荷運転についての知識がない方でも、安心してお取り組みいただけます。

○大歓迎の業種

下記業種に携わった事がある方は大歓迎です!

(1) 自動車関係

(2) 電気関係

(3) 消防関係

(4) ビルメンテ、ビル管理関係

(5) 建築関係

もちろん、上記業種以外の方からのお問い合わせもお待ちしております!

本部を代行して、代理営業をやっていただける方も随時募集しております!

本部のサポート体制

弊社では、施工パートナー様にスムーズに業務にお取り組みいただけるよう、2日間以上の実務研修を行っております。

○発電機及び負荷運転機操作研修
・工場内研修場にて、発電機と負荷運転機の稼働操作を行います。

○発電機学科研修
・JLA(一般社団法人 日本発電機負荷試験協会)本部会場において、感電等発電機取り扱いの基本知識を学んでいただきます。

わかるまで、何度でも丁寧にご説明いたしますので、未経験の方でも安心してお取り組みいただけます!

本部のサポート体制
本部のサポート体制

加盟要件

募集地域 全国
契約タイプ 代理店及び委託業務
契約期間 2年
研修費

5万円(税込)

●事業参加の前に研修を受ける事も出来ます。
   先づは研修にご参加を!

 

収益モデル

1件当たりの手数料70,000円
月間点検件数 1ヶ月当たりの手数料 年間当たりの手数料
20件 1,400,000円 16,800,000円
30件 2,100,000円 25,200,000円
40件 2,800,000円 33,600,000円

 

説明会日程

株式会社JLS/高収益!!法律で定められている安定の定期メンテナンス事業の説明会に参加を希望の方はこちらから

資料はメールにてお送りいたします。
携帯・スマホのアドレスからお問い合わせをいただいた場合、容量制限により資料を受信できないことがございますので、極力PC・Gmail等のアドレスからお問い合わせをいただけますようお願い申し上げます。

ページトップへ