ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ特集

ステーキ・ハンバーグ フランチャイズ

ステーキとハンバーグは、老若男女問わず「大好物だ」という人が多い人気メニューです。

近年では飲食店の専門店化が増加しており、ステーキ専門店やハンバーグ専門店も増えています。

特にハンバーグは、焼き加減を自分で調整できるものやSNS映えするものなど、こだわりの進化系ハンバーグが続々登場していて、第4次ハンバーグブーム到来中ともいわれています。

この記事では、ステーキ・ハンバーグのフランチャイズの魅力や、向いている人・向かない人、フランチャイズ選びのポイントなどをご紹介します。

ステーキ・ハンバーグ業界の魅力

まずは、フランチャイズにおけるステーキ・ハンバーグ業界の魅力についてみていきましょう。

(1)集客がしやすい

ステーキとハンバーグは「子どもの頃から大好物だ」という人が多く、幅広い年代の人に愛されるメニューです

好き嫌いの分かれることが少ないメニューだからこそ、飲食業界の中でも集客しやすいカテゴリーに入るといえます。

また、立地によってはサラリーマンや学生、ファミリーなどターゲットを絞りやすいという点も魅力的です。

ターゲットを絞れば、効果的に販売戦略を練ることで売上を伸ばしやすくなります。

(2)調理の手間やスキルが必要ない

居酒屋やレストランはメニュー数も多いため、調理の手間やスキルが必要になります。

また、ラーメン店などでは仕込みの手間がかかるケースも多いです。

こうした飲食店とは違い、ステーキやハンバーグの専門店は、メニューがステーキもしくはハンバーグのみに絞られています。

基本的には肉を焼くだけで、トッピングやサイドメニューが変わる程度なので、調理の手間があまりかかりません。

高度なスキルを求められることもないため、初心者でも開業しやすいことが魅力です

ステーキ・ハンバーグ業界に向くタイプ

ステーキ・ハンバーグ業界にはどのような人が向いているのでしょうか。

以下のような要素がある人は、ステーキ・ハンバーグ業界に向いているといえます。

(1)コスト管理ができる人

ステーキ・ハンバーグ業界に限ったことではありませんが、店舗経営においてはコスト管理が非常に重要です。

材料費や人件費、光熱費などさまざまなコストがかかるため、赤字経営にならないようにコスト管理をしっかり行う必要があります。

ステーキ・ハンバーグ業界ではコストを詰めすぎると顧客満足度が低下してしまうこともあるため、バランスを考えることも大切です

(2)適応力の高い人

ステーキ・ハンバーグ業界は、店舗によって客層や価格が幅広くなっています。

例えば、ランチタイムにはリーズナブルな価格で学生などの若年層が利用できるように設定し、夜はファミリーやサラリーマンなどに向けて価格やメニューを変えるようなケースもあるでしょう。

そうすると、昼と夜では客層が異なるため、接客や商品など顧客に求められるものが異なります。

こうしたケースにも適応できるような適応力が求められることもあります。

ステーキ・ハンバーグ業界に向かないタイプ

それでは、どのような人がステーキ・ハンバーグ業界に向いていないのでしょうか。

以下のような要素を持っている方は、ステーキ・ハンバーグ業界に向いていない可能性があります。

(1)マネジメント能力がない人

ステーキやハンバーグの専門店の開業にあたり、「高品質な肉や野菜を使いたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ただ美味しいステーキやハンバーグを提供していれば、経営がうまくいくわけではありません。

ステーキやハンバーグの専門店の経営を軌道に乗せるには、在庫、売上、人材、利益率を適切にマネジメントする能力が求められます。

こうしたマネジメント能力がないと、ステーキやハンバーグの専門店の経営を続けるのは難しいかもしれません

(2)反復作業が苦手な人

ステーキやハンバーグの専門店の場合、キッチンではひたすらステーキやハンバーグを焼くことになります。

ホールならば接客対応が続きますし、オーナーとしての管理業務も日々繰り返さなければなりません。

そのため、反復作業が苦手な場合、ステーキ・ハンバーグ業界では息苦しさを感じる可能性があります

フランチャイズ選びのポイント

フランチャイズに加盟してステーキ・ハンバーグのお店を運営する場合、パートナーとなる本部選びは非常に重要です。

本部を選びでは以下の2つのポイントを確認しましょう。

(1)フランチャイズ本部の顧客層

ステーキ・ハンバーグ業の場合、顧客層は「若年層やサラリーマン」「学生やファミリー」「富裕層やシニア層」などに分けられます。

顧客層によってメニューの価格設定や内装、選ぶべき立地や販売戦略は異なります。

フランチャイズ本部の顧客層を調べて、自分がお店を持ちたいエリアや希望するお店の雰囲気などに応じたフランチャイズ本部を選ぶことが大切です

(2)オペレーション内容

ステーキ・ハンバーグ業界の場合、調理そのものは肉を焼くことなので非常にシンプルです。

そのため、注文から提供までは本来であれば短時間で行われるものです。

顧客もいくら美味しい肉であったとしても、提供までに時間がかかればリピートする可能性が低くなります。

注文から提供まで短時間でできるオペレーションシステムのある本部が有利になるといえます

まとめ

幅広い年代に愛されるステーキ・ハンバーグは、需要が減ることは少ないといえる業界です。

近年では専門店の人気も高まっているため、フランチャイズのノウハウや知名度を活かせば収益を見込める可能性が高いでしょう。

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズブランドは非常に多いので、資料請求や説明会への参加などを積極的に行い、自分に合うフランチャイズ本部を探してみてはいかがでしょうか。

オススメなステーキ・ハンバーグのフランチャイズ企業

  • 株式会社バーク・ジャパン

    ステーキ&ハンバーグのフランチャイズ契約店を募集!

  • 株式会社エアサポ

    【全国対象】今月限定で加盟金が0円!ゴーストレストランの導入で、全ての飲食店の売上・利益UPをお約束!【デリサポ】


関連掲載企業特集

  1. 【特集記事】介護・福祉のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】フィットネスジム・パーソナルジムのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集記事】美容サロン・エステのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集記事】婚活ビジネス業界特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ特集