フランチャイズと代理店の違いは何?仕組みと特徴を解説

カテゴリー : FCコラム

ここ数年、独立開業を検討してきている人が増えてきている傾向があります。会社勤めの仕事形態に変化の意識が芽生えているとか、ノウハウに自信があるので自分で開業して収入を増やしたいと考える人が増えてきているのが背景です。

独立開業には、完全に一から開業する方法と、フランチャイズや代理店を活用する開業方法があります

フランチャイズや代理店での独立開業は、一からの独立開業よりは実現しやすそうというイメージを皆さん何となく抱いている傾向です。また、フランチャイズと代理店とでは、それぞれ違いや特徴などがあります。

そのため今回は、フランチャイズと代理店について、それぞれの特徴とメリットや段取り方法などに触れながら解説します。

フランチャイズの特徴

フランチャイズとは、フランチャイズ元の会社や店舗の本部から、商品や様々な事業運営のノウハウを提供してもらいながら、自分自身で店舗などを経営するスタイルです。

基本的にロイヤリティの支払が課せられる点も大きな特徴の一つです。一方で、業務のための研修が充実しており、業種や会社によっては未経験者でも参入しやすいケースがあるのも注目点といえます。

フランチャイズには次の業種が多くみられます。

  • コンビニエンスストア
  • 居酒屋やレストラン
  • 学習塾
  • ハウスクリーニングやリペア
  • コインランドリー
  • 各種習い事
  • ネットショップなど

代理店の特徴

代理店とは、販売元会社が品物やサービスなどを提供してくれるので、元会社に代行して販売や取引などを行う経営形態のことです。

元会社より提供された品物やサービスなどが売れた時に生じる手数料が代理店に入るというビジネスシステムになっています。

元会社は代理店と提携することで、自社に営業マンを抱える必要がありません。それゆえ、元会社としては人件費などの経費が節約できます。

代理店には主に次の種類があります。

  • 保険代理店
  • 広告代理店
  • 旅行代理店
  • 運送代理店
  • 正規代理店

※正規代理店というのは、ブランドの販売店や自動車ディーラーのことです。

フランチャイズのメリット

下記に示す内容が、フランチャイズの大きなメリットです。

  • 屋号を与えてもらえる

フランチャイズで最も大きいメリットの1つが、屋号を使えるようになることです。起業した時に、自社名がある程度のブランドになるまでには時間がかかり困難もあります。それまでに会社を畳んでしまうケースも少なくありません。

  • 商標登録された商品を使える

屋号を使えるようになる点と同じくらい大きいメリットが、商標登録がされた商品を使えるケースがある点です

自社の商品名がブランド化するのにも多くの時間と労力を要します。加えて、商標登録には平均で11か月前後かかり、少なくとも90,000円程度以上の費用がかかってきます。

早期審査制度という、審査期間が2か月程度に短縮される方法もありますが、商標登録の費用が不必要になり時間が省けるので非常に助かります。

  • フランチャイズ元の宣伝広告(販売戦略)方法を使える

事業を進展させて利益をあげていくためには、販売戦略も非常に重要です。ですがこの販売戦略も難しい要素の一つです。チラシ一つ作るにも、人目をひいて好印象を与えるチラシを自力で作ることはそう容易ではありません。

フランチャイズ元によっては、まさに芸術品ともいえるようなチラシが準備されているところがあります。規模の大小はあるものの、テレビCMを使っているところもあるので大きな力になります。

  • トラブルやアクシデントの解決をしてもらえるところがある

事業では、様々なトラブルやアクシデントが起きる傾向にあります。こうした際にフランチャイズ元の営業マンが駆けつけ、穏便に解決してくれる場合があります

  • フランチャイズ元がWeb技術を使って集客をしてくれるところがある

近年のビジネスでは、様々な部分にWeb技術の力が活用されています。フランチャイズ元が多額の経費をかけているホームページへ自社を載せてもらえると大きな力になります。さらにWeb技術でお客様を紹介してくれるところもあり大変助かります。

  • 開業後も様々な研修をしてくれるところがある

特に業界未経験で参入した場合、最初に技術研修があるところがあります。最初の技術研修だけでは実際の業務には十分といいにくい傾向があるため、複雑で細かいコツを習得できる、開業後の技術研修が存在するのも大きな利点です。

  • フランチャイズ元が商品や備品などを供給してくれるところがある

開業時の商品はもちろん、什器や備品なども供給してもらえる場合があります。手間を省くことや初期費用の節約にもつながるので利点の一つです。

  • 開業後、慣れるまでサポートしてくれる人がついてくれるところがある

最初から従業員を雇うタイプの業種にありがちですが、開業当初は店の運営そのもので物理的にも精神的にも余裕がないことが少なくありません。これにより店の細かな部分もですが、従業員の管理について至らないことが起こりがちです。

このような時に加盟者が店の運営そのものに集中できるように、フランチャイズ元のスタッフが従業員管理など様々なサポートを店につきっきりでしてくれるところがあります

このようにフランチャイズビジネスには、加盟者にとって大きな力となるメリットがたくさんあります。

代理店のメリット

(1)商品やサービスを入手できる

フランチャイズもですが、代理店でも需要が見込まれる商品やサービスを自社製品として取り扱えるようになる点は大きいです。

(2)自分達の裁量を認められる

代理店のメリットとして、自分たちに様々な裁量が認められるという点もあります。裁量の内容は下記の通りです。

  • 物品やサービスの値段
  • 店舗の規格
  • 宣伝や広告の方法
  • 物品やサービスの売り方(セット販売など)
  • 特典のつけ方
  • キャンペーンの内容や期間の設定

対象の商品やサービスに対して、自らのノウハウをもっているなど売るための自信があるケースでは、上記の内容を自分で判断できる方が事業を運営しやすい場合があります。

フランチャイズ開業の段取り

(1)フランチャイズ会社に連絡

興味や希望があるフランチャイズ会社へ連絡して何らかの形で接触します。そして説明会への出席や資料などで、フランチャイズ事業の現況や会社の経営方針などを理解します。

(2)個人面談

希望するフランチャイズ先とアポを取り、担当者と詳しい話をします。話の内容は次のようなことです。

  • フランチャイズ会社への加盟を希望する理由
  • 現在の仕事や生活の状況など
  • 今までに経験した業種
  • 開業したい時期
  • 初期費用などの費用面
  • 事業計画(販売戦略や売上目標など)
  • その他、希望するフランチャイズ先に対する質問など

フランチャイズ開業というのは状況によっては大金がかかり、人生がかかってくるといっても過言でないくらい重要なことです。この個人面談には時間をかけて念入りに話し合っておくことがおすすめといえます

(3)契約と開業準備

正式な契約書を交わして契約を締結します。そして店舗準備や必要な道具の搬入、商品の陳列などが完了して開業に向けて準備万端となります。

(4)開業

多くの時間を費やした打ち合わせや準備を経て、ついに念願の開業となります。

代理店開業の段取り

(1)問い合わせと契約

代理店希望先の会社に連絡を取って、業務委託契約を結ぶ必要があります。この業務委託契約の際に事業計画が必要な場合がありますが、高精度の事業計画が求められるので前もった調査や熟慮が必要です。

(2)開業準備

代理店オフィスを構えて物品などを準備し開業の運びとなります。初年度は店の運転資金なども考え、100万円以上は初期費用として用意しておきたいものです。

(3)開業

様々な準備や打ち合わせなどを経て、いよいよ代理店の開業となります。保険代理店の場合は資格が必要なため、研修や試験がある場合もあります

保険業というのは、法律も関わってくる専門商品を扱うわけです。それゆえ登録前には、営業ノルマの研修や容易ではない試験があるところもあります。そして「一般課程」の資格などというように資格を求められます。

フランチャイズと異なり、想定外の事態やトラブルなどを自分たちで全般的に解決していく必要があります。よって、民法などある程度の法律を勉強しておくのがおすすめといえます。

フランチャイズと代理店の違い

(1)ビジネスのノウハウを入手できるか否か

フランチャイズでは屋号や商品名はもちろん、開業方法なども含めた様々なオリジナルのノウハウを教えてもらえたり使わせてもらえたりします

ビジネスのノウハウとは数年から10年20年単位で試行錯誤して、いろいろな苦労を伴いながら考案・蓄積されます。このようなビジネスのノウハウを入手できるかどうかという点は非常に大きいです。

(2)ロイヤリティの支払と手数料収入

フランチャイズにはロイヤリティの支払があり、代理店の場合は手数料収入があるという、お金の流れに関する大きな違いがあります

(3)裁量

裁量の大きさは、代理店の方が大きいといえます。ですが近年ではフランチャイズにおいても、以前より加盟店の裁量幅を増やしてきているところもあるようです。

特にラーメンについては、フリーネームシステムのフランチャイズがあるほどです。麺やスープなどはフランチャイズから供給されるものの、屋号を自分が好きな屋号に設定できるため、地域における自分ブランドを築ける可能性があります。

まとめ

ここまでフランチャイズと代理店について述べてきました。押さえておきたいのは、フランチャイズと代理店ではビジネスシステムが大きく異なる点と、フランチャイズビジネスの場合は様々なサポートがある点です

フランチャイズでは、未経験者も参入しやすい場合があるのも魅力的です。どのような想定外の事態があるのか予想しにくいこのご時世、やはり様々なサポートがあるフランチャイズの方が代理店よりはおすすめといえます。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズと代理店の違いは何?仕組みと特徴を解説