フランチャイズは儲かる?上手にビジネスをするための鉄則を解説

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ独立開業を検討中という方には、本当に儲かるのだろうか?と悩んだり迷ったりしている方がいらっしゃいます。独立開業を前向きに検討中の方には、いちからの完全独立かフランチャイズによる独立かと悩んでいる方もいます。

確かに街のコンビニエンスストアには一見繁盛しているようにみえる・テレビCMやネット情報などでも需要性が高いようにみえるフランチャイズビジネスはあるような感じがする、というイメージがあると思われます。

現実的に方法や構想次第ではいちからの独立開業よりも、フランチャイズによる独立の方がリスクは低く生計を立てていけるようにはなりやすい傾向はあります。そこで今回はフランチャイズビジネスが儲かるのか?という点につきまして、業種などにも触れながら解説します。

儲かりやすい業種

(1)ハウスクリーニング

近年急成長してきている業種で、人手不足によりまだまだ開業の余地が期待できる・ビジネス性が見込まれる分野です。

特徴

  • 夫婦共働きにより多忙で、水回り・エアコンなど自宅の掃除を外注する家庭が増えてきている傾向があります。オフィスビルによる、企業からの発注もあります
  • 業種未経験者も参入しやすい(研修制度が比較的充実している)です
  • 無店舗開業が可能です

(2)介護業

少子高齢化課題が随所でみられる日本にて、まだまだ介護事業は十分に追いついていない現状があります。

特徴

  • 収入状況が安定しやすい傾向があります(経済情勢や景気に左右され難いです)
  • 開業費用に対して日本政策金融公庫などから優遇措置があります
  • 地方でも需要が比較的大きいです

(3)コインランドリー

常駐する必要がないという点で副業としても運営可能で、飽和状態にはなく開業の余地が期待されます。

特徴

  • 夫婦共働きで多忙により、洗濯を外で済ませようという家庭もあります
  • 機械の性能改善により高品質な仕上がりになります
  • 布団などなかなか自宅では洗い難いものも洗濯できます

(4)リペア業

支出抑制意識から、多少何か物が壊れても新品調達とはせずに修理するといった意識が高くビジネス性は盛り上がってきています。

特徴

  • 特段こだわりが無ければ自宅開業も可能です
  • 技術を身につければ一生ものの仕事となります
  • 障子やふすまの修理などができれば、和風民家が多い地方でも業務があります

(5)ネットショップ

様々な物品をお店ではなく、インターネットによって購入するケースが増えてきている昨今でおすすめの業種です。

特徴

  • 自宅開業が可能です
  • 子育てをしながら仕事を進められます
  • 商品を自作できれば原価を大きく抑えられます

対象業種に必要な初期費用・経費等

(1)ハウスクリーニング

初期費用:250万円程度~300万円弱程度(安い所は200万円台前半の所もあり)。

経費

  • ロイヤリティ:月間売上総額の30%(税別)など
  • 洗剤(15L~20L程度):10,000円程度~40,000円程度
  • ワックス(18L程度):6,000円程度~12,000円程度
  • カビ取り剤・カビ防止剤(300g程度~18L程度):1,000円程度~17,000円程度
  • サビ取り剤(80g程度~18L程度):1,000円程度~40,000円程度

これらの他にも、コンクリート用洗剤・シールはがし・金属用コート剤などといった洗剤やブラシ・布などもあります。

(2)介護業

初期費用:一般的に1,000万円程度~2,000万円程度となります。(業務内容により600万円程度で開業可能な場合もあり)(日本政策金融公庫の優遇措置などがあります)。

経費

  • ロイヤリティ:固定額10万円や月間売上総額の5%(税別)など
  • 職員の人件費:介護職員(25万円程度×人数)
  • 看護職員(30万円程度×人数)
  • 生活相談員・支援相談員(30万円程度×人数)
  • 理学療法士職・介護支援専門員など(30万円程度×人数)など(職員は非常勤の場合もあり)
  • 事業所運営費:電気代・ガス代・水道代など

(3)コインランドリー

初期費用:2,000万円程度~。

経費

  • ロイヤリティ:無料の所があります
  • 家賃:10万円程度~
  • 水道光熱費:12万円程度~
  • 人件費:5万円程度(ほとんどかからない場合も)
  • サポート費:5万円程度~
  • 雑費:1万円程度~

(4)リペア業

初期費用:60万円程度~250万円程度(ゼロ円から開始可能の場合あり)。

経費

  • ロイヤリティ:5万円程度(税別)・売り上げの20%など(ゼロ円の所もあり)
  • 家賃:5万円程度~など(自宅開業ならゼロ円)
  • 水道光熱費:2万円程度~
  • 通信費:1万円程度~
  • 雑費(広告宣伝費含む):1万円程度~

(5)ネットショップ

初期費用:5万円程度~100万円程度(本格的なネットショップ型ホームページにしてSEO施策もすれば高くなります)。

経費

  • ロイヤリティ:売り上げの3%~10%程度など
  • 家賃:5万円程度~など(自宅開業ならゼロ円)
  • 水道光熱費:1万円程度~
  • 通信費:2万円程度~
  • 出品ツール費:2万円程度~
  • 広告宣伝費:3万円程度~

フランチャイズ元の方針に合わせられるかどうか

晴れてめでたしめでたしと開業できたにはできたけど、例えばフランチャイズ元が指定する営業日・営業時間に合わせていたら毎月ちょっとプラスが出る程度にしかならないとします。あと幾分か営業日・営業時間を自分で調整できれば、おそらくまだ儲けが出そうなんだけどなということもあり得ます。

このような時は、本部に相談や調整となってくるわけです。「まあちょっとくらいいいか」と独断で判断し、契約で定められた営業日や営業時間などを守れていないとします。もしこのことが何らかのはずみで本部へ明るみになると、規律違反により直ちに契約解除・違約金請求ということになりかねないです。

これを避けるにはというと、練りに練ったプラン作成・契約時に諸々条件を実際に開業してから調整および変更が可能か否か確認するのがとても重要となります。どうしても開業に向けて準備・話が最終局面に差し掛かってきたという時は、やっと開業だと考え急ぎになるものです。しかしながら、ここでいま一度見直し確認は大事です。

儲かる商品・サービスを実現できるのか否か

本部が示す商品やサービス・既に加盟してそれなりに稼げている方が実現できている商品やサービスでそれなりに儲けられそうというのは納得できたけど、自分が同じ物事を実現できるか否かも重要です。

人には得手不得手があり理屈・物理的には方法が理解できても、必ず自分も商品として売り出せる商品やサービスを実現できるとは限りません。このような場合は可能ならば自分で試しに似た商品を作ってみて、どなたか周りの方に「お金出して買う気になる?」と聞いてみるのもよいのではないでしょうか。

自分の人生プランと比較してどうか

フランチャイズ加盟を希望する方は皆が皆、バンバン稼いで次の人生30年40年以上をフランチャイズビジネスで作っていきたいと考えているわけではありません。50代後半の方でもう子供たちも巣立ったし、60過ぎてから年金もらいだすまで・ゆっくり生きていくためのそれなりの稼ぎになれれば良いかなという程度に考えている方もいます。

この点において、フランチャイズ元の方針と合うか否かもポイントとなります。フランチャイズ元の基本方針としてはバンバン売り上げをあげて、うまいこと行けばできれば2店舗目3店舗目もお願いしますという方針の所もあります。このような今後のビジネス方針が合うか否かも重要ポイントといえます。

儲けるためには安定した事業運営が欠かせません。そしてビジネス方針に対する意識のずれが後々のもめごと・事業運営の安定欠如につながりかねません。それゆえ確認して合わないようなら、似たような業種の他社へという考え方も必要になってくるのではといえます。

再発展が期待できる業種

(1)ラーメン業界

飲食業界はほんとにありとあらゆる種類の店が出店されていて、競争が激しい業界・ピークはすぎたのではとも言われる業界の一つです。そしてただでさえ、日本は今から人口がどんどん減っていくと予見されている国でもあるわけです。しかしながらこのような状況で、ラーメンフランチャイズは再発展が起きるのではという説がある業種です。

再発展が見込める根拠として、フリーネームフランチャイズというスタイルが出てきていることがあります。フリーネームフランチャイズというのは、材料・麺・スープなどが本部から提供されます。ここまでは従来と変わりませんが、屋号・店舗の規格・メニュー作りなどを自分で決められるのです。これにより話題性の再出現・もう一回やってみようかなと考える方が再現してきている傾向があります。

(2)ジム(パーソナルジム)

近年多少大きな金額をかけてでもよいから、短期間で痩せる必要がある・目標の体型になる必要があるといった方が以前より増えてきています。パーソナルジムではダイエットや体型作りの専門知識があるのはもちろん、インストラクターとしての経験があるプロのトレーナーによってほんとに専門的なトレーニングがなされる所があります。

このようなパーソナルジムには、本気でプロのスポーツ選手を目指す方なども来てトレーニングに励んでいます。料金が1時間に対して1万円程度で、なかには1時間に対して1万円超えてくるという所もあるというほどです。

トレーニングそのものに関する指導はもちろん、栄養学による食事指導まで出てきています。そしてパーソナルジムによっては医学の知識を取り入れた完全オリジナルメニューを作っていて、意識の向け方が従来のジムとは次元が違うところがあります。このような事由で再発展の見込みがあります。

まとめ

以上フランチャイズと儲かる?ということについて述べてきました。大きな点として、儲かりやすい業種・儲かりやすい商品やサービスについての事柄ではないでしょうか。

そして一般的に儲かりやすい業種だからといって、「よし必ず儲けられるね」と安易に飛び込む・決めつけるのは要注意です。フランチャイズで儲けるということに関して、最終的にはフランチャイズ元との相性や自分のセンスによる努力で商品として売り出せるものを生み出せるのか否かも重要になってきます。

上記のような点も意識しながら、フランチャイズビジネスで成功してください。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズは儲かる?上手にビジネスをするための鉄則を解説