低資産でフランチャイズ開業

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ 低資金

「会社員から独立したいけど、手持ちの開業資金が少なくて不安」

「少ない資金でもフランチャイズに加盟して儲けられるのか気になる」

独立するためにフランチャイズを検討していると低資金で開業できるのか気になるはず。業界によってかかる費用は異なり、低資金で開業できるフランチャイズも中にはあります。

資金が少なくても開業できるメリットがありますが、低投資でフランチャイズに加盟するには注意点もあるのです。低資金で加盟できるフランチャイズの実例や注意点を詳しく解説します。

フランチャイズは低投資で開業できる?

一般的に店舗を用意して商売を始めるには、数百万円の開業資金を用意することが必要です。店舗を整備してスタッフを雇用し、商品を仕入れるには多額の初期費用がかかります。

大半のフランチャイズでも同様であり、オーナーは店舗を持つために預金を引き出したり借入したりするのです。フランチャイズに加盟するために加盟金や手数料を支払う必要もあります。ですがフランチャイズによっては無店舗で加盟できるところもあり、低投資で開業できる場合があります。実際に準備すべき開業資金が数万円で済むフランチャイズは多くあるのです。

低投資で開業できるのには理由があり、少ない資金で加盟を検討する人は仕組みを知っておくことが重要。少ない資金でフランチャイズに加盟して開業できる理由を解説します。

(1)必要な資金は業界によって異なる

フランチャイズに加盟して営業するには、店舗が必要になる場合とならない場合があります。コンビニや飲食店ではお客様を集客して商品を提供するために、オーナーは店舗を持つことが必要です。

商品やサービスをお客様に提供する場所が不要であれば、オーナーは無店舗で経営できます。例えば倉庫からお客様のご自宅まで商品を送るドライバーの場合、開業資金が少なくても儲けることが可能です。

高齢者向けにお弁当を配る配食やネットショップの経営も低資金で開業できます。スタッフや店舗が必要ないため、自分1人でサービスを提供して利益を増やせるのです。

店舗が必要な業界では低投資で利益を上げることが難しく、少ない資金では失敗しやすくなります。フランチャイズの業界によってオーナーが支払う開業資金が異なることを知っておきましょう。

(2)ニッチな市場なら少ない資金で開業可能

フランチャイズには需要や顧客層が少ないニッチ市場を相手に営業できるところもあります。競合が少ないから他の市場よりも儲けやすく、安定した収益を見込めるのがメリットです。

ニッチな市場で儲けるには面倒な部分が多いですが、フランチャイズに加盟すれば本部のノウハウを利用できるから安心。他のフランチャイズに比べて少額の資金で開業できる魅力もあります。

例えば遺品を整理するサービスの場合、オーナーが準備すべき開業資金は92万円ほどです。研修を受けることで仕事内容を学べて、開業後はスーパーバイザーから経営サポートを受けられます。

他のニッチ市場におけるフランチャイズでも必要な開業資金が100万円未満のところが多くあり、オーナーが開業するハードルは低いです。安定した経営を実現したい人にニッチ市場はオススメ。

(3)大手でも必要な開業資金が少ない場合がある

店舗やスタッフが必要で多額の資金が必要になる大手フランチャイズでも、オーナーの必要資金が少ない場合があります。既存の店舗やスタッフを引き継げるフランチャイズなら少ない資金で開業できるのです。

例えばローソンストア100であれば、開業資金0円で自分の店舗を持てます。インターン制度を活用することでお金を貰いながら経営を学んで、店舗やスタッフを引き継ぐことも可能です。

他にもフランチャイズ型のホテルに加盟することで、オーナーはホテルに住みながら運営業務を担当できます。光熱費や家賃が発生しないから、貯金しやすいのがメリットですね。

必要な自己資金が少ないフランチャイズを選べば、手持ちのお金がなくてもスムーズに開業できます。市場が大きい大手でも開業資金が少ない場合があることを覚えておきましょう。

低資金で開業する注意点

市場や本部を選ぶことで、フランチャイズに加盟して開業するための資金は少なくて済みます。資金を用意しなくても独立できるのがメリットですが、低資金で開業するには注意点もあるのです。これから開業する人が低資金でフランチャイズに加盟する注意点は以下の3つ。

  1. 営業力がないと失敗しやすい
  2. 本部に頼りすぎると失敗する
  3. ロイヤリティが高いと厳しい

これらの注意点を詳しく解説します。

(1)営業力がないと失敗しやすい

低資金で加盟できるフランチャイズには無店舗型が多くあります。オーナーは店舗を持たないため営業力がないと売上が増えず、開業に失敗しやすいのがデメリットです。

無店舗型のフランチャイズ店で売上を増やすには、普段から積極的に営業する必要があります。商品やサービスを購入してくれそうな人に宣伝して、契約数を増やす努力をしなければなりません。

例えば高齢者に向けて弁当を宅配する場合、販売数を増やすには高齢者に営業することが必要です。自炊するのが難しいご老人にうまく営業することで、結果的に弁当の販売数を増やせるはず。

現状維持の考えで経営すると売上が落ちてしまい、フランチャイズで失敗する可能性が大きくなります。長期的な経営を実現するために、オーナーは前もって営業力を鍛えましょう。

(2)本部に頼りすぎると失敗する

フランチャイズ契約では本部が加盟店をサポートしますが、経営が悪くなってもオーナーの自己責任です。もしフランチャイズ店が失敗しても、本部は失敗の責任を持ちません。フランチャイズ本部と加盟店の関係は上司と部下ではなく、契約で結ばれた関係です。オーナーには本部のノウハウを活用しつつ、自ら経営努力してお店の売上を増やすことが求められます。

(3)ロイヤリティが高いと厳しい

開業資金が少ないフランチャイズでは、本部に毎月支払うロイヤリティが高いところも多くあります。ロイヤリティが高いと資金練りが厳しくなり、経営が難しくなることがデメリットです。

例えば売上の30%をロイヤリティとして支払う必要がある場合、月の売上が100万円あれば30万円を本部に支払います。残りの70万円から経費を引いて、残った分がオーナーの収入になるのです。

高いロイヤリティはお店の利益率を悪くして、オーナーの収入を減らしてしまいます。初期費用が少なくてもロイヤリティが高くて、自分の収入が減るケースがあることを知っておきましょう。

低資金で開業できるフランチャイズ例

「どのような業界のフランチャイズであれば、低資金で開業できるのか気になる」と思う人もいるはず。少ない資金で開業したい人にオススメのフランチャイズは以下の5つです。

  1. コンビニ
  2. 学習塾
  3. 宅配
  4. ネットビジネス
  5. 各種サービス

それぞれの業界を事例と合わせて紹介します。

(1)コンビニ

大手のコンビニではオーナーに対して資金や経営をサポートする制度があり、開業資金がなくても独立できます。例えばローソンではキャリア独立制度として50万円の奨励金を設定しているのです。

夫婦や親族と一緒に加盟すれば、家族加盟支援制度により100万円の加盟金が0円になります。オーナー向けのインターン制度を利用することで、給料を貰いながら経営を学ぶことも可能です。

他のコンビニチェーンでも支援金制度やインターン制度はあり、お金がなくても経験を積んで開業できます。お金を貰いながら経営を学び、最終的には独立したい人にオススメです。

(2)学習塾

従来では子供に勉強を教えるために講師を雇う必要がありましたが、今ではITを活用して勉強を教える学習塾が増えています。講師がいらない学習塾であれば、少ない開業資金で経営を始めることが可能です。

例えば秀英予備校の場合、独立支援制度を活用することで加盟金や研修費が0円になります。開業時に保証金を本部に支払うことで、塾の内装費用や備品購入費を金利0%で分割払いできるのも魅力です。

独立支援制度を利用する条件は秀英予備校で契約社員として働くことであり、スキルを身につけながら給料を貰えます。子供に勉強を教えたい人に学習塾を開業するのはオススメです。

(3)宅配

今では個人で開業することで宅配依頼を受注できて、手持ちの車で仕事を始められるフランチャイズもあります。ネット通販が普及している今、宅配を担当して稼ぐハードルは低くなっているのです。

例えば若葉ネットワークの場合、加盟金や保証金0円でオーナーは開業できます。車を持っていない人は月額5万円未満でリース車両を借りることが可能であり、初期費用は少ないのが特徴です。

ネットにより荷物の配送ニーズは大きくなっているため、宅配を担うことで安定した収益を稼げるはず。既に車を保有していて、宅配ドライバーとして個人で働きたい人にオススメ。

(4)ネットビジネス

パソコンとインターネットを利用して商品を販売するネットビジネスであれば、開業資金が少なくても問題なく開業できます。少ない時間で働けるため、副業として働くのにも最適です。

例えば株式会社CCRであれば、23万円の開業資金でノウハウを学びながらネットビジネスを実現できます。ネットショップの作り方やマニュアルにより、未経験者でもネットで商売を始められるのです。

ロイヤリティが0円でオーナーの収入が減りにくいメリットもあります。インターネットで商売を始めたい人にネットビジネスはオススメです。

(5)各種サービス

フランチャイズには住宅やオフィスのクリーニングを担当したり、汚れを清掃したりする業種もあります。サービスを提供するフランチャイズでは自宅が必要ないため、少ない開業資金で独立することが可能です。

まとめ

一般的にフランチャイズで開業するには多額の資金が必要ですが、業界や本部を選ぶことで少ない資金でも独立できます。契約条件や仕事内容を確認して、自分にあったフランチャイズに加盟しましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズは低投資でも開業できる?実例や注意点を詳しく解説