レストランのフランチャイズ特集

レストラン フランチャイズ

レストランはデートや女子会、家族での食事などさまざまなシーンで利用され、外食産業の代名詞とも呼べる飲食店のカテゴリーです。

個人でレストランを開業する方もいらっしゃいますが、比較的少ない資本でリスクを回避しながら出店できるフランチャイズの需要が近年では高まっています。

この記事では、レストラン業界の魅力や、向いている人の特徴、フランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

投稿者・コラム執筆者

レストラン業界の魅力

まずは、レストラン業界の魅力について説明します。

(1)独自のカラーを出しながら利益を出せるレストランも多い

レストランはお店の名前やコンセプト、内装、メニューまで全てをオーナーが独自に決めることができるため、店舗ごとに独自のカラーがあるといえます

レストラン業界は競合店が多いため閉店してしまうお店も多いですが、独自のカラーを上手にプロデュースすることで安定した利益を得られるようなレストランも多いです。

(2)幅広いジャンルから加盟先を選べる

レストラン業界はファミリー向けの低価格レストランから、食材等にこだわった高級レストランまで幅広いジャンルが存在します。

料理ジャンルも日本食からイタリアン、フレンチまで多様です。

レストラン業界の市場が大きいからこそフランチャイズブランドも多く、自分の希望に合う加盟先を見つけやすいという魅力があります。

レストラン業界に向くタイプ

レストラン業界にはどのような人が向いているのでしょうか。

次のような要素のある人は、レストラン業界に向いているタイプだといえます。

(1)クリエイティブなアイデアを出せる人

飲食業界の中でもレストランはコンセプトやメニュー、内装など全てにおいてクリエイティブなアイデアを求められることが多いです。

特に料理は新しいアイデアを出しながら、繰り返し試作を重ねてお客様に満足してもらえるレベルに仕上げていくことになります。

クリエイティブな発想がある、アイデアを出すことが好きだという人は、レストラン業界に向いているでしょう。

(2)人と接することが好きな人

レストラン業界は、サービス業の一種です。

お客様に料理だけではなくサービスも提供するため、人と接することが好きでなければより良いサービスの提供は難しいと考えられます。

また、レストランの運営にあたってスタッフの育成や、仕入れ先とのやり取り、本部とのやり取りなど人と関わることが非常に多いです。

そのため、人と接することが好きな方に向いている業界だといえます。

レストラン業界に向かないタイプ

それでは、反対にレストラン業界に向かないのはどのようなタイプの人なのでしょうか?

(1)経営能力がない人

レストラン業界でお店を経営していくのであれば、経営能力が求められます

ただ美味しい料理を提供していれば集客できるというわけではありません。

レストラン経営では調理だけではなく、在庫管理や金銭管理、人材マネジメントなどさまざまな問題に直面することがあります。

こうした問題に対応できる経営力がなければ、レストラン経営には向いていないといえるでしょう。

(2)臨機応変な対応ができない人

レストランの営業中には、さまざまなトラブルが起こることが予想されます。

食材の品切れやお客様とのトラブルなど、マニュアル通りでは対応できないようなケースもあるでしょう。

このような場合にも焦らず、臨機応変な対応ができることをレストラン業界では求められます。

そのため、臨機応変な対応や行動が難しいという人はレストラン業界に向いていないかもしれません

フランチャイズ本部選びのポイント

フランチャイズに加盟してレストランを運営する場合、パートナーとなる本部選びは非常に重要です。

本部を選ぶ際は以下の2つのポイントを確認するようにしましょう。

(1)自分に合うジャンルのレストランかどうか

レストランには、さまざまなジャンルがあります。

まずは料理のジャンルからイタリアンやフレンチ、和食など選ぶことができますし、価格帯もファミリー向けのものから高級店まで幅広く存在します。

レストラン経営で成功するためには、自分に合ったジャンルのレストランを展開するフランチャイズブランドを選ぶことが大切です。

(2)サポート体制の充実度

フランチャイズブランドごとに開業前後のサポート体制は異なります。

サポート体制が充実しているブランドを選べば、安心して開業準備を行うことができますし、開業後に何らかのトラブルがあっても本部のサポートを受けながら解決できます。

一方で、フランチャイズに加盟するものの自力でさまざまな取り組みをしたいという場合は、サポート体制よりも自由度の高さを重視して本部を選ぶとよいでしょう。

まとめ

幅広い年代の方が利用するレストランは需要が高く、無くなることのない業界だといえます。

フランチャイズに加盟すれば、本部のノウハウやブランド名を活かして収益を見込めるでしょう。

業界自体の規模が大きいため、幅広いフランチャイズブランドから選択することができることもメリットのひとつです。

資料請求や説明会に参加し、自分に合ったレストラン業界のフランチャイズブランドを探してみてはいかがでしょうか。

オススメなレストランビジネスのフランチャイズ企業


関連掲載企業特集

  1. 【特集記事】居酒屋・バー業界特集のコピー.jpg
  2. 【特集記事】焼き鳥屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集】フィットネスジム・パーソナルジムのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集記事】住宅リフォームのフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. レストランのフランチャイズ特集