介護・福祉のフランチャイズ特集

介護・福祉 フランチャイズ特集

介護・福祉業界に参入する際は事業者登録や資格などが必要なことが多いため、介護・福祉業界は未経験で開業するにはややハードルが高い業界です。

一方で、将来性があり長く利益が見込まれるため、フランチャイズ本部のサポートを受けながら開業するメリットは大きいといえます。

今回は、介護・福祉業界の将来性や、どのような人に向いているのか、フランチャイズに加盟して開業する場合の加盟先選びのポイントなどを紹介します。

投稿者・コラム執筆者

介護・福祉業界の将来性

フランチャイズビジネスの開業にあたり「長く続けられるか」は非常に重要なので、まずは介護・福祉業界の将来性について説明します。

(1)少子高齢化の進行により需要は増加傾向にある

現在、日本は少子高齢化が進行しています。

高齢者の人口の増加に伴い、高齢者向けのサービスを提供する事業の需要はさらに高まると考えられます。

その分ライバルとなる企業も増える可能性はありますが、しっかりと差別化することで長期にわたり安定した利益を得られるでしょう。

(2)開業形態はさまざまで自分に合ったスタイルを選べる

一口に介護・福祉業界といっても、事業やサービスの種類はさまざまです。

高齢者向けの介護施設のほか、発達支援が必要な子供向けのスクール、配食サービスなども介護・福祉業界に含まれます。

投資できる費用や、希望するビジネスの規模などによって、自分に合うものを選べます。

選択肢が多いことも、介護・福祉業界の魅力だといえるでしょう

フランチャイズの介護・福祉業に向くタイプ

フランチャイズの介護・福祉業は、どのような人に適しているのでしょうか。

特に重要な素養を2つ紹介します。

(1)人から感謝されることに喜びを感じる

人から感謝されることを「嬉しい」と感じることができる人は、介護・福祉業界の仕事にやりがいを感じられるでしょう

施設やサービスの利用者と直接関わるため、「ありがとう」「助かったよ」などと感謝の言葉を直接かけてもらえることも多いです。

人から感謝されて、モチベーションが上がるタイプの人は介護・福祉業に適しているといえます。

(2)こまやかな気配りができる

利用者に対してこまやかな気配りができる、配慮が行き届く人は、介護・福祉業に向いているといえます

職種にもよりますが、介護・福祉業界の仕事の多くは人が相手となるため、マニュアル通りではない柔軟な対応が必要になることも多いです。

自分の仕事とは直接関係ないことでも、時には手助けし、困りごとがないか気にかけていると、いずれは利用者やその家族からの信頼につながります。

特に家族は、大切な親や子を預ける先を選ぶ際は厳しい目でチェックします

長い目で見れば信頼は利益にもつながるため、こまやかな気配りができるかどうかは重要な素養です。

フランチャイズの介護・福祉業に向かないタイプ

反対に、フランチャイズの介護・福祉業に向かないのはどのようなタイプでしょうか。

(1)定型業務を淡々とやっていたい人

毎日同じ仕事を淡々とこなすことで安心感を得るタイプの人は、介護・福祉業にはあまり向いていません

介護・福祉の仕事では、認知症の高齢者や障害のある人と関わることも多く、想定外の事態に直面することも少なくありません。

イレギュラーな対応が発生することも多いため、適宜柔軟な対応をとれる能力が求められるでしょう。

(2)人との関わりが苦手な人

介護・福祉の業務は基本的に人が相手となる仕事なので、人付き合いが苦手な人にはあまり向きません

利用者や家族からの相談・クレームに対応する、利用施設での様子を対面で報告するということも業務の一環だからです。

また、フランチャイズオーナーとして開業するのであれば、スタッフとの人間関係も重要になってきます。

時には一緒に働く人の悩みに寄り添ったり、職場の課題解決のために協力を求めたりしなければならないこともあります。

そのため、人との交流が苦手な人にとっては、苦痛を感じる場面が多いでしょう

フランチャイズ本部選びのポイント

フランチャイズビジネスを始めるにあたり、重要なのが本部選びです。

フランチャイズに加入して介護・福祉業に参入する際の本部選びのポイントを紹介します。

(1)サポートの手厚さ

フランチャイズに加入して介護・福祉業界に参入する場合、サポートの手厚さは重視すべきポイントといえます

特に、資格の取得が必要な場合は、この点をサポートしてくれるかは非常に重要となります。

また、未経験であれば研修が充実しているかどうかも大切なポイントです

研修の内容や実地研修の有無なども確認しながら加盟先を選ぶとよいでしょう。

(2)他社との差別化ができているか

介護・福祉業界は、今後も長く需要が見込めますが、それだけに競合も多い業界です。

加盟先を選ぶ際は、他社のサービスとの差別化ができているかという点も重視してください

具体的なサービス内容や、コンスタントに利益を出すためのシステム、利用者から選ばれるために工夫しているポイントなどは、必ず確認しておきましょう。

まとめ

介護・福祉業界は、少子高齢化の進行に伴い、今後さらに需要が見込める業界です。

需要が大きい分ライバルも多くなりますが、フランチャイズに加盟すれば、本部の経営ノウハウを利用して経営できるため、継続的に安定した収益を得られる可能性が高くなります。

まずは、興味のあるフランチャイズブランドの資料を取り寄せる、説明会に参加するなど、情報を集めてみてはいかがでしょうか。

オススメな介護・福祉のフランチャイズ企業


関連掲載企業特集

  1. 【特集記事】焼き鳥屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. category_kaigo_layerthumb.jpg
  3. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集記事】無人販売のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. 介護・福祉のフランチャイズ特集