カレー屋のフランチャイズ特集

カレー屋 フランチャイズ

カレーは元々インド発祥ですが、さまざまなアレンジによって日本に浸透し、今では日本人の9割以上が1ヶ月に1度以上食べていると言われています。

街でもフランチャイズのカレー専門店やテイクアウト、デリバリーなどをよくみかけます。

カレー屋は、フランチャイズに加盟すれば、飲食業未経験者でもスタートすることが可能です。

今回は、カレー業界の将来性やフランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

カレー業界の将来性

カレー屋を開業前する前に知っておきたいのがカレー業界の将来性です。競合が激しい業界ですが、将来的な需要は見込めるのでしょうか。

(1)国民食として浸透しているカレーは今後も需要がある

外国発祥の食べ物とは思えないほど、カレーは国民食として日本人の食卓に浸透しており、非常に安定した需要が見込めます。

最近は、さまざまなスパイスを使用した新たなメニューも増えており、安定している上に成長性も期待できる業界の一つといえるでしょう。

(2)販売方法が多様化している

カレーは販売方法の自由度が高く、多種多様な販売ができるという点も魅力の一つです。

最近は、デリバリー、テイクアウト、キッチンカーなど、さまざまな店舗を展開するカレー屋さんも増えています。

販売方法が多様化したと同時にメニューも多彩になっており、より幅広い層の人々がカレーを楽しめるようになっています。

フランチャイズのカレー屋経営に向くタイプ

フランチャイズでカレー屋の開業を検討している方の中には、どのようなタイプの人が向いているのかが気になるという方もいらっしゃるかと思います。

カレー屋に向いているのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)衛生管理を徹底できる人

カレー屋に限らず飲食業を経営する上で、絶対に欠かせないのが衛生管理です。

そのため、衛生管理を徹底できる人が向いているといえるでしょう。

店内や厨房の汚れは、食中毒や火災等の大きな事故につながることもあるため、衛生管理を徹底する必要があります。

また、テーブルや店員さんの制服などに汚れがあると、不潔感を感じさせてしまいます。

カレーは色が濃くて汚れが目立つので、特に注意が必要です。

(2)体力に自信がある人

カレー屋は、店の営業時間外に仕込みを行わなければいけません。

また、毎時間一定数のお客様が来店するわけではなく、ランチタイムやディナータイムに多くのお客様が集中して来店するため、その時間帯は忙しく動き回ることになり、非常に体力を使います。

営業時間や、来店数、従業員の数などによっても異なりますが、基本的に体力を要する仕事なので、ある程度体力に自信がある人に向いているといえるでしょう。

フランチャイズのカレー屋に向かないタイプ

反対に、フランチャイズのカレー屋に向かないのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)オリジナルのメニューで勝負したい人

フランチャイズに加盟してカレー屋を開業する場合、基本的に本部から指定されたメニュー構成でカレーを提供しなければいけません。

自社ブランドの味と品質を統一するために、オリジナルのメニューを開発して販売することは禁止されていることが多いので、オリジナルのメニューを開発して勝負したいという方はフランチャイズ加盟には向いていないといえるでしょう。

(2)接客が苦手な人

カレー屋に限らず、飲食店経営は客相手の商売です。

接客の良し悪しがリピーターの獲得に影響を及ぼすので、接客が苦手な方は向いていないといえるでしょう。

接客が得意な方を雇用して自分は裏方に徹するという方法もありますが、少人数で経営し、一人が何役もこなさなければならない状態の場合、接客を避けて通ることはできません。

本部選びのポイント

開業後、順調に経営を軌道に乗せて、収益を伸ばすためには、加盟するフランチャイズ本部選びが重要です。

具体的にどのようなポイントを重視すべきか説明します。

(1)知名度が高い

フランチャイズに加盟する最も大きなメリットといえるのが、本部の知名度を利用して集客ができるという点です。

既に一定の知名度を持った状態で開業できるため、一からスタートするよりも有利になります。

ただし、いくら知名度が高くても、評判が悪ければ、経営に支障が出るおそれがあります。

そのため、ネットやSNS上などの評判を確認した上で選ぶことが大切です。

(2)研修やサポートが充実している

本部によるサポートが充実しているかという点も重要なポイントです。

フランチャイズは加盟する本部によってサポートの内容が異なるので、サポートの内容をしっかり確認することが大切です。

特に、飲食業未経験の方は、本部が主催する研修を受けたり、マニュアルを読んだりして、必要なノウハウを習得する必要があります。

サポート内容の詳細を確認して、実際にご自身がカレー屋を経営する上で必要なノウハウを確実に習得できるか確認しましょう。

また、開業後に問題が発生して、自分の力で解決することが難しいこともあるかもしれません。

そのような事態に備えて、問題が発生した際に迅速なサポートを受けられる体制が整っているかどうかも確認しておくと安心です。

まとめ

今や国民食といっても過言ではないカレーを提供するカレー屋は、今後も安定した需要が見込める業種です。

フランチャイズに加盟すれば、未経験からでも無理なくスタートを切ることができるので、資料請求や説明会への参加など積極的に情報収集をして、自分に合う加盟先を探してみてはいかがでしょうか。

オススメのカレー屋フランチャイズ企業

  • 有限会社ノアランド

    店舗数業界第3位!低資金開業も可!(月収100万円以上も可)日乃屋カレー

  • TMY合同会社

    【月商350万の実績】メディア出演多数!初期費用0から始められる。高単価高回転デリバリーブランド 牛タンカレー専門店「俺の牛タンカレー食ってみな。」


関連掲載企業特集

  1. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】介護タクシーのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集】学習塾のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. category_kaigo_layerthumb.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. カレー屋のフランチャイズ特集