居酒屋・バーのフランチャイズ特集

居酒屋・バー フランチャイズ

居酒屋やバーをはじめとする飲食業界は、フランチャイズで規模拡大を続けている業界の一つです。

開業する際に、フランチャイズへの加盟を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、居酒屋・バー業界の魅力や、開業に向く人のタイプ、フランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントを紹介します。

投稿者・コラム執筆者

居酒屋・バー業界の魅力

居酒屋・バー業界の魅力は、市場が大きいことからブランドや運営手法が多様なことです。

居酒屋・バー業界の魅力を詳しく見てみましょう。

(1)激戦業界ながら独自手法で利益を出すブランドも多い

居酒屋・バー業界は、フランチャイズ展開が進む業界のなかでも、多くのブランドがしのぎを削る激戦業界です。

閉店する店舗も多く、無策で挑んでは失敗してしまう可能性が高いでしょう。

一方で、価格を抑えた仕入れやコストカットの徹底など、独自のシステムを構築して利益を出しているブランドも少なくありません

利益を出すための手法と集客の仕組みが構築されていれば、安定した収益を得られる可能性は十分あるといえるでしょう。

(2)加盟先が多様で自分にあったジャンルを選べる

居酒屋・バー業界は、市場が大きい分、種類やジャンルはさまざまです

「焼き肉居酒屋」「ショットバー」など店の種類や、「郊外型」「小規模繁華街型」などの店舗種で選ぶこともできます。

フランチャイズブランドも数多くあるので、自分に合う形で経営できる加盟先を選びやすいことも、大型市場ならではの魅力といえるでしょう。

フランチャイズの居酒屋・バーの運営に向くタイプ

フランチャイズの居酒屋やバーの経営に向くタイプについて説明します。

(1)まとまった初期費用を用意できる人

居酒屋・バーの開業は、まとまった開業資金を用意できる人に向いています。

開業のためにはそれなりの初期費用が必要だからです

居酒屋・バーの運営には実店舗や調理設備が必要なので、ほとんどの場合、安い初期費用で開業することができません。

具体的な費用は店舗によって異なりますが、最低でも500万円程度は必要だと考えておいた方がよいでしょう。

(2)接客が好きな人

接客が好きな人には、居酒屋・バーの運営は向いています。

オーナー本人が店舗に立つ場合、利用客とのコミュニケーションは欠かせません。

ときにはお酒の入った利用客の対応やクレームの処理も必要となりますが、人と話すのが好きな人であれば、さほど苦にはならないでしょう。

居酒屋・バー業界に向かないタイプ

反対に、居酒屋やバー業界には向かないタイプもいます。

特に、以下のような人は慎重に判断した方がよいでしょう。

(1)一人で黙々と作業をしたい人

一人で黙々と目の前の作業をこなしたい人には、居酒屋・バーの営業はあまり向きません。

実際の店舗運営では他のスタッフとの連携が不可欠であり、臨機応変な対応が求められることも多いからです

また、利用客やフタッフに呼ばれて作業を中断しなければならないことも日常茶飯事です。

一人で目の前の作業に集中するような働き方をしたい人にはあまり向いていないでしょう。

(2)工夫しながら経営できない人

居酒屋・バー業界で継続的に利益を出し続けるには、常に数字とにらみ合いながらメニューやサービスを工夫し続けなければなりません。

例えば、近所に人気の競合店ができれば実際に店舗を利用して研究しなければなりません。

トレンドには常にアンテナを立て、店のメニューに反映させるなど、チャンスを逃さない事業運営も必要です。

運営における工夫を苦に感じるのであれば、居酒屋・バー業界で成功するのは難しいでしょう

フランチャイズ本部選びのポイント

フランチャイズに加入して居酒屋やバーを経営する場合、本部選びは非常に重要です。

具体的にどのようなポイントに注意して選べばよいか説明します。

(1)他ブランドとの差別化ができているか

ライバルの多い居酒屋・バー業界では、他のブランドとの差別化は非常に重要なポイントです。

特に、独自の魅力があるメニューやサービス、利益を大きくするための仕組みは、集客と利益率には直結してくるポイントです

「ライバルとどのような点が違うのか」という観点から確認しておきましょう。

公式サイトやパンフレットなどの表面的な情報では分かりにくいこともあるので、説明会などで、納得できるまで質問してみることをおすすめします。

(2)開業後のサポートに力を入れているか

居酒屋・バー業界では、開業時だけではなく、開業後のサポートも非常に重要です。

開業後のサポート体制について、しっかり確認しておきましょう。

例えば、開業後に強力なライバルが現れたときや、社会情勢の変化により売上が低下したときなどは、フランチャイズ本部のサポートが大きな助けとなる可能性があります。

まとめ

居酒屋・バー業界は、ライバルが多いため、成功することは決して簡単ではありません。

しかし、しっかりと差別化し、独自の強みを生かした経営をすることで、大きな収益が期待できる業界でもあります。

フランチャイズに加盟すれば、本部の経営ノウハウや知名度を利用した集客ができるというメリットがありますが、パートナーとなる加盟先選びが重要なポイントとなります。

フランチャイズへの加盟を検討している場合は、複数のブランドを比較しながら、自分に合う加盟先を探してみましょう。

オススメな居酒屋・バーのフランチャイズ企業


関連掲載企業特集

  1. 【特集記事】ハウスクリーニング・清掃のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】餃子屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集記事】ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集記事】スーパーのフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. 居酒屋・バーのフランチャイズ特集