学習塾のフランチャイズ特集

学習塾 フランチャイズ

日本は人口が減少傾向にあり、特に懸念されているのが少子化です。

子どもの人口が減っているため、学習塾など子供向けの事業は今後難しいと考えられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は、コロナの影響で大幅に落ち込むまでは、学習塾の数は増えており、堅調な動きを見せていました。

コロナが終息に向かう中、学習塾も回復基調にあります。

今回は、学習塾の将来性やフランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

学習塾の将来性と今後の成功のポイント

まずは、学習塾の将来性や、今後成功するためのポイントについて見ていきましょう。

(1)子供の教育に力を入れる親は増えている

子どもの絶対数が年々減少しているため、塾の数も減少傾向かと思うのが自然ですが、実は2015年の学習塾の数を100とすると、2018年には102.5と緩やかに上昇していました。

年々子供の教育に力を入れる親が増えてきたことや、各家庭における子供の数が減少したことで一人にかける教育資金が増えたことが主な要因だと考えられます。

2019年以降、コロナの影響により、大幅に数は縮小しましたが、逆に市場に参入するチャンスが拡大したといえます

(2)差別化が成功への大きなポイント

塾の数が増える中、周りと同じような塾を経営したとしても特色が見いだせず、他の塾との競合争いに巻き込まれてしまう可能性があります。

そのため、今後の塾経営を成功させるためには差別化が重要だといえるでしょう。

学習塾経営に向くタイプ

学習塾の経営には、向き不向きがあります。

ここからは学習塾経営に向いている人の特徴について説明します。

(1)子供と接するのが好きな人

学習塾の対象となる顧客は子供です。

子供の気持ちを考え、学習に対して前向きな気持ちにしなければいけませんので、やはり子供好きな人が塾経営に向いているといえるでしょう。

中にはなかなかいうことを聞かないお子さんと出会うこともありますが、根気よく勉強してもらうように気持ちを向けなければいけません。

そのためには、子供の気持ちをよく理解できる子供好きの人が適しているといえるでしょう。

(2)コミュニケーション能力が高い

学習塾の経営者には、コミュニケーション能力も求められます。

生徒である子供とのコミュニケーションだけではなく、親御さんとのコミュニケーションも塾経営には欠かせません。

親御さんともしっかりとコミュニケーションをとり、家庭でも協力してもらうことで、学力の向上が図れます。

お子さんともしっかりとコミュニケーションが取れると信頼関係が深まり、学力向上へつながりますので、コミュニケーション能力が高い人は学習塾の経営に向いているといえます

学習塾経営に向かないタイプ

逆に、学習塾経営に向いていないのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)長所を引き出すことができない

学習塾では、子供の学力を伸ばし、成績を上げることが求められます。そのためには、子供の短所を改善し、長所を引き出さなければいけません。

また、塾の生徒だけではなく、スタッフにもそれぞれに長所があり、長所を引き出すことで、塾経営の大きな手助けとなります。

しかし、個人が持つ長所に気づかず、なかなか長所を引き出すことができない場合、生徒もスタッフもやる気をなくしてしまうかもしれません。

(2)子供の気持ちが理解できない

子供の学力を伸ばすためには、子供の気持ちを十分に理解し、前向きに学習に取り組めるようサポートすることが大切です。

子供の気持ちがよく理解できないという方は、学習塾の経営には向かないといえます。

フランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイント

フランチャイズに加盟して学習塾を経営する場合、たくさんのフランチャイズ本部の中で自分に合った本部を選ばなければいけません。

ここからは、フランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントについて説明します。

(1)知名度・ブランド力の高さ

子供の塾を選ぶときに親御さんが重視するのは、実績や知名度などです。そのため、知名度やブランド力の高さは、学習塾の集客において、大きな武器となります。

全国規模の塾の場合、効率的な勉強方法を教えてくれるのではないかという期待値が高くなり、選ばれやすくなります。

ブランド力の高さは、集客力だけではなく収益アップにも大きな手助けとなる重要なポイントだといえるでしょう。

(2)収益性の高さ

フランチャイズに加盟して学習塾を経営すると、知名度や経営ノウハウを活用できる一方で、ロイヤリティや加盟店料などのコストがかかります。

集客に成功して、多くの生徒を集められたとしても、それ以上にコストがかかってしまうと想定していたほど収益が上がらない場合もあります。

ロイヤリティや加盟店料などのコストを抑えることは収益性の高さにつながるので、ロイヤリティや加盟店料などのコストも事前にしっかり確認することが大切です。

まとめ

コロナ禍において学習塾の数は減少しましたが、学習塾はコロナ終息と共に回復する可能性が高い業種といえます。

フランチャイズ本部も多数ありますので、資料請求や説明会への参加などで情報収集をし、自分に合う加盟先を探してみてはいかがでしょうか。

オススメの学習塾フランチャイズ企業

  • 株式会社オグノブ

    成績がしっかり伸びる独自の個別指導スタイル

  • 株式会社秀英予備校

    映像授業の秀英iD予備校。私塾教育を通じて地域へ貢献してください!

  • 株式会社 北斗塾

    初心者でもできるシステムですが、真剣に取り組まないと成功はありませんよ。 北斗塾


関連掲載企業特集

  1. 【特集】フィットネスジム・パーソナルジムのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. category_kaigo_layerthumb.jpg
  3. 【特集】ラーメン屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. 学習塾のフランチャイズ特集