スーパーのフランチャイズ特集

スーパー フランチャイズ

スーパーマーケット(スーパー)は、食料品や生活用品などを販売するため、私たちの生活になくてはならない存在です。

スーパーというと大手のブランドをイメージする方も多いかもしれませんが、実はフランチャイズ化することで店舗数を増やしているブランドも増えています。

この記事では、スーパー業界の魅力や、スーパーの経営に向いている人の特徴、フランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

投稿者・コラム執筆者

スーパー業界の魅力

まずは、スーパー業界の魅力についてみていきましょう。

(1)安定した経営が実現しやすい

飲食業界やサービス業など他の業界は、景気や流行などに左右されやすい傾向にあります。

しかし、スーパーは景気や流行に左右されにくい業界です。

なぜなら、食料品や生活用品などスーパーで扱う商品は、誰の生活にとっても必要なものだからです。

そのため、需要が無くなることはありません。

地域に密着し、一定の顧客を獲得できれば、安定した経営を実現できることが期待できます

(2)IT活用による将来性が期待できる

近年のスーパーでは、IT活用による運営が行われています。

セルフレジやキャッシュレス決済によるレジの省略可は、従業員の人手不足が解消されると同時に顧客満足度を高められます。

また、ネットスーパーの開設によって24時間販売が可能になり、実店舗の営業時間外でも売上を伸ばせるようになっています。

このようなIT活用による成長を今後も期待できる業界であるといえます。

スーパー業界に向くタイプ

スーパー業界にはどのような人が向いているのでしょうか。

以下のような要素のある人は、スーパー業界に向いているタイプだといえます。

(1)経営業務が得意な人

スーパーをフランチャイズで開業したからといって、オーナーが実際に売り場の業務に時間を割くことは少ないものです。

もちろん店内の陳列状況や客足を確認するため売り場に立つこともありますが、オーナーの主な業務は販売計画の策定や売上管理、経理処理などになります

そのため、経営業務が得意な人がスーパー業界に向いているといえます

(2)マーケティング力のある人

スーパーを開業したからといって必ずしも赤字経営が望めるとは限りません。

周辺に食品を扱う競合他社がいる場合には、顧客のニーズに合わせた品揃えや独自サービスが必要です。

例えば、高齢者の多い地域であれば、少量パックの販売や配送サービスなどを行なうことで売上を伸ばせる可能性があります。

また、学生や単身者が多い地域であれば、惣菜のバラエティを増やすなどの工夫が必要でしょう。

このような地域の顧客のニーズを読み取る力はスーパー経営に必要だといえます

スーパー業界に向かないタイプ

スーパー業界に向くタイプを紹介しましたが、反対にレストラン業界に向かないのはどのようなタイプの人なのでしょうか?

(1)数字に弱い人

スーパーの経営において、「数字」を切り離すことはできません。

在庫管理や商品の仕入れ、売上管理など、オーナーは常に数字と向き合うことになります。

数字に弱い人にとっては辛い仕事になる可能性があります

(2)柔軟な考えができない人

スーパーで販売する商品は常に一定ではありません。

季節や流行、地域性に合わせた商品を販売することになります。

そのため、柔軟な考えで商品やサービスを販売する必要があり、マニュアル通りの仕事をしたい人には難しい可能性があります。

フランチャイズ本部選びのポイント

フランチャイズに加盟してスーパーを開業する場合、パートナーとなる本部選びは非常に重要です。

本部を選ぶ際は以下の2つのポイントを確認するようにしましょう。

(1)ロイヤリティや手数料

フランチャイズへ加入するには本部へ加盟金を支払いますが、加盟後もロイヤリティや手数料などの費用が毎月発生します

ロイヤリティは定額制の場合もあれば、売上の割合で決まる歩合制の場合もあります。

また、フランチャイズでは本部が商品の管理をして仕入れをサポートしてくれますが、仕入れに手数料などが発生することもあります。

このようにロイヤリティや手数料を比較し、慎重に検討することが大切です。

(2)サポート体制

フランチャイズの本部ごとに用意されているサポート体制は異なります

開業準備までのサポートだけではなく、開業後のサポートも手厚い本部を選ぶべきです

なぜなら、スーパーの経営では予測不能な事態も起こり得るため、本部の助けが必要になることもあります。

サポート体制が手厚ければ、安心して運営を継続できるでしょう。

まとめ

スーパーは身近な存在であり、常に一定の需要がある業界です。

フランチャイズに加盟すれば、未経験でもスーパーの運営に必要なノウハウを活かして収益を見込むことができます。

また、フランチャイズ本部のブランド力も加わり、顧客の獲得も行いやすいことから安定した収入を得やすいでしょう。

スーパー業界には複数のフランチャイズブランドがあるため、まずは資料請求や説明会に参加してみて検討してみてください。

オススメなスーパーのフランチャイズ企業


関連掲載企業特集

  1. 【特集記事】ハウスクリーニング・清掃のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】介護タクシーのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集記事】カフェのフランチャイズ特集.のコピー.jpg
  4. 【特集】整骨院・整体院のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. スーパーのフランチャイズ特集