デリバリー・移動販売業のフランチャイズ特集

デリバリー フランチャイズ

近年、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、店内での飲食に制限がかけられる中、急速に成長したのがデリバリーや移動販売業です。

デリバリーや移動販売業のフランチャイズ本部も増えており、フランチャイズに加盟して開業される方も多いようです。

今回は、デリバリー・移動販売業の開業を検討している人に向けて、デリバリー・移動販売業の将来性やフランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

デリバリー・移動販売業の将来性と魅力

デリバリーや移動販売業などの形態の店が急激に増えている中、既に飽和状態なのではないかと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

コロナ終息後のデリバリーや移動販売業の将来性や魅力などについて説明します。

(1)高齢化社会で成長が期待できる

デリバリー・移動販売業は、新型コロナウィルスが終息を迎えた後も、成長を続けていく業種だといわれています。

その最も大きな要因は急速に進む高齢化による高齢者人口の増加です。

高齢者は体のどこかを痛めていることが多く、年を重ねるほどに外出する機会が減ります。

また、高齢者だけではなく、若い世代の方も小さな子供を抱えていると外出が難しいです。

デリバリーや移動販売業を利用すれば、わざわざ遠くに出向かなくても、自宅や家の近くで出来立ての美味しい料理を調達することができるので、高齢者や小さな子供を抱えていて外出が困難な方にとっては利便性が高いサービスだといえるでしょう。

(2)初期費用が抑えられるので取り組みやすい

デリバリー・移動販売は、店舗を構える必要がないので、初期費用を抑えられます。

需要がある場所へ自ら出向くことで収益が上げられる上に、コストを抑えられるデリバリー・移動販売業は高い利益率が期待できます。

低コストで利益を上げられる成長性の高いビジネスといえるでしょう。

デリバリー・移動販売業に向くタイプ

デリバリー・移動販売業は近年注目されている形態ですが、誰もが成功するというわけではありません。

デリバリー・移動販売業に向いているのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)柔軟な発想で工夫ができる人

デリバリー・移動販売業は、状況に応じて柔軟な発想で工夫できる人が向いているといえるでしょう。

メニューなどは基本的にフランチャイズ本部が提供する内容に従わなければいけませんが、販売場所など自由に決められることもあります。

例えば、普段の場所であまりお客様がいなければ別の場所を確保するなど、柔軟な発想で工夫をしていくことが収益向上につながります。

(2)効率的に動ける人

デリバリーや移動販売業を利用する人の中には、お昼休みなど限られた時間で待たされずに購入したいという方もいらっしゃいます。

そのため、短時間で効率的に商品を提供することで、できるかぎりお客様を待たせることなく運営することが求められます

特に昼食や夕食の時間帯はお客様が集中するため、素早く商品を提供することが大切です。

開店前の準備なども限られた時間の中で効率的に行うことが求められるので、効率的に動ける人はデリバリー・移動販売業に向いているといえます。

デリバリー・移動販売業に向かないタイプ

反対に、デリバリー・移動販売業に向かないのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

デリバリー・移動販売業の経営に向かない方の特徴について説明します。

(1)迅速な行動ができない人

デリバリーや移動販売は、ずっと同じ場所に留まることはなく、迅速な行動が求められます。

そのため、テキパキと行動できない人や同じ場所でじっくりと作業をしたいという方には向いていないといえるでしょう。

(2)切り替えができない人

デリバリー・移動販売業では、思い通りにならないことが起きても、くよくよ悩まずに切り替えるメンタルの強さも重要です。

打開策を見つけるためには大胆な発想の切り替えが必要なこともあるため、切り替えがうまくできない人は向いていないかもしれません。

加盟先選びのポイント

開業後、順調に経営を軌道に乗せて、収益を伸ばすためには、加盟するフランチャイズ本部選びが重要です。

加盟先を選ぶ際、どのようなポイントを重視すべきか具体的に説明します。

(1)初期費用やロイヤリティ等のコストを確認

フランチャイズ本部を選ぶ際に欠かせないのが、初期費用やロイヤリティ等のコストを確認することです。

初期費用を抑えることにより、自己資金だけで開業できる可能性が高くなります。融資を受ける場合も、融資金額を抑えることができます。

また、毎月かかるロイヤリティが安い方が利益を伸ばしやすいです。

移動販売業の場合、本部がキッチンカーのリースをしているケースもあります。

リース料が安ければその分コストを抑えることができるので、リース料を確認した上で必要に応じて検討するとよいでしょう。

(2)研修やサポートの内容を確認

研修やサポートが充実しているかという点も加盟先を選ぶ際に重視すべきポイントです。

デリバリーや移動販売の経験がない場合、研修などにより必要なノウハウを習得しなければなりません。

研修の内容や期間を把握し、必要なスキルを習得できるか確認しましょう。

また、開業後にトラブルや問題が発生して、自分の力で解決することが難しい場合、フランチャイズ本部に相談してアドバイスを受けられると安心です。

開業後も、個別にサポートを受けられるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

まとめ

デリバリーや移動販売は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて急成長しましたが、高齢化の流れを受けて今後も成長性が期待できる業種です。

フランチャイズ本部も複数ありますので、資料請求や説明会への参加などで情報収集をし、自分に合う加盟先を探してみてはいかがでしょうか。

オススメのデリバリー・移動販売フランチャイズ企業

  • 株式会社水谷クリーンサービス(フード部門)

    大好きなクレープを仕事にしたい!自分が作るクレープでたくさんのお客様を笑顔にしたい!「クレープショップSARU」

  • 株式会社カスタマーエージェント

    驚異のリピート率と来店頻度を誇るテイクアウト専門店『ピザ・カルボ』『ZAKUZAKU&CRISPY CHICKEN』

  • 日本ピザハット株式会社

    ピザハットは世界最大のピザレストランチェーンです!今なら新規参入のチャンスです!

  • 株式会社サスティナブルキッチン

    既存店舗にゴーストレストランのご提案!!2016年からゴーストレストランの運営をしている為ノウハウ充実!某出前サイトNo.1ハンバーガーのデリバリーなど複数ブランド使い放題!+α100万円はあたりまえ! BURGER PRODUCTS


関連掲載企業特集

  1. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】注文・輸入住宅販売のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集】ラーメン屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集】カレー屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. デリバリー・移動販売業のフランチャイズ特集