住宅リフォームのフランチャイズ特集

住宅リフォーム フランチャイズ

住宅リフォーム業は比較的安定した需要が期待できる業種ですが、フランチャイズに加盟すれば本部の経営ノウハウを利用できるため、より安定した収益を得られる可能性が高くなります。

この記事では、住宅リフォーム業のフランチャイズ加入を検討している方に向けて、住宅リフォーム業の需要や適性、フランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

住宅リフォーム業の需要

日本では、急速に進む少子高齢化により、住宅を巡る環境が変化しています。

住宅数の減少も想定されていますが、リフォームの需要は減るのでしょうか。

今後の住宅リフォーム業の需要について説明します。

(1)省エネやバリアフリーなど需要は多い

日本では少子化の影響を受けて人口が減少傾向にあるため、今後、新規の住宅着工件数は減少する可能性があります。

しかし、このような状況でも、住宅に求められる設備のレベルは年々向上しています。

最近は、高齢化対策のためのバリアフリーや、省エネや災害に対する対策など、昔よりも幅広い種類のリフォームが求められており、住宅リフォーム業の需要は底堅いといえます。

(2)フランチャイズに加入すれば品質の高さを維持できる

リフォームの技術や品質は年々向上しており、進化を続けています。

フランチャイズに加盟してリフォーム業を開業することで、本部から研修を受けて、新しい技術を学ぶことが可能になります。

また、再現性の高いリフォーム技術を習得できることが多いので、品質の高いリフォームを安定して提供できるようになるでしょう。

住宅リフォーム業に向くタイプ

フランチャイズに加盟しても、住宅リフォーム業の適性がなければ、安定した経営は難しいかもしれません。

住宅リフォーム業に向いているのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)細かい作業が得意な人

住宅リフォームの仕事は細かい作業を求められることが多いです。

細かい作業が得意だと、作業が効率よく進み、きれいに仕上げることができるでしょう。

細かい作業をきちんと丁寧に行うことで、リフォームした部分が長持ちすることも多いので、細かい作業が得意な人は、住宅リフォーム業に向いているといえます。

(2)コツコツと作業に取り組める人

リフォームの仕事は、面倒な作業にコツコツと取り組むことが求められることも多いです。

家の状態に合わせた適切な工法を選択する必要もあり、面倒で手間のかかる工法を選択しなければならないこともあります。

そのため、手間と時間のかかる作業にもコツコツと取り組める人は住宅リフォーム業に向いているといえるでしょう。

住宅リフォーム業に向かないタイプ

逆に、住宅リフォーム業に向かないのは、どのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)大雑把な人

リフォーム業は、細かな作業と仕上がりのきれいさが求められるので、大雑把な人は向いていないといえるでしょう。

人目につかないところでも丁寧に細かい作業をしておかなければ、すぐに不具合が生じる可能性もあります。

また、細かな傷にも注意して作業を行う必要がありますが、大雑把だと、工具で床などに傷をつけてしまうかもしれません。

(2)体力に自信がない人

住宅リフォームは、既存設備の撤去から、新しい設備の設置など、基本的に肉体労働の割合が高いです。

もちろん身体だけではなく頭も使って効率的に作業を進める必要がありますが、体力がなければ疲労により頭も働かなくなり、作業がなかなか進まない要因となってしまいます。

体力に自信がない人には「きつい」と感じる可能性が高く、向いていないといえるでしょう。

フランチャイズ本部選びのポイント

フランチャイズに加盟して住宅リフォーム業を開業する場合、本部の選択は重要なポイントとなります。

具体的にどのような点を重視して選ぶべきか説明します。

(1)リフォームの工法の再現性の高さ

フランチャイズ本部を選ぶ際は、本部が推奨する工法の再現性を確認することが大切です。

本部が推奨するのが、職人個人の技術を求められる工法や再現性が低いような工法だと、作業がなかなかうまくいかず、お客様に満足してもらえるサービスを提供できないかもしれません。

再現性の高い工法であれば、加盟店も同じ品質のサービスを提供しやすくなり、本部の成功モデルを活用しやすいといえるでしょう。

(2)研修やサポートが充実しているか

本部による研修やサポートが充実しているかという点も重要なポイントです。

工法の教育や実践的な研修制度など、サポート体制が整っているかどうか、しっかり確認しましょう。

また、開業後にお客様からのクレームやトラブルなどが発生した場合、フランチャイズ本部に相談してアドバイスやサポートを受けられると安心です。

開業後も、個別にアドバイスやサポートを受けられるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

まとめ

今後、住宅着工件数が減少しても、住宅の快適さが求められる昨今において、リフォームの需要は底堅い需要が期待できる業種です。

フランチャイズに加盟することにより、本部の経営ノウハウやサポートを利用できるので、より安定した収益を得られる可能性が高くなります。

フランチャイズへの加盟を検討している方は、まずは資料請求や説明会への参加から始めてみてはいかがでしょうか。

オススメな住宅リフォームのフランチャイズ企業

  • 日本住宅診断株式会社

    <副業/未経験/自宅開業可!>火災保険を活用した雨どい修理フランチャイズ/あまどい屋

  • 株式会社インデュアホーム

    30年以上のフランチャイズ事業実績あり!日本の気候風土に合わせた住宅として再現することを目指した「本物の輸入住宅」を追求しています。

  • セルコホーム株式会社

    カナダ輸入住宅を全国累計25,000棟以上供給!25年間の信頼と実績!


関連掲載企業特集

  1. 【特集】フィットネスジム・パーソナルジムのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】ラーメン屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集】整骨院・整体院のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集】ネット販売のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. 住宅リフォームのフランチャイズ特集