フランチャイズ本部の選び方・失敗を避けるためのポイントは?

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ本部 選び方

フランチャイズでの起業を検討する場合、どのフランチャイズ本部に加盟するかが起業において非常に大切です。

経営にとって大きな味方となるフランチャイズ本部の調べ方や選び方を把握しておかなければ、後々失敗したと感じてしまうでしょう。

では、フランチャイズ本部選びに失敗してしまうとどのようになってしまうのでしょうか?

また、フランチャイズ本部の選び方や調べ方にはどのような方法があるのでしょうか?

この記事では、フランチャイズ本部の選び方などについて詳しく解説します。

フランチャイズ本部選びを失敗するとどうなる?

業種によって異なりますが、フランチャイズ本部が多くあるような業種での起業は、さまざまなタイプのフランチャイズ本部から自分に合ったところを選ばなければいけません。

フランチャイズ本部選びを失敗してしまうと、のちのち後悔してしまうことになります

起業にあたり、フランチャイズ本部選びを失敗してしまうと、どのように後悔してしまうのでしょうか?

ここからはフランチャイズ本部選びを失敗したと感じる事例について解説します。

(1)収益が上がらない

収益が上がらないと本部選びを失敗したと感じてしまいます。

自分で事業を行うとき、一番大事なのはいかに収益を上げるかといった点です。

収益が挙げられない原因は、

  • 集客が伸びない
  • 経費がかかりすぎる
  • リピーターが少ない

といった点が挙げられます。

収益が上がらないとフランチャイズ本部のサポートが少ないと感じてしまうこともよくある例です。

収益が上がらず赤字経営となってしまうと、最悪の場合事業をたたむことになってしまいます。

事業を行うにあたっては何より収益面を大切にしなければいけません

収益面での不調は、本部との関係性を一番疑ってしまう事例といえるでしょう。

(2)自分の思う通りに経営出来ず、ストレスになる

フランチャイズ経営は本部の経営ノウハウや看板を利用することができますので、起業にあたって集客面などは有利な状況で事業を始めることができます。

反面、本部の意向に沿った経営を行う必要があり、経営に自由度を求める人が規制の厳しい本部を選んでしまうと失敗したと感じるかもしれません。

自分の思うとおりに経営ができないとストレスを感じてしまい、責任を本部に求めがちです。

本部との関係性も悪くなってしまい、本部選びを後悔してしまう事例となります。

(3)売上を上げても利益率が低い

売上を上げてもなかなか利益が伸びないケースも本部選びに失敗したと感じてしまう事例です。

フランチャイズに加盟しての事業は、さまざまなメリットがある反面、加盟店料やロイヤリティなどを本部に支払わなければいけません

特にロイヤリティは毎月かかるケースが多く、定額か売り上げの数%を本部に支払う必要があります。

ロイヤリティが高い本部を選んでしまうと、売上が上がっても利益がなかなか伸びないかもしれません。

このような場合でも、利益が伸びないのは経費が高い本部の影響と思ってしまい本部選びを失敗したと感じてしまうでしょう。

(4)初期投資だけで大幅な支出となる

事業を行う場合、最初にいくつかの設備投資が必要になる場合があります。

基本的には、本部の指定する設備を導入するケースが一般的です。

そのため、初期投資にコストが大きくなってしまうと、高い設備導入を指示した本部のせいと思ってしまう人も多いでしょう。

フランチャイズ本部によって同じ業種で起業するとしても初期投資は大きく異なります。

そのため、想定以上の初期投資がかかった場合などは、特に本部に責任を求めがちになってしまい、失敗したと感じるケースといえるでしょう。

フランチャイズ本部の調べ方とは?

フランチャイズに加盟した上での起業を検討している場合、フランチャイズ本部選びを失敗するといろいろなリスクがあることを注意点として解説してきました。

しかし、自分が起業しようと思っている業種にどのようなフランチャイズ本部があるかわからないといった人も多いのではないでしょうか?

ここからはフランチャイズ本部の調べ方について解説します。

(1)HPや雑誌などで調べる

自分が取り組みたい業種において、どのようなフランチャイズ本部があるかを調べる方法として、HPやフランチャイズ専門の雑誌などで調べる方法が挙げられます。

フランチャイズ専門のHPでは、さまざまな業種のフランチャイズ本部が募集していますし、雑誌も同様です。

上記媒体でフランチャイズ本部を調べることができます。

(2)説明会に参加する

フランチャイズ本部が開催する説明会などに参加することで、HPよりも深い情報を得ることができます。

また、フランチャイズ本部の説明会に参加し情報を得ることで他のフランチャイズ本部のサポートと比較することも可能です。

このような説明会に積極的に参加することでフランチャイズ本部の情報を得ることができます。

(3)フランチャイズフェアなどに参加する

フランチャイズフェアなどが各都市で開催されていることがあります。

独立を目指している人向けにさまざまなフランチャイズ本部が出展し加盟店を募集します。

飲食店専門のフェアや介護専門のフェアなど業種を限定したフェアなども開催されているので、このようなフェアに参加することで情報を得ることが可能です。

(4)やりたい業種の店を訪れる

自分がやってみたい業種の大手専門店を訪れてみるのもいいでしょう。

たくさんの店舗を構えているフランチャイズチェーンを訪問し、実際の運営状況を自分の目で確かめます。

社員教育や販売商品の単価、集客状況などを実際に見てより現実的な状況を確認することができます

自分が経営にかかわった場合の状況を想定しながらお店を確認することで具体的な情報を得ることができるでしょう。

フランチャイズ本部の選び方とは

実際にやりたい業種が見つかり、いくつかの本部から比較する場合、どのような内容で比較しフランチャイズ本部を選んでいいかがわからないという人もいるでしょう。

フランチャイズ本部の比較は、さまざまな角度から比較しなければ、加盟した後に後悔することにもなりかねません。

では、どのようなポイントで本部を比較すればいいのでしょうか?

フランチャイズ本部を選ぶ比較ポイントについて解説します。

(1)収益や利益率で選ぶ

事業にとって最も大きなポイントは利益や利益率です。

気になった本部に加盟することにより、どの程度の利益が上がり、利益率がどの程度なのかを比較検討し、本部を選びます。

どんなに有名なブランドだったとしても、加盟店が全く儲からないフランチャイズに加盟してしまっては意味がありません。

本部に加盟した場合の利益や利益率から選択しましょう。

(2)かかるコストで選ぶ

フランチャイズに加盟することにより、自主独立よりもかかってしまうコストがあります。

加盟店料やロイヤリティです。

特に、ロイヤリティは毎月の売り上げに対してかかってくる費用となりますので、ロイヤリティが高い本部を選んでしまうと、思った以上の収益を得ることができません。

また加盟店料が高い本部を選んでしまうと初期投資額が高額になってしまい、最初から大きな負担になるでしょう。

本部に支払うコスト面での比較も効果的です。

(3)サポート内容で選ぶ

サポート内容によって比較しましょう。

サポート内容の中身については後程解説しますが、本部によってサポートの内容は異なります。

どのようなサポートを行っており、どのサポート内容が自分には合っているかを比較することでの本部選びも効果的な方法です。

(4)経営の自由度で選ぶ

フランチャイズに加盟しての経営となると、基本的には本部の意向に沿った経営を行わなければいけません。

自分たちで勝手に経営してしまうと、他の加盟店への悪影響となるかもしれないからです。

フランチャイズ経営の自由度は本部によって異なります。

あまり本部に縛られず、経営の自由度を高めたい場合は、比較的フランチャイズの自由度が高い本部を選びましょう。

フランチャイズ本部が行うサポートを比較するポイントは?

フランチャイズ本部では加盟店にさまざまなサポートを提供しています。

サポート内容はフランチャイズ本部によって異なりますので、どのようなサポート内容があるかを比較することにより本部を選択することができるでしょう。

ここからは、本部の提供するサポート内容について解説します。

(1)研修制度の充実さで比較する

フランチャイズに加盟することにより、未経験からでも起業することが可能といわれています。

これは、本部の経営ノウハウや看板を利用できる点や研修を行うことにより未経験でも起業することが可能です。

しかし、研修制度がしっかりと構築されていなければ、せっかくのノウハウも十分に生かすことができません。

研修制度の充実ぶりを確認することにより、本部を選択しましょう。

(2)宣伝や広告の充実度で比較する

集客面でのサポート内容も非常に大きなポイントです。

集客面でのサポートを本部がしっかりと行っていると、広告宣伝費を抑えることができます。

本部主導の定期的なイベントの開催やCM、SNSの有効活用など、本部の取り組み内容によって加盟店の集客に大きく影響します。

どの程度の宣伝広告を行っているのかも十分な比較検討材料です。

(3)担当者のサポート内容で比較する

フランチャイズに加盟してもしなくても、起業することであなたは経営者です。

経営者はなかなか相談する相手がいないといわれます。

従業員に経営の相談ができるわけではありませんし、同業他社の知り合いがいない経営者などは誰に相談していいのかもわかりません。

フランチャイズに加盟することにより、一般的には本部の営業マンが担当につきます。

経営上の悩みや、店の問題点などを一緒に解決するような良き相談相手となるでしょう。

また本部によってはSNSで24時間相談を受けることができる体制を整えています。

特に経験が浅い分野での起業を検討している人はフランチャイズに加盟し、相談体制などが充実している本部を選択しましょう

(4)利益率の高さで比較する

利益率の高さで比較することも効果的です。

集客が多く、高い売り上げを挙げていたとしてもほとんど利益が上がらなければ意味がありません。

フランチャイズ本部によっては、自分のところの収益確保を重点にしており、加盟店の売り上げの多くを本部へ納めるようなシステムになっている場合があります。

利益率が高く、損益分岐点が低くなるような本部を選ぶことにより、安定した長期的な経営に期待ができます。

加盟店の利益に重点を置いている本部選びもポイントです。

まとめ

フランチャイズにより起業を検討している人に最も大事なポイントが本部選びです。

調べ方も比較方法も多岐にわたりますので、後悔しないためにも、しっかりと分析しフランチャイズ経営に役立てましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズ本部の選び方・失敗を避けるためのポイントは?