大人気「東京唐揚げ(丼)+タピオカジュース」のフランチャイズ!台湾から日本へ逆上陸!
KKAP TOKYO+台楽茶

対応エリア:首都圏、近畿圏(大阪、京都、兵庫など)、海外(韓国・香港・東南アジア・欧米など)

会社名
サンテラス合同会社 *香港法人BOC(Holdings)の国内サポート会社
事業内容
飲食店経営、フランチャイズ事業、海外進出コンサルティング事業
カテゴリ
飲食業
住所
東京都千代田区神田須田町2-6-2 神田セントラルプラザ1101
電話番号
050−5532−9048(IP電話)
HP
https://kkap.tokyo/
メッセージ

激戦地の台湾から逆上陸の唐揚げ&丼ぶり【KKAP】と、台湾発祥のタピオミルクティー【台楽茶】を組み合わせた全く新しいフランチャイズ業態であります。店舗では勿論、1台の移動販売車があれば開業可能!調理や運営はシンプルであり、意欲があれば夢が叶えられます。2020年東京オリンピックに向け、今から準備を進めませんか?【KKAP】は台湾新幹線「高鉄桃園駅」に隣接のアウトレットモールへの出店が決まっております。同モールへは、有名な水族館【八景島シーパラダイス】も開業致します。タピオカジュースは、今東京で大ブースとなっております。【台楽茶】では、黒糖タピオカミルク/ミルクティーが主力商品で、他の台湾ブランドと大きく差別化できます。

https://fc-kamei.net/wp-content/uploads/2017/08/0487_2.jpg

仕事の魅力

◯小資本で開業できる
唐揚げ&丼ぶり店は、フライヤー(空調も必要)、冷蔵庫、炊飯器等があれば、すぐに始められます。                 タピオカジュースも高額な設備は一切不要です。
移動販売車であれば、総額300万程度(車両レンタルの場合)から開業できます。
固定店舗でも総額500万程度から開業可能となっております。

◯業界初心者でも短期間で運営可能
オペレーションが簡単で、マニュアルも整備しており、初心者でもすぐに参入できます。

◯高収益
原価率が低く、少ない人員でのオペレーションが可能であり、 高収益を実現しております。

◯味やメニューは、激戦地の台湾で実証済みで、高評価を頂いております
唐揚げではグランプリで金賞を取ったレシピというのを売りにしている他社もございますが、
唐揚げ聖地と言われる大分の中津や宇佐などを含め日本全国の唐揚げ店を実際に足で回って食べ比べましたが、
金賞以外でも美味しい唐揚げがたくさんありました。
タピオカジュースは台湾が発祥で、現地ではお茶やフルーツなどを組み合わせ、様々なブランドが競い合っております。
中でも弊社が主力とする黒糖タピオカミルク/ミルクティーは、以前から根強い人気がありましたが、
今再注目されていて最も旬な業態であります。

◯海外(台湾など)での出店に挑戦されたい方にもピッタリです
弊社は、台湾でうどん店や唐揚げ、韓国トッポギなどの店舗を運営しております。
そのため、多くのモールから出店依頼を頂いております。
台湾で出店をお考えであれば、あらゆる面でのフルサポートが可能です。
また、東南アジアや欧米地域への出店に関しても、弊社のネットワークを活かしサポートさせて頂きます。
【KKAP】や【台楽茶】は、どの地域でも受け入れされる業態となっております。

 

0487_3

市場性

唐揚げは、幅広い年代の人に好まれる日本のソウルフードであります。
【KKAP】の唐揚げ店では、唐揚げ単体のおやつ需要に加え、丼ぶりとして食事需要も取り込めます。
そのため、ランチや夕食、さらにはバーと、幅広い時間帯をターゲットにできます。
実際に台湾で運営している店舗では、時間帯に縛られず安定した営業できております。
さらにタピオカジュースと組み合わせることで、アイドリング時間(14〜17時)の取り込みを含め、
時間帯に応じた営業が可能となり、効率的な経営が可能です。

ビジネスの特徴

◯唐揚げ(含フライドチキン)の激戦地である台湾からの逆輸入
東京唐揚げを模索して、台湾の有名モールに出店。それが現地で大ヒットしました。
既に実証されているビジネスモデルであり、安心して出店ができます。
当社は元々、うどん店を経営しており、そこで培った天婦羅や揚げ物のノウハウを凝縮しました。

◯台湾発祥の本場タピオカジュース
台湾発祥のタピオカジュースは、今世界中に広まっております。
日本でも2018年に東京で大きくブレークし、多くの有名ブランドが集結しました。
この流れは全国へと拡大してく見込みであります。
【台楽茶】は、本場台湾で競合がひしめく中、根強い人気と最近のブームとなっている
「黒糖タピオカミルク/ミルクティー」を主要製品とすることで、他社と大きな差別化に成功しております。
今後急成長していく日本のタピオカドリンク市場で、安定した売上を維持すること間違いありません。

◯複数店舗展開が容易に
2店舗目の出店では、加盟金を半分に。ノウハウは1店舗目で習得済みなので研修費も不要。
テイクアウト店が当たったので、今後はイートインを備えた定食屋や唐揚げPUBもやりたいなど、
急速な店舗展開も夢ではありません。

◯本部から唐揚げのタレに漬けられた鳥肉を仕入れるのではなくは、各店舗で毎日タレ作る方式を採用
一般的な唐揚げ店のFC募集では、本部から独自タレとそれに漬けられ冷凍になったパックの購入を義務付けております。
KKAPでは、各店舗で毎日タレを作り、必要分を肉に絡めて揚げるため、ロスが少なく、不足もありません。

本部のサポート体制

経験豊富なスタッフが、出店計画(立地等)から設備や仕入れ、人材採用まで幅広くサポート致します。
さらに開店後も、メニューや集客に至るまで、色々ご相談して頂けます。

POSシステムを標準装備

弊社の加盟店になりますと、POSシステムが標準装備されております。
※但し、タブレットやプリンターは自社で揃えて頂く必要あり。

飮食店を経営する際に悩むのがPOSの導入であると思います。
ご予算をかけないのであれば、市販のキャッシャーで十分でありますが、
集客やメニューを考察しマーケティングを進めるためには、様々な売上分析が必要であります。

従来POSシステムの導入は、大変なコスト負担がありました。
最近になり、クラウドの普及で安価に利用できるものが増えてきましたが、
実際に導入してみなければその良し悪しは判断できません。
弊社では、これまで様々なPOSを利用してきたため、ご負担が少なく機能が充実しているPOSをご利用頂ける環境を整備しました。

加盟要件

募集地域 全国
※主に首都圏ですが、そのエリアも応相談。
※海外展開をご希望の場合も、ご相談に応じさせて頂きます。
契約タイプ フランチャイズ
契約期間 3年/更新料なし
開業資金

1.開業パック:車両レンタルのケース
■KKAP:185万〜
■台楽茶:105万〜
■KKAP+台楽茶:253万〜

 

2.開業パック:車両購入のケース
■KKAP:415万〜
■台楽茶:335万〜
■KKAP+台楽茶:483万〜

*詳細は資料請求願います!

収益モデル

(KKAP:テイクアウト店のケース)
売上 : 1,800,000 月25日稼働、平日5〜7万、土日10〜15万
仕入 : 540,000
粗利 : 1,260,000
人件費 : 320,000
家賃 : 150,000
水道光熱費 : 80,000
その他 : 30,000
収益 : 680,000
 
(KKAP:座席のある店舗のケース)
売上 : 3,20,0000 月25日稼働、平日10〜15万、土日30〜45万
仕入 : 980,000
粗利 : 2,220,000
人件費 : 800,000
家賃 : 300,000
水道光熱費 : 160,000
その他 : 30,000
収益 : 930,000

ロイヤリティ なし
本部維持費 ロイヤルティは不要ですが、新規メニュー開発やPOP等のデザイン販促支援など、本部維持費として、月額30,000円(KKAP:18,000円、台楽茶(12,000円)を頂戴させて頂きます。

説明会日程

現在定期的には行っておりませんが、ご連絡を頂ければ随時、電話やご面談でご相談に応じさせて頂きます。

ページトップへ