私たちイタリアン食堂は今までに類のない、外食フランチャイズチェーンです!

feature_0012

イタリアン食堂/株式会社エイジーエム

その事業を始めたきっかけを教えてください。

feature_0011_1

日本生まれの日本育ちでイギリスとパキスタンの2重国籍を持っています。
会社員としては、通算16年間証券業界で営業、ヘッジファンドで資産運用など行いました。
その後、教育をするという目的達成のために独立して、飲食フランチャイズを構築し、その「場」で教育を実践しています。
加速学習の自己研究10年超で「学ぶ方法」を学ばない教育(義務教育、社内教育、幼児教育)の考え方や手法を広めていきたいと思い、
今後、加速学習テーマの本を商業出版予定です。
これから講習事業では加速学習のテーマを中心に関わる人達を天才にするという強い想いがあり、将来的には義務教育の方針を大きく変えたいと考えています。その一環として、一番教育が難しいと思われる飲食業を立ち上げました。
フランチャイズという手法の中でオーナーのライフプランニング含めて、教育をして行きたいと考えております。

 

貴社の商品(サービス)が売れる理由はなんですか?

feature_0011_2

イタリアン食堂フランチャイズパッケージの4つの強み。1,個人の方でも開業できる低価格初期投資。居抜きや古民家改装など物件に合わせた店作りが可能なことと、加盟金200万円に研修費も含まれているので、余計な費用が追加されるということがありません。 2,プロのシェフが開発するこだわりのイタリアン料理を簡単調理で提供できます。料理未経験でも、PB商品をご用意していますので簡単に料理を作ることが可能です。 3,店名にオーナー様の名前がつけられるオンリーワンの店作り。たとえばオーナー名が佐藤様であれば「イタリアン食堂・佐藤」と自分の名前をつけることが出来ます。 4,物語が見えるメニューとして、トレーサビリティにもこだわります。今後食材の生産者や流通経路を100%開示して安心・安全な料理を提供できるように進めています。

 

これまでで苦労されたこと、嬉しかったことをお聞かせください。

feature_0011_3

当初はピザ専門店からスタートして、その後ピザだけを提供するのではなく、気軽に日常使いしてもらえるイタリアンのお店として直営店を試行錯誤で運営してきました。 そんな中、1号店の五反田店は、メディアにも取り上げられ、多くのリピーターのお客様に支えられています。毎週3・4日一人でご来店される女性のお客様など、当店を好きで利用してくださるお客様が多いことが、嬉しいことでありイタリアン食堂チェーンの自慢でもあります。

 

 

 

ページトップへ