ラーメン屋のフランチャイズ特集

ラーメン屋 フランチャイズ特集

ラーメンは、いまや日本の国民食といっても過言ではありません。各地域で、みそ、しょうゆ、豚骨といったさまざまなラーメンが人気で、多くの人が美味しいラーメンを求めています。

街の所々で見かけるラーメン屋の中には、フランチャイズの加盟店として経営しているお店も多いので、これからフランチャイズでラーメン屋を始めてみたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、ラーメン屋の将来性やフランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

ラーメン屋の将来性と最近の傾向

街中には多くのラーメン屋さんがあり、既に飽和状態のようにも思えますが、実際はどうなのでしょうか。

ラーメン屋の将来性や最近の傾向について説明します。

(1)競合は多いが注目度は高い

ラーメンは既に人々の食生活の中に浸透していて、2020年にはラーメンなどのフランチャイズチェーンは95社、店舗は5,000件に迫る勢いです。

非常に競争は激しいですが、ラーメン好きの人が多い分、注目度も高いです。

最初からオリジナルブランドで出店している店も多いのですが、フランチャイズに加盟してスタートすれば、最初から大手ブランドの知名度を利用できるため、非常に有利といえます。

(2)コロナの影響による最近の傾向

近年は新型コロナウィルス感染拡大の影響から、持ち帰りやデリバリーに対応するラーメン屋が増えています。

持ち帰りやデリバリーが拡大したことから、より幅広い層の人々が自宅で気軽に本格的なラーメンを楽しむことができるようになりました。

また、コロナ禍で郊外に移住する方が増えたことから、ラーメン屋も郊外への出店が目立つようになりました。

フランチャイズのラーメン屋経営に向くタイプ

フランチャイズでラーメン屋を始めようと考えている方の中には、どのような人が向いているのかが気になるという方もいらっしゃるかと思います。

どのようなタイプの人が向いているのか説明します。

(1)ラーメンに対する情熱がある人

ラーメン屋で成功するためには、やはりラーメンに対する情熱があることが不可欠です。

フランチャイズの場合は、オリジナルのラーメンを開発するのではなく、本部から提供されたマニュアルに従って調理することになりますが、調理の仕方によって味に差が出るので、お客様に美味しいラーメンを食べていただきたいという情熱を持って取り組むことが大切です。

(2)体力に自身がある人

ラーメン屋の仕事は、仕込みや清掃を含めた拘束時間が長く、見た目以上に体力を必要とします。

ほとんど立ちっぱなしで、大量のスープが入っている重い鍋を持ち上げるなど、力が必要な作業もあるので、足腰にも負担がかかります。

そのため、体力に自身がある人に向いているといえるでしょう。

フランチャイズでのラーメン屋の経営に向かないタイプ

ラーメン屋の経営に向かないのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)衛生面に注意を払えない

ラーメン屋に限らず、飲食店で最も大切なのは衛生的であることです。

店内のテーブルや食器などの衛生面で、お客様に不快感を持たせてしまうと、リピーターは見込めませんし、店の評判が悪くなるおそれもあります。

そのため、ラーメン屋を経営する上では、常に店内の衛生面に気を配り続ける必要があります。

衛生面に注意を払えない人は、ラーメン屋の経営に向いていないといえるでしょう。

(2)人を上手く使えない

お客様に満足してもらうためには、美味しいラーメンを提供するだけではなく、なるべく待たせずにラーメンを提供することも大切なポイントです。

そのためには、限られた人員で効率的に作業を進める必要があるので、ラーメン屋の経営者には人を上手く使う能力も求められます。

人を使うのが苦手だという方には、ラーメン屋の経営は向いていないといえます。

本部選びのポイント

開業後、順調に経営を軌道に乗せて、収益を伸ばすためには、加盟するフランチャイズ本部選びが重要です。

加盟先を選ぶ際、どのようなポイントを重視すべきか具体的に説明します。

(1)集客力が高い

フランチャイズに加盟してラーメン屋を経営する主なメリットは、本部の知名度を利用できるという点です。

固定ファンが多い大手ブランドなら、開業当初から順調に集客することができるでしょう。

そのため、できる限り集客力の高い本部を選ぶことが成功するために重要なポイントとなります。

(2)研修やサポートが充実している

いくら集客力が高くても、収益が上がらなければ意味がありません。

収益を上げるためには、ロイヤリティや原材料の仕入れ額などのコストを把握して、どの程度の利益が出るのかシミュレーションしておくことが大切です。

集客力が高い数社を候補として、利益率を比較しながら選ぶとよいでしょう。

まとめ

非常に競合が多い業種ではありますが、国民食として高い人気を誇るラーメンは今後も安定した需要の高さが見込まれます。

フランチャイズに加盟すれば、未経験者でも比較的容易にラーメン店を開業することができますが、順調に収益を上げるためには、集客力だけではなくロイヤリティなどのコストも確認しながら慎重に本部を選ぶことが大切です。

資料請求や説明会への参加などで積極的に情報収集し、自分に合うフランチャイズ本部を探してみてはいかがでしょうか。

オススメのラーメン屋フランチャイズ企業

  • 株式会社カステロ

    少人数、素人でもできる簡単オペレーション、誰でも美味しいラーメンが作れるよう、工夫しております。【らあ麺もう利】

  • 株式会社アクアプランニングワン(高井田ブラックラーメンわん)

    富山ブラックと高井田ラーメンの融合!「高井田ブラックラーメンわん」


関連掲載企業特集

  1. 【特集】フィットネスジム・パーソナルジムのフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集記事】リペア・修理業のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集記事】ハウスクリーニング・清掃のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. ラーメン屋のフランチャイズ特集