餃子屋のフランチャイズ特集

餃子 フランチャイズ

テイクアウトでも手軽に楽しめる餃子は、幅広い世代から不動の人気を誇る国民食の一つです。

「餃子専門店を開業したいけれど、フランチャイズに加盟すれば初心者でも開業できるのだろうか」などという疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、餃子専門店の将来性やフランチャイズに加盟する場合の本部選びのポイントなどについて解説します。

餃子専門店の将来性とメリット

餃子専門店を開業前する前に確認しておきたいのが将来性です。

コロナ禍で需要が伸びたといわれる餃子ですが、今後も将来的な需要は見込めるのでしょうか。

(1)持ち帰り専門など販売方式が多様化

2020年に起きた新型コロナウイルスのパンデミックは、飲食業界に大きなダメージを与えました。

しかし、餃子は、販売方式が多様な食材です。コロナ禍により、家庭で本格的な餃子が楽しめる無人餃子販売やテイクアウト等が活況で、大きく需要を伸ばしました。

コロナが終息した後も、餃子の人気が廃れるということが考えにくく、将来も安定した需要が見込めるでしょう。

(2)独自オペレーション利用で安定経営に期待できる

餃子専門店を開業する際、知名度が高く評判の良いフランチャイズ本部に加入すれば、それだけで一定の集客が期待できる上、本部のノウハウを利用できるため、開業当初から安定経営できる可能性があります

多くのフランチャイズ本部は、将来に向けたメニュー作りや対策を定期的に行っており、フランチャイズの規模が大きいほど、安定経営や将来の対策などを期待できます。

フランチャイズによる餃子屋に向くタイプ

フランチャイズでの餃子屋開業は、誰もが成功するというわけではありません。

フランチャイズによる餃子屋開業に向いているのは、どのようなタイプの方なのでしょうか。

(1)衛生管理を徹底できる人

餃子屋に限らず飲食業を経営する上で、必ず必要になるのが衛生管理です。

そのため、衛生管理を徹底できる人が向いているといえるでしょう。

店内を常に清潔な状態にしておかなければ、お客様に不潔感を感じさせてしまいます。

餃子のタレなどによる油汚れも発生しやすいので、こまめに清掃を行うことを徹底することが大切です。

(2)コミュニケーション能力が高い人

規模や店舗の広さによっては人を雇う必要があります。

コミュニケーション能力が高いと、従業員も仕事がやりやすく長続きしやすくなります。

またフランチャイズ本部の担当者ともコミュニケーションをとりながら安定経営を目指すためにも、コミュニケーション能力は欠かせない適性です。

フランチャイズによる餃子屋に向かないタイプ

反対に、フランチャイズのカ餃子屋経営に向かないのはどのようなタイプの人なのでしょうか。

(1)オリジナルの餃子で勝負したい人

フランチャイズに加盟して餃子屋を開業する場合、基本的に本部から指定されたメニュー構成で餃子を提供しなければいけません。

オリジナルのメニューを開発して販売することは禁止されていることが多いので、オリジナルの餃子で勝負したいという方はフランチャイズ加盟には向いていないといえるでしょう。

(2)メンタルが弱い

餃子屋に限りませんが、飲食店では、お客様からのクレームなど、さまざまなアクシデントやトラブルが発生する可能性があります。

想定外のトラブルが起きた時も、慌てず落ち着いて対処することが求められます。

アクシデントやトラブルにより、大きなストレスを感じてしまうようなメンタルが弱い人は向かないかもしれません。

本部選びのポイント

開業後、順調に経営を軌道に乗せて、収益を伸ばすためには、加盟するフランチャイズ本部選びが重要です。

具体的にどのようなポイントを重視すべきか説明します。

(1)知名度が高く味の評判も良い本部を選ぶ

知名度が高く、餃子の味の評判も良いフランチャイズ本部を選べば、一定の集客が見込めるので、早期の黒字化や安定経営につながる可能性が高いです。

逆に、知名度が低い本部に加盟してしまうと、集客面で苦労し、黒字化するまで時間がかかり、資金面で苦労する可能性があるため注意が必要です。

(2)本部のサポート体制や調理センターの有無

本部のサポート体制がどの程度整っているかという点も重要なポイントです。

フランチャイズに加盟すると、加盟店料や月々のロイヤリティが必要になります。

ロイヤリティを払っても惜しくないと思わせるほど、サポートが充実している本部を選ぶことをおすすめします。

また、調理センターの有無も比較材料となります。

下ごしらえや商品の準備の手間を省きたい場合は、セントラルキッチン方式で大きな調理センターから加盟店に餃子を提供している本部を選ぶとよいでしょう。

まとめ

餃子は、既に一般の人たちに人気の料理として深く浸透しており、今後も安定した需要が期待できます。

販売方法も多様で、フランチャイズ本部のブランドを利用して開業すると当初から一定の集客に期待ができます。

フランチャイズに加盟すれば、未経験からでも無理なく開業できるので、資料請求や説明会への参加など積極的に情報収集をして、自分に合う加盟先を探してみてはいかがでしょうか。

オススメの餃子屋フランチャイズ企業

  • 株式会社三福ホールディングス

    空きスペースを有効活用できる新たな無人販売「周平の餃子」FC募集!

  • 株式会社Japanplanning

    <最短1年で投資回収!>新たな市場の無人販売「やさしい餃子」FC募集!

  • 株式会社アップラインズ

    餃子世界初金賞など数々の実績!人気餃子店の【生餃子直売所】3モデルが新登場!

  • まな家株式会社

    5年10年続けられる!国民的料理『絶対おいしい生餃子』のテイクアウト専門店。加盟金50万円、個人開業可。

  • 株式会社アストジャパン

    【加盟金0円】【ロイヤリティ0円】【1坪から開業可能】長く愛され続けるブランドをともに作っていただけるパートナーを探しています。 ふくちぁん餃子


関連掲載企業特集

  1. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】ラーメン屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集記事】リペア・修理業のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集記事】コインランドリーのフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. 餃子屋のフランチャイズ特集