カフェのフランチャイズ特集

カフェ フランチャイズ

フランチャイズに加盟してカフェ経営を始めてみたいという方の中には、業界の将来性や経営の適性などが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、カフェ経営の将来性や、向いている人の特徴、本部選びのポイントなどについて解説します。

カフェ経営の将来性

まずは、カフェ経営の将来性について説明します。

(1)今後も一定の需要が見込める

街中には、外資系や大手のカフェが多く、個人経営のカフェを見かける機会は少なくなっています。

大手や外資系のカフェが浸透しており、特に若い女性の間では新商品が発売されるとインスタグラムなどにすぐにアップして宣伝広告の役割を果たしています。

若い女性だけではなく、サラリーマンのちょっとした憩いや、リモートワークの場として利用しているフリーランスなど、幅広い世代の人々が日常的にカフェを利用しています。

大手や外資の資本力や知名度を生かしたフランチャイズ経営は、今後も一定の需要が見込め、将来性も有望だといえるでしょう。

(2)独自のカフェなら差別化が必要

大手や外資系のカフェが浸透しているため、逆に苦戦を強いられるのが個人経営のカフェです。

独自性を生かして大手にはないサービスを提供できれば、個人経営のカフェでも十分生き残れるチャンスはあります。

しかし、資本力を生かし、次々と新メニューを開発し、価格面でも優位性のある大手のカフェに対抗するのは非常に難しいといえるでしょう。

かなりの経営努力によって、独自性と差別化を図らなければ個人経営の場合は生き残るのが難しく、多店舗展開も簡単にできるものではありません。

カフェ経営に向くタイプ

フランチャイズに加盟すると、本部の経営ノウハウや屋号を利用できるため、安定した収益を期待できますが、誰もが必ず成功するとは限りません。

では、どのような人がカフェ経営に向いているのでしょうか。

(1)探求心が強い人

フランチャイズとはいえ他の加盟店との差別化を図らなければ、満足な収益を上げられず、ライバル企業が近くに出店すると、苦境に陥るかもしれません。

ドリンクを提供するスピードや丁寧な接客など、フランチャイズでも可能な範囲内で、よりレベルの高いサービスを提供する必要があります。

そのため、常にレベルの高いサービスを追求する探究心が大切なポイントとなります。

カフェ経営に関して探求心が強く、常にサービスレベルを向上するために努力していると、自然と固定客がつき、安定した経営ができるようになります。

マニュアルに沿った経営だけをするだけではなく、集客や売上アップのための努力を続ける人は、カフェ経営に向いているといえるでしょう。

(2)計画的な運営ができる人

カフェ経営を成功させるためには、常に黒字化を目指し、日々、収益を積み上げていかなければなりません。

そのためにも、将来設計を見据えた計画的な経営が必要になるでしょう。

そのため、計画的に事業を運営できる人もカフェ経営に向いているといえます。

カフェ経営に向かないタイプ

逆に、カフェ経営に向かないのは、どのようなタイプなのでしょうか。

(1)明確な経営方針を持てない

カフェ経営を成功させるためには、明確な経営方針が必要です。

フランチャイズなので経営に関するノウハウは本部が提供してくれますが、本部が提供するノウハウ通りに従うだけで成功するとは限りません。

明確な経営方針を持たずに、ただマニュアル通りの経営を行っていると、収益も頭打ちになってしまい、いずれ収益が減少するかもしれません。

フランチャイズに加盟する場合でも、自分なりの明確な経営方針を持てない人は、カフェ経営に向いていないといえるでしょう。

(2)コミュニケーション能力が乏しい

カフェ経営では、ほとんどの場合、自分一人だけではなく他の従業員を雇用して経営することになります。

従業員とのコミュニケーションがうまく取れていないと、辞める人が多くなってしまい、従業員が定着せず、経営に支障をきたす場合もあります。

また、コミュニケーション能力は接客にも欠かせない能力なので、コミュニケーション能力が乏しい人はカフェ経営に向いていないといえます。

フランチャイズ本部選びのポイント

フランチャイズに加盟してカフェ経営を始める際、フランチャイズの本部選びは重要なポイントとなります。

どのような点を重視して選べばよいか説明します。

(1)サポート体制の充実度

サポート体制が充実しているかどうかという点は、非常に大きなポイントになります。

開業前と開店後に、どのような研修やサポートを受けられるかをしっかりと確認しましょう。

特に、カフェ経営が未経験でノウハウを十分に持っていないという場合は、疑問点については事前に質問し、ご自身が必要とするサポートを受けられるか十分に確認することが大切です。

(2)出店するエリアに対するコンセプト

フランチャイズ本部によっては、加盟店料稼ぎのためにやみくもに出店しているケースもあります。このような本部を選んでしまうと、加盟店同士で競合して経営に支障が出てしまいます。

加盟店が出店するエリアに対し、本部に明確なコンセプトがないと、開業当初から売り上げに苦戦するかもしれません。

安定した経営をするためには、エリアに対する需要を分析して売上が見込めるエリアに出店を認めるなど、明確なコンセプトを持っているフランチャイズ本部を選ぶことが大切です。

まとめ

幅広い年齢層の人に人気のカフェは、今後も安定した需要が見込める業種だといえます。

フランチャイズに加盟すれば、本部の経営ノウハウや知名度を利用した集客ができるため、未経験者でも安定した収益を得られる可能性があります。

充実した研修制度やサポート体制を整えているフランチャイズ本部も多いので、資料請求や説明会への参加など、情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

オススメなカフェのフランチャイズ企業

  • ALBATZ株式会社

    日本初上陸の世界的コーヒーブランド!初年度ロイヤリティー0円!店舗形態を自由に選んで自分に合うカフェ経営が可能!【KADATUAN KOFFIE JAPAN】

  • 株式会社タビノネ

    空きスペースを活用して話題のコーヒースタンドの開業 MAMEBACO

  • 株式会社MONSTERS

    【デリバリーだけでも最高月商382万!】人気の「ハワイアンカフェ+複数デリバリーブランド」の二刀流も可能!

  • 株式会社サンパーク

    貴方の街に香味鮮度を感じる自家焙煎“寛ぎの空間”を作りませんか?髙木珈琲


関連掲載企業特集

  1. 【特集記事】ハウスクリーニング・清掃のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  2. 【特集】ピザ屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  3. 【特集】デリバリー・移動販売業のフランチャイズ特集のコピー.jpg
  4. 【特集】ラーメン屋のフランチャイズ特集のコピー.jpg

今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. 掲載企業特集一覧
  3. 業種特集ピックアップ
  4. カフェのフランチャイズ特集