フランチャイズとのれん分けの違いとは?

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ のれん分けの違い

有名なブランドを取り入れて開業する方法として、フランチャイズとのれん分けがあります。独立した事業者が開業するのに活用される方法がフランチャイズであり、従業員が独立するのに役立つ方法がのれん分けです。

フランチャイズとのれん分けでは制約やロイヤリティなどが異なり、それぞれメリットとデメリットがあります。社会人が独立するのに使える2種類の開業方法の比較を見ていきましょう。

2種類ある開業方法の特徴と違い

原則として企業の商標やノウハウなどを活用して商売するのは不可能です。もし商標を無断で利用すると商標法に違反します。また競合他社にノウハウを与える企業はほとんどいません。

ですがルールを守ってコストを支払うことで、本部のノウハウや商標を利用して開業できます。一般的な開業方法として活用されるのがフランチャイズとのれん分けの2つです。これらの開票方法にはどのような特徴や違いがあるのか、簡単に解説します。

(1)のれん分けとは何か?

のれんとは飲食店や公衆浴場などの店先にあり、お店の屋号やマークが付いた布を意味します。店舗で長年働いた社員に、屋号を活用して独立することを許可するのがのれん分けです。お店の経営者がのれん分けにより従業員の独立を許可する理由は、のれんを将来の世代に継承していくため。ノウハウや技術をもった社員であれば、独立させてもお店のイメージを損なう可能性は少なくなります。

契約により関係を結んでいないから、開業後に仕入れや経営方針を独自に決めることが可能です。サービスを提供するのに技術を要する飲食店や小売店などの開業にのれん分けは適しています。

(2)フランチャイズとは何か?

本部から経営ノウハウや商標、仕入れ先などの情報を共有されつつ開業できるのがフランチャイズです。有名な企業のブランドやノウハウを利用できるから、集客して売上を増やしやすいことが特徴です。

商標やノウハウを提供する本部をフランチャイザーと呼び、受け取る側をフランチャイジーと呼びます。フランチャイジーはサポートされてもらう対価として、ロイヤリティを支払う仕組みです。

お店で長年働かなくても、フランチャイズ契約によりお店を開業できるのがポイント。小売やサービス、飲食といったさまざまな分野で開業できて、技術力がなくても独立できます。

(3)フランチャイズとのれん分けの違いとは

フランチャイズとのれん分けにおける最大の違いは本部と加盟店の信頼関係です。のれん分けでは今まで働いてきた従業員に独立させるため、ノウハウを共有しなくて済むメリットが本部にはあります。

お店を営業するための流れを理解して働いていれば、接客態度やサービスの提供について指導する必要性は少ないです。信頼関係があるから制約が少なくても問題が起こりにくい特徴もあります。

独立した事業者と契約するフランチャイズの場合、お店で働いた経験がないから研修や制度などが必要です。ブランドイメージを損なわないために、加盟店側には厳しいルールがいくつも課せられます。

信頼関係が低いため加盟店の裁量権が少なくなるのがフランチャイズの注意すべきポイント。のれん分けのほうが信頼性が高い分、本部からのサポートが減って自由度が大きくなることを知っておきましょう。

フランチャイズとのれん分けを比較

「具体的な項目ごとにフランチャイズとのれん分けを比較して検討したい」と考える人もいるはず。開業方法として役に立つフランチャイズとのれん分けでは、次の6項目において違いがあります。

  • 最適な業界と業種
  • 本部と加盟店のつながり
  • 事業活動のルール
  • 本部の収益源
  • 加盟店の事業投資と収益源
  • 契約解除のしやすさ

これらのポイントからフランチャイズとのれん分けの比較を見ていきましょう。

(1)最適な業界と業種

フランチャイズは大半の業界で活用できる開業方法であるのに対して、のれん分けは技術が必要な業種に適しています。業種の経験年数が方法によって異なるため、最適な業界や業種も異なるのです。

今まで業界を経験したことがない社会人や素人を対象としたフランチャイズの場合、商品を販売する小売や飲食業、サービスといった業界に最適です。ノウハウを共有することでスムーズにお店を開業できます。

既に長年お店で働いた人を対象とするのれん分けの場合、サービスを提供するのにスキルが必要な専門店や飲食店が最適です。技術があるから開業した後も品質の高いサービスを提供できます。フランチャイズが幅広い業界に対応している一方で、のれん分けは技術が必要な業界に最適なのが特徴です。

(2)本部と加盟店のつながり

フランチャイズとのれん分けでは関係性が強く、開業方法によって制約が異なる特徴があります。例えばフランチャイズの場合は本部が提供するチェーン名称を表に出して、加盟店の事業者が表に自社の名前を出しません。

複数の加盟店が横のつながりを持つことを許可している本部もいれば、加盟店同士でのつながりを禁止する本部もいます。事業に関わる商品や機器全てにブランドを適用しているのがフランチャイズのポイントです。

のれん分けでは本部と開業した事業者との関係は強いですが、事業の制約は多くありません。のれんを引き継ぐことが目的だから、ブランドイメージを統一する必要がないのです。のれん分けした事業者が増えれば、のれん会などの組織が作られて組合ができる場合もあります。本部と加盟店のつながりはどちらも強いですが、制約の多さで異なるのです。

(3)事業活動のルール

フランチャイズとのれん分けでは事業活動するうえでのルールが大きく違います。フランチャイズは加盟店に対する規制が強く、フランチャイジーはマニュアルに従ってお店を経営することが必要です。

商品の仕入れ先が決まっている本部もありますし、他者の商品やサービスを扱うのが制限されていることも多くあります。フランチャイジーが本部のブランド力を使うためのコストは大きいです。

のれん分けの場合は開業した事業者に対する規制や統制は少なく、商品やサービスを変更しても問題がありません。のれんにキズが付くのを防げるならば、自由に事業活動することが許可されています。マニュアルやルールによって厳しく規制されるフランチャイズと、比較的自由に事業活動できるのれん分けでは、事業者の裁量権が大きく異なるのがポイントです。

(4)本部の収益源

フランチャイズのほうがのれん分けよりも本部の収益性が高い特徴があります。フランチャイズでは加盟店に対してサポートを提供するために、フランチャイジーは対価を支払うことが必要です。

例えば商標やノウハウを提供するときに加盟金や開業指導費、開業前研修費などを本部は受け取れます。加盟店が営業することで利益を増やせば、ロイヤリティとして売上の一部を貰えるのです。

のれん分けでは本部と開業する事業者と契約しないため、加盟金やロイヤリティの支払いが発生しません。もし事業者が本部から仕入れる場合、本部が取引手数料を受け取れる場合があります。契約を結んでいるフランチャイズのほうが、のれん分けよりも本部の収益源が多いところがポイントです。

(5)加盟店の事業投資と収益源

事業者がこれから開業する場合、開業方法によって支払う必要がある事業投資額は異なります。例えばフランチャイズ契約を結んで開業する場合、次のような投資や支出が発生するのです。

  • 本部の経営店と同じ事業を始めるための設備投資
  • 事業に必要な店舗を設置する物件の確保に関連した投資
  • 本部に対する加盟金や保証金などの支払い
  • 売上から発生するロイヤリティの支払い

これらの費用を支払うことで、加盟店は事業を経営して利益を得られます。のれん分けの場合は自分で資金を用意して独立し、自身で事業を経営することで利益を稼ぐものです。

加盟店のサポートとしてフランチャイズでは店舗の貸出や資金調達の援助などがあります。従業員が本部から独立するのれん分けでは、功労金や退職金により開業しやすくなるでしょう。

(6)契約解除のしやすさ

事業者が開業した後に事業をやめる場合、本部との契約を解除することが必要です。フランチャイズでは解約するために条件を達成する必要があり、途中で契約を解除することは難しいこと。

もし契約を解除できたとしても、物件を入居前までの状態に戻す回復義務や競業避止義務が発生して手間がかかります。競業避止義務があると自分で同業種の事業を起こすことが不可能です。

のれん分けには契約がないため事業をやめやすいですが、信頼関係が厚いため関係性を解除するハードルは高いこと、どちらの開業方法においても契約解除はしにくいことを知っておきましょう。

開業方法によるメリットとデメリット

「のれん分けとフランチャイズ、どちらの方法で開業すれば良いのか分からない」と悩む人もいるはず。それぞれの開業方法におけるメリットとデメリットを見て検討しましょう。

(1)のれん分けのメリットはリスクの少なさ

のれん分けではお店を開業するために3年から10年以上の間、本部のお店で働き続けることが必要です。十分に技術やノウハウを身につけてから独立するから、フランチャイズよりもリスクが少なくなります。

(2)のれん分けのデメリットは開業のしにくさ

フランチャイズに比べて開業に必要な期間が長く、すぐに独立したくても不可能であるのがのれん分けのデメリットです。本部に認められるまでは労働者として働き続ける手間がかかります。

(3)フランチャイズのメリット

加盟金やロイヤリティなどを支払うことで、有名な商標やノウハウを活用したお店を開業できるのがフランチャイズのメリットです。サポートを受けながら経営できるから、未経験者でも安心してお店を開けます。

(4)フランチャイズのデメリット

のれん分けに比べて本部に支払うコストが大きく、事業活動に対して制約が大きいのがフランチャイズのデメリットです。自身の経営方針でお店を経営するハードルは高く、本部に従って営業する必要があります。

まとめ

のれん分けは従業員が独立するための開業方法であり、フランチャイズは事業者が本部のブランド力を活用して開業するための方法です。メリットやデメリットを考慮したうえで、自分に最適な開業方法を選びましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズとのれん分けの違いとは?2つの開業方法を比較