儲かるフランチャイズ業種とは?販売戦略も合わせて解説

カテゴリー : FCコラム

近年はフランチャイズによる独立開業を検討・実行する風潮が拡大してきています。

会社勤めをしても思ったような報酬を得られないとか、働いた分の報酬が欲しくて独立を考える人が増えてきているのが背景です。

このような中、起業10年後の生存率が10%程度といった厳しいデータもあります。

事前に想像していたようには多くの起業者が仕事を得られず、想定した売上をあげられないのです。この要因だけにとどまらず、想定外の様々な経費も生じてきます。

独立起業に対して厳しい現実がある一方で、フランチャイズ開業には複数の強みや事業の進めやすさも存在します

そこで今回はフランチャイズと儲かるということについて、フランチャイズが儲かりやすい根拠や販売戦略などに触れながら解説します。

フランチャイズが儲かりやすい根拠

フランチャイズが儲かりやすい根拠として、次の点が挙げられます。

(1)屋号やブランド化した商品名を使える

独立開業が困難なのは、自社名や自社商品をブランド化して有名にするのが難しいからです。

オープン当初はオープンセールなどで幾分か客足はあるものの、自社商品の浸透は容易ではありません。

フランチャイズはこの点、屋号や商品名がそれなりに知られている傾向があります。

会社や商品によっては、全国規模で有名になっていたり、フランチャイズ元が自社商品の商標登録を取得していたりする場合もあります。

ある程度の知名度を既にもっている屋号や商品名を使えるのは、フランチャイズが儲かりやすい一因です

(2)ノウハウが確立されている

独立開業というのは、開業から運営まで様々な手順や作業が発生する傾向があります。

例えばお客様に来ていただくタイプの業種では、好ましい立地探しや取得で一苦労するケースも少なくありません。

このようなケースでも、地域の不動産事情やノウハウが本部にデータで蓄積されていて、担当の営業マンが要領のよい方法を教えてくれたり手助けしてくれたりする場合があります

他にも販売戦略や連絡方法など、随所にオリジナルのノウハウが導入されている会社もあります。

(3)本部の営業マンが支援してくれる

フランチャイズには、本部の営業マンや担当者が様子を見るため定期的に加盟店を訪れる会社があります。

その際に困ったことや不明点などを聞けば、その場で何らかの方法を教えてもらえたり、担当者が帰社後に確認してから解決策を提示してもらえたりする場合があります

儲かるフランチャイズ業種

儲かるフランチャイズ業種の一例を紹介します。

(1)ハウスクリーニング業

ビルや会社などが自社の掃除を依頼することはもちろん、一般家庭も掃除を依頼するケースが増えてきています。

夫婦共働きで多忙な世帯が増えていて掃除時間の確保が難しい点に加え、水回りやエアコンなどもリーズナブルな価格できれいにできるという点で需要が増えてきています

(2)パソコン教室

学校教育におけるプログラミングをはじめとしたパソコン教育の普及や、ITスキルがあると就職活動の際に仕事が決まりやすいなどの背景から、パソコン教育の需要は高まってきています

ホームページやスマホアプリの作成など幅広い教育内容に対応できることがカギの一つです。

(3)農業

地方創生において農業の進展は非常に重要であり、農業もまた人材不足の業種といえます。フランチャイズビジネスとしては、近年盛り上がりつつある業種です。

元々IT企業であった会社が農業フランチャイズを行っているところもあり、農業の管理方法などにIT技術が活用され便利になってきています。

充実した研修があるところもあり、未経験者にも取り組みやすいよう配慮されています。

(4)介護

少子高齢化は着実に進んでいて、介護サービスはなかなか需要に追いつけていない現状があります。

このような事情により、介護業務経験者はもちろん未経験者においても需要が衰えないことが今後も見込まれる業種です。

大きく儲かるとは言いにくいですが、経済情勢にあまり影響を受けずに安定した収入が期待できる業種といえます。

(5)コインランドリー

夫婦ともに何かと忙しい昨今、洗濯は帰る前に済ませたいと考える人が少しずつ増えてきています。

コインランドリーは、家で面倒な洗濯作業をするのがきついという高齢者にも利用されてきています。

機械の性能が上がり、仕上がりが高品質になっている点も重宝される要因の一つです。

常駐する必要がないため副業として行うこともでき、本業以外にも資金を充てるゆとりがある自営業者におすすめの業種といえます。

上記は儲かる業種の一部で、他にもリペア業やフィットネスジム業なども近年盛り上がってきている業種です。

フランチャイズで儲かるための難点と対応方法(宣伝方法含む)

フランチャイズで儲かるために重要なポイントと対応方法を解説します。

(1)市場調査の重要性

フランチャイズ会社がついてくれるとはいえ、加盟希望者による市場調査は重要です。

市場調査となると調査項目をあれもこれもと加えたくなりがちですが、調査項目が増えれば費用も上がります。

100サンプルで50,000円から100,000円程度が見込まれますが、100サンプルではフランチャイズ会社の担当者を説得するには数が十分とは言い切れません。

数百サンプルから1000サンプルを、予算内で済ませる必要性があります。

まずは自社内で長時間話し合い、複数の市場調査会社に問い合わせて自分たちの希望に合ったところを分析することが重要です。

(2)緻密な販売戦略(宣伝方法)が必要

フランチャイズ元がある程度の販売戦略をもっていても、加盟者独自の試行錯誤は重要です。

販売戦略ではまずホームページか、ホームページに代わるWebサイトをもつことは大切です。

フランチャイズ元が大規模でSEO施策がなされたホームページをもっているなら、加盟店一覧のページに自店を掲載してもらえれば一つの大きな誘導になります。

もし自分独自のサイトをもちたいと思えば、安いケースなら5万円程度でそれなりのサイトの作成も可能です。

ほかにもポスティングやフリーペーパーへの掲載も有効です。

ポスティングは自社で行うにしても外注するにしても、自社のターゲット層がどのあたりに居住しているのかを把握してから行うことがポイントの一つといえます。

このためには役所が公開する住民情報の利用もコツの一つです。

また店舗やサービスが繁盛して儲かるためにはリピーターの獲得が不可欠ですが、そのためにはよい品揃えはもちろん、スタンプカードや特典などの付加価値も重要といえます。

フランチャイズ本部の規定に制限され思ったような付加価値をつけられない可能性もありますが、できるだけ付加価値をつけたいものです。

そして時には客を装って、競合店の視察をすることも効果的です。

(3)事業を安定して進められるか否か

従業員を雇う場合は、従業員をうまく管理できるかが事業を安定して進めるための一つのカギとなります。

よい管理方法の一つは、従業員の要望や意見などを随時聞いてなるべく実行していくことです

もしフランチャイズ元会社に従業員教育係がいれば、相談はもちろん従業員の教育を依頼することもおすすめです。

(4)税金対策

事業でそれなりの利益を上げれば納税する必要があります。

この時に節税対策を考えても、素人が多少インターネットや書籍で調べる程度ではうまくいきません。

ですが前もって腕の高い税理士に相談して、事業計画や節税対策を考えておけば、なるべく多くのお金を会社へ残せる可能性が高くなります

加盟を希望するフランチャイズ会社の選び方

フランチャイズで儲けるためには、どのようなフランチャイズ元を選ぶべきかを解説します。

(1)経営状況が安定している

加盟先のフランチャイズ会社において経営状況が安定しているかは非常に大切です。

例えば準備完了して今からまさに開業するといったようなタイミングで、まさかの加盟先会社倒産といった事態が起きると悲惨です。

決算の読み方をある程度自分でも勉強し、できれば加盟先会社の決算状況を確認しておくことがおすすめといえます

(2)相性

仮に自分が経験のある業種で参入しようと考えても、仕事の進め方が合わないとうまく事業を進められないケースもあります。

開業方法や業務の進め方については、加盟希望会社の担当者と念入りに話し合っておくことが重要です。

(3)バックアップや研修など

特に自営業が初めての場合、業務そのものはもちろん、事業の運営において慣れない段取りや作業が生じる傾向があります。

このような事態のために、様々なバックアップや研修を実施してくれるフランチャイズ会社があります

例えば業務で便利なスマホアプリの紹介と使い方の説明に加え、実際の運用事例を示してくれるところもあり、このような支援は大変有益です。

成功する(儲かる)ための開業時の注意点

フランチャイズで成功するために、開業時において注意したい点を解説します。

(1)立地に注意

上記でも触れたようにお客様に来ていただく業種では、立地は重要事項の一つです。

立地に加えて、自分より販売力が高い競合店が近所に開業する見込みがないかも重要ですが、明確な情報は入手しづらいでしょう。

ですがフランチャイズ元の情報取得力が高ければ、情報を取得できる可能性もあるため、フランチャイズ元に聞いて確認しておくことがおすすめです。

他にも自社物件の近くの似たような物件に開業しそうな兆しはないか、人の出入りや物件の変化などを確認しておくこともポイントといえます。

(2)契約を急ぎすぎない

特に自営業が初めてだったり交渉に慣れていなかったりする場合、フランチャイズ会社の担当者のペースで契約締結や初期費用納入へと誘導されるパターンも生じます。

契約内容や契約条件などを一つ一つ、一言一句まで注意深く把握することはもちろん、できれば自営業の経験者や士業者にみてもらうことがおすすめです。

まとめ

ここまで、儲かることとフランチャイズについて述べてきました。

押さえておきたい点は、フランチャイズが儲かりやすい根拠と儲かる業種、そしてフランチャイズビジネスの難点と対応方法です。

開業の前にいろいろと考えて緻密な事業計画を作り、儲かりやすいフランチャイズビジネスで成功できるよう、ポイントを復習してみるとより役立つでしょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. 儲かるフランチャイズ業種とは?販売戦略も合わせて解説