フランチャイズパッケージとは何か?

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズパッケージ

「どのような仕組みによりフランチャイズで事業を行えるのか分からない」と思う人はいるはず。加盟店はフランチャイズパッケージを本部から受け取ることで、ブランドやノウハウを用いた事業活動ができます

フランチャイズ契約をして事業を行うのであれば、本部が提供するパッケージが問題ないかチェックすることが重要です。フランチャイズパッケージの意味や内容を具体的に解説します。

フランチャイズパッケージとは

フランチャイズ契約を結んだ加盟店が対価を支払うことで利用できるのがフランチャイズパッケージです。パッケージにはビジネスモデルやノウハウなどが含まれていて、事業活動をサポートしてくれます。

本部がフランチャイズパッケージを提供する理由は、加盟店が事業で失敗することを防ぐためです。事業を拡大するには加盟店の安定した経営が必須であり、効率的にサポートするのにパッケージが活用されるのです。

もしフランチャイズパッケージがなければ、加盟店が安定して経営するのが難しくなります。業界や商品に対する知識や業界経験のない事業者が黒字で経営するハードルは高いです。

経営が不安定だと生活が厳しくなり、加盟店の売上を増やすのも難しくなります。事業拡大に必要な加盟店の経営を安定化させるためにフランチャイズパッケージは存在するのです。

(1)パッケージに含まれる要素

フランチャイズパッケージに含まれる要素は本部によって違いはありますが、共通している要素もあります。パッケージに共通して含まれる要素は次の3つです。

  • フランチャイズ本部のブランド名や商標を事業で利用するための権利
  • 本部が提供する商品の生産や加工の方法、販売ノウハウを利用する権利
  • 加盟店が本部から経営サポートや資金の支援を受けるための権利

他にも本部が経費を立て替えるオープンアカウント制度や加盟店の顧客を保証する本部もいます。フランチャイズパッケージの要素が多ければ、加盟店は安定した経営を実現しやすくなるでしょう。

(2)パッケージを得るための費用

加盟店がフランチャイズパッケージにより事業のサポートを受けるには、対価を支払うことが必要です。一般的な対価としては加盟時に支払う加盟金や売上から引かれるロイヤリティがあります。

フランチャイズとして有名なコンビニの場合、加盟金として200万円から300万円ほどの資金を支払う必要があります。大手コンビニチェーンの商標やノウハウを活用するには多額の対価が求められるのです。

無店舗で経営できる宅配ドライバーや飲食配達の場合、加盟金は0円から100万円程度となります。加盟金が0円であっても、ロイヤリティや高額な仕入れ値により本部はサポートの対価を受け取れるのです。

フランチャイズパッケージを事業で活用するために、加盟店は本部に対価を支払う必要があることを知っておきましょう。

(3)パッケージライセンスという契約形態もある

フランチャイズパッケージと似たような形態としてパッケージライセンスがあります。本部が加盟店に対して商標や自社商品、設備などを提供するのがパッケージライセンスです。

パッケージライセンスには本部からの経営サポートや仕入れの制限がなく、フランチャイズよりも自由度が高い特徴があります。飲食業を行うのにパッケージライセンスは最適です。

加盟者の裁量権は大きいですが加盟店の経営や運営に対するサポートはなく、開業した後は経営を自分で成り立たせることが必要、ブランドが廃れて売上が下がるのを防ぐために、新ブランドを開発する手間もあります。

加盟店に対する規制が弱い一方で、事業に対するサポートが少ないのがパッケージライセンスの特徴です。業界経験や経営ノウハウを考慮したうえで、自分にあった契約形態を選ぶことを勧めます。

フランチャイズパッケージの具体例

「具体的にどのような要素がフランチャイズパッケージに含まれているのか分からない」と悩む人はいるかもしれません。加盟店に対するサポートが手厚い場合、次のような要素がパッケージに含まれています。

  1. ノウハウの提供
  2. 商標使用権の提供
  3. 売上などの会計業務の代行
  4. 顧客保証
  5. 顧客データや品質の管理代行
  6. 商品やシステムの開発代行
  7. カスタマーサービスの提供

それぞれの項目を具体的に説明します。

(1)ノウハウの提供

加盟店が顧客に質の高いサービスを提供するにはノウハウが必要です。ノウハウがなければ利用者に対してのサービスが悪くなり、結果としてブランドやお店のイメージを下げる可能性があります。

本部は加盟店が適切に事業活動できるよう、販売や経営といったさまざまな面におけるノウハウを提供します。商品の陳列方法や資金繰りの改善方法など、本部が実際に活用するノウハウを共有してくれるのです。

実際に活用されているノウハウを取り入れることで、加盟店の質が向上して売上を伸ばしやすくなります。フランチャイズパッケージには事業をするうえで重要なノウハウが含まれているのです。

(2)商標使用権の提供

多くの人々が知っているブランドは無名のブランドに比べて、馴染みがあり信頼性が高い傾向があります。加盟店は本部が保有するブランドを活用することで、集客しやすくなるのです。

例えばコンビニを開業する場合、自分でブランドを作り出しても普及させるのは難しいこと。大半の人たちは既に知っているコンビニチェーンを利用する可能性が高く、自社ブランドを作成しても集客しにくいです。

顧客を集客できなければ商品を売ることもできず、いつまでも売上が増えにくいデメリットがあります。集客して売上を伸ばすために、フランチャイズに加盟して商標使用権を利用することが重要です。

(3)売上などの会計業務の代行

一部のフランチャイズでは加盟店の経費を立て替えるオープンアカウントを活用している本部が存在します。毎日売上を送金する手間がありますが、資金繰りを気にしなくて済むのがメリットです。

もし加盟者自身で売上を計上して経費を支払う場合、資金が不足した時に資金調達の手間がかかります。手続きせずに資金を用意しなければ、給料未払いなどのトラブルが発生するのです。

金銭関係でトラブルが発生すれば、お店を経営し続けるのは難しくなります。本部に売上や請求といった会計業務を代行してもらうことで、金銭トラブルを容易に防げるのがポイントです。

(4)顧客保証

配達ドライバーやハウスクリーニングといった顧客が比較的少なく、加盟店が利益を獲得するハードルは高いです。加盟店が安定して売上を獲得するために、特定の業界では顧客保証を提供する本部が存在します。

顧客保証があることで加盟店は利益の獲得を心配する必要が少なくなり、自身の事業に専念しやすくなるのが特徴です。もし顧客保証されないと顧客に営業する時間が多くなり、サービスの質が低下しやすくなります。

本業よりも営業の時間が大きくなれば、知識や技術が身につけにくくなり、質の高いサービスを提供するのは難しくなるのです。加盟者のスキルを高めるために顧客保証は最適ですね。

(5)顧客データや品質の管理代行

コンビニや小売業では加盟店の顧客データや商品の品質データを本部が集めて、サービスの質を代行で管理しています。管理代行によって顧客層に合わせて最適な商品を提供できるのがポイントです。

加盟店が顧客層や商品の品質を管理しなくても、質の高いサービスを提供し続けられるメリットがあります。

(6)商品やシステムの開発代行

流行や時期の変化によって顧客のニーズは変わり、取り扱う商品を入れ替えることが売上を増やすのに重要です。フランチャイズでは商品の開発を本部が代行して担当しているところが多く存在します。

加盟店が新ブランドを開発しなくても、ノウハウやデータを保有する本部に商品開発を任せられるのがメリットです。また加盟店が効率的に経営するためにシステムを代行で開発する本部もいます。

事業活動するための商品やシステムを本部に任せることで、安定して営業を続けられるのが強みです。

(7)カスタマーサービスの提供

コンビニチェーンや飲食店では顧客の要望を集めるために、本部がカスタマーサービスを提供している傾向があります。本部が顧客のクレームなどを集めて、加盟店に改善指示するのが一般的です。

加盟店が顧客の要望やクレームを集める必要がないから、事業に集中できるのがメリット。本部にカスタマーサービスを任せることで、お店の営業やサービスの提供に注力できます。

フランチャイズで成功するには?

フランチャイズにより本部から提供されるサポートの内容を本記事で解説しました。フランチャイズパッケージの中身を知ると「結局、どうすればフランチャイズで成功できるのか理解できない」と思うこともあるはず。

これからフランチャイズで開業することを検討している人のために、フランチャイズで成功するためのポイントを3つ解説します。

(1)加盟によるメリットが明確であること

本部とフランチャイズ契約を結ぶことで、加盟者にしっかりとしたメリットを受けられることが重要です。たとえ儲かりそうなフランチャイズ契約であっても、ロイヤリティや製薬といったデメリットが大きければ意味がありません。

説明会や契約書などでメリットが明確に確認できるフランチャイズを検討しましょう。

(2)顧客から支持されるFCを選ぶこと

フランチャイズによっては知名度が高くても、顧客から支持を得られていないところがあります。信頼性が低いフランチャイズでは売上が伸びず、加盟店にとって経営が安定しにくいのがデメリットです。

ニュースや評判などでブランドに対する支持を確認しておき、顧客から支持されるフランチャイズを選びましょう。

(3)興味がないFCを選ばないこと

自分が事業に対して興味がなければ、お店を経営し続けるのは難しくなります。フランチャイズ契約は数年以上の長期であるため、自分が興味のある業種を選ぶことがオススメです。

まとめ

フランチャイズパッケージは加盟店に対して提供される本部のサポートを意味します。商標権や経営サポートといった要素が含まれていて、パッケージにより安定して事業活動できるのが特徴です。

フランチャイズに加盟するときはサポート内容を確認しておき、加盟するメリットが大きいところを検討しましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズパッケージとは何か?意味や内容を具体的に解説