フランチャイズの実情や将来性とは?これから伸びる分野を解説

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ  これから

「フランチャイズで独立したいけど、将来性があるのか不安に思う」

「実情やこれから伸びる分野を知っておき、開業するときの参考にしたい」

終身雇用制度の維持が難しい現代では、お店を開業して経営者になりたい人は多くいるでしょう。フランチャイズにより未経験でもお店を経営できるようになり、自分の収入を増やしていくことは可能です。

今ではさまざまな業種のフランチャイズがあり、社会の動向によって伸びる分野もあります。この記事ではフランチャイズの実情や成長分野について詳しく解説します。

フランチャイズの実情とは

フランチャイズは事業活動をする本部と事業主が契約して、商品やノウハウ等を共有する仕組みです。営業するために必要なものを用意できて、独立するハードルが下がるメリットがあります。

自分1人で店舗を経営するのは簡単ではなく、失敗するリスクが大きいです。ノウハウがなければ顧客満足度の低下に繋がりますし、売る商品がなければ利益を得られません。

フランチャイズ契約により店舗を開業すれば、本部からサポートされながらお店を運営できます。本部に依頼するだけでノウハウや商品を用意でき、スムーズに店舗を経営できるのが特徴です。

また、ブランド力を持ったフランチャイズ本部も多くあり、加盟することで消費者の集客効果に期待できます。今では多くの業界でフランチャイズの仕組みが導入されている傾向です。

(1)さまざまな分野でFC化が進む

従来ではコンビニや飲食店といった店舗をフランチャイズで開業するのが主流でした。お店を経営する加盟者が増加していくことで、今ではいろんな場所にショップやカフェなどがあります。

今では介護・サービス業等でもフランチャイズを推し進める傾向があり、スムーズに開業できる分野の増加が顕著です。例えば宅配や便利屋といったサービス業の分野でFCに加盟できます。

(2)ノウハウがなくても経営しやすい

分野の拡大によりフランチャイズ加盟店を求める会社は以前よりも増えました。少しでも加盟者を増やすために、フランチャイズ店舗の経営者を手厚くサポートする会社は一定数います

例えば店舗の開業前に加盟者研修等を提供して、ノウハウを学ばせてくれる会社も多いです。また、既に営業しているお店で働いて、実務経験により経営スキルを身につけられる仕組みもあります。

店舗を経営した後もスーパーバイザーとの面談により、お店の改善点や課題点を把握することが可能です。たとえ業界未経験であっても、サポートにより店舗を経営しやすいのがメリットといえます。

(3)本部を厳選することが重要

開業資金があれば誰でもフランチャイズ店舗を開業できますが、本部選びには注意が必要です。不適切な本部を選んでしまうとサポートがなかったり、独立で失敗したりするリスクがあります。

お店の経営が成功しやすい本部を選ぶには、説明会等で契約内容や収益モデルを確認することが重要です。また、ロイヤリティや開業資金等のコストを見て、経営に悪影響を及ぼさないか検討してみましょう。

既に開業しているフランチャイズ店舗を訪問して、接客態度や店内の状況を確認するのもオススメです。店員の対応や店舗の清潔感に問題があれば、加盟を見送ったほうがよい場合もあります。

店舗の経営で失敗しないために、フランチャイズ本部を厳選することがポイントです。

フランチャイズの成長分野とは

少子高齢化や共働きといった社会動向がある今では、便利なサービスを提供する分野が消費者から求められています。これから成長する見込みがあるフランチャイズ分野は次の7つです。

  1. 介護サービス
  2. ベビーシッター
  3. 訪問マッサージ
  4. 宅配サービス
  5. ハウスクリーニング
  6. リサイクルショップ
  7. フィットネス

それぞれの分野について詳しく解説します。

(1)介護サービス

日本では少子高齢化によって高齢者の数が増える傾向があります。厚生労働省の「今後の高齢者人口の見通しについて」によると、2025年には65歳以上の高齢者人口が3,657万人まで増加する予測です。

足腰が不自由になりやすい高齢者は介護が必要になり、介護サービスの需要は高まっていきます。フランチャイズで介護サービスを始めることで、将来性のある分野で独立できるのが特徴です。

例えばフランチャイズ業界のデイサービスとしてコンパスウォークがあります。デイサービスだから介護する負担が少なく、個別化されたリハビリにより顧客満足度が高いのがメリットです。

(2)ベビーシッター

共働き世帯が増えた現代では子どもを施設に預けることができず、悩んでいる夫婦は多く存在します。フランチャイズでベビーシッターをすることで、悩める人たちの子育てを支援することが可能です。

例えば全国保育サービス協会に認定されたマザーグースは、ベビーシッターとして働けるオーナーを募集しています。プロからノウハウを学べて、未経験でも安心して仕事をできるのがメリットです。

オーナーには金額が大きい団体保険や割引チケットを利用できる福利厚生があり、自治体の割引制度を利用できます。子育てに興味がある人はベビーシッターを検討してみることがオススメです。

(3)訪問マッサージ

高齢化が進む社会では自宅から外出するのが難しい人たちが増えています。フランチャイズには訪問サービス分野もあり、加盟することで外出が困難な高齢者を支援できるのが特徴です。

例えば訪問医療マッサージのみんなの笑顔治療院であれば、エリアに制限されることなく事業活動できます。初期費用やロイヤリティの価格は低く、制服等の購入義務はありません。

マッサージを担当する先生を複数人雇っても月額2万円で済み、個人で経営するよりもコストを削減できるメリットもあります。店舗を増やしても追加費用が発生しない点も魅力です。

既に120人以上のオーナーが開業して、250以上のフランチャイズ店舗でサービスを提供しています。多店舗経営により自分の収入を大きく増やしたい人に訪問サービスはオススメです。

(4)宅配サービス

インターネット通販等により物流量が増えた今では、宅配サービスを提供するオーナーが社会から求められています。無店舗で働けるところが多く、開業資金が他業種よりも安いのが特徴です。

例えば株式会社フリックスなら大手物流会社の荷物を各配送先へ配達します。東証一部上場企業との取引多数!開業当初の売上保証制度や、日払い・週払い制度など、未経験からでも安心して始められる環境が整っています。

開業から3ヶ月間は、運んだ荷物の個数に関わらず日額1万8000円の売上保証あり。開業当初、荷物の個数が伸びない方でも、生活資金が確保できるので、ドライバー業に専念していただくことができます。

未経験の方にもおすすめです。

(5)ハウスクリーニング

高齢化や共働きにより暮らしのサポートが求められる今では、業者によるハウスクリーニングも普及し始めています。フランチャイズにより少ない開業資金で清掃業として独立することが可能です。

例えば内部配管の洗浄に特化したクリーンパートナーであれば、未経験からでも低いハードルで開業できます。研修により清掃方法を学べて、開業にかかる費用は100万円未満と少なめです。

範囲を特化していることで競合が少なく、後から開業した人でも依頼を受けやすいのがメリット。「なるべく少ない開業資金でフランチャイズに加盟したい」と考える人にオススメです。

(6)リサイクルショップ

断捨離やシェアリングエコノミーにより、中古品を売買できるリサイクルショップの需要は増えています。リサイクルショップは小売業や飲食業とは異なり、仕事の内容がシンプルであるのが特徴です。

例えば買取業者として有名なブランドリバリューの場合、店舗拡大を成功したノウハウを活用してお店を経営できます。買い取った商品は即日で換金でき、在庫リスクが少ないのがメリットです。

研修により査定の基本や顧客対応を学べて、査定で困ったときは本部がサポートしてくれます。飲食店に比べて必要な開業資金は少なく、リスクを抑えて開業したい人に最適です。

(7)フィットネス

病気やケガにより健康を意識する人が増えている世の中では、運動できるフィットネスジムが普及しています。道具があれば少人数で運営できて、人手不足を対策できるのが特徴です。

例えば月額3,000円のアッティーボジムであれば、開業することでブランドによる集客に期待できます。ジムに特化しているから月会費を抑えやすく、リピーターを集めやすいのがメリットです。

マシンの選定やオープン準備は本部がサポートしてくれて、店舗の売上はツールにより簡単に管理できます。開業資金は高額な傾向ですが、健康をサポートするために開業したい人にオススメです。

有望なフランチャイズを見つけるには

「どうせフランチャイズ店舗を開業するなら、将来有望な分野を選びたい」と思う人は多くいるでしょう。フランチャイズを検討するときに知っておくべきコツは次の3つです。

  1. 社会動向や流行から需要をみる
  2. 初期費用に注意する
  3. 疑問点を本部に質問する

それぞれのコツについて簡単に解説します。

(1)社会動向や流行から需要をみる

基本的に消費者からの需要が高いほど売上は伸びる傾向があり、需要を分析するために流行や社会動向をチェックすることは重要です。

例えばSNSでタピオカが人気になれば、販売しているタピオカドリンクが売れやすくなるものです。テレビやインターネットでニュース等を見て、世の中の動向を定期的に確認しておきましょう。

(2)初期費用に注意する

フランチャイズで開業するには分野で初期費用が異なり、費用が高くなればリスクも大きくなります。実際にフランチャイズを申し込む前に、開業時にかかる初期費用を把握しておきましょう

(3)疑問点を本部に質問する

興味のあるフランチャイズがあり、分からないことがあれば本部に質問することが重要です。質問に対する本部の対応を見ることで、サポートの質や信頼性を推測できます。

まとめ

以上、フランチャイズの実情や将来性とは?これから伸びる分野について述べてきました。需要に合わせて商売するのが売上を増やすコツであり、将来性のある分野を選べば経営で成功しやすくなります。記事で紹介した分野を参考にして、有望なフランチャイズを探してみましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズの実情や将来性とは?これから伸びる分野を解説