フランチャイズの実情や将来性とは?これから伸びる分野を解説

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ  これから

新しいビジネスを始めるにあたり、選択肢の一つとなるのがフランチャイズに加入することです。

「フランチャイズで独立したいけど、将来性があるのか心配不安に思う」

「現在の状況や実情やこれから伸びる分野を知っておき、知って開業するときの参考にしたい」

このように思われる方も多いかと思います。

では、フランチャイズでは、どのような業界が今後成長していくのでしょうか。

現在の社会情勢からみた成長が見込まれる分野や、将来性のあるフランチャイザー(加盟先)の選び方を紹介します。

フランチャイズの仕組みと現在の状況

フランチャイズは、ブランドを運営する本部と各店舗(事業主)が契約を結び、それぞれのブランドの支店のように営業するビジネスモデルです。

本部は出店資金や人件費を抑えることができ、加盟者はブランドの知名度を利用した事業運営が可能です。

フランチャイズの仕組みを利用すると、売上面や開業の費用面で新規開業のハードルが大きく下がるため、独立の手段として注目を集めています。

新規事業が直面しやすい「知名度の低さ」「売上の伸び悩み」などの問題もクリアしやすく、ゼロから開業するより有利にビジネスを始められることが、支持を集めている理由です。

現在では、さまざまな業界でフランチャイズの仕組みを採用しており、多くの企業が事業規模の拡大に利用しています。

(1)開業のハードルが低く独立の手段として検討する人が多い

加盟する事業者側がフランチャイズを利用するメリットの一つが、ゼロから自分で事業を始めるより、開業のハードルがぐっと低くなることです。

【事業主がフランチャイズを利用する利点】

  • 経営計画の作成や店舗の選定など開業準備をサポートしてくれる
  • ブランドの知名度を利用できるため、早い段階から安定した収益を見込める
  • ブランド本部の販促施策で売上を伸ばすことができる
  • ゼロから商品やサービスの開発をする必要がない

このほかにも、加盟者を募集するために事業運営中のサポートを手厚くしているブランドも多いです。

売上減少時の本部担当者の相談支援や人材教育のための研修、基礎的な経営ノウハウの提供など、その内容は多岐にわたります。

こうしたさまざまな面で、フランチャイズオーナーとしての開業はメリットが大きいのです。

(2)加盟するフランチャイザーを慎重に選ぶことが重要

フランチャイズには、所定の開業資金があれば誰でも加盟できます。

ただし、加盟先のブランドは慎重に選ばなければなりません。

ブランドの知名度や印象が店舗の売上に直結しますし、売れる商品・サービスを開発できるかという点も重要です。

売上に直接つながる部分以外にも、サポートの充実具合やロイヤリティの金額も必ず確認しましょう。

説明会などでは見えにくい実態を知りたい場合、既に開業しているフランチャイズ店舗を訪問して、接客態度や店内の状況を確認するのもおすすめオススメです。

複数の店舗を見て回り、スタッフや店舗の様子に不安があれば、店員の対応や店舗の清潔感に問題があれば、加盟を見送ったほうがよい場合もあります

(3)さまざまな業界でFC化が進行中

従来、フランチャイズの仕組みは、主にコンビニや飲食店といった限られた業界で利用されていました。

しかし、本部側・加盟店側の両方にメリットがあることが周知されるにつれ、さまざまな業界で事業拡大の方法としてフランチャイズが採用されるようになりました。

現在では、小売・飲食・サービス業など、多くの業種でフランチャイズ化が進んでいます

フランチャイズビジネスで成長が期待される業界

少子高齢化や共働き世帯の増加といった社会的な背景から、主に暮らしの負担を軽減できるサービスを提供する業種の成長が見込まれています。

具体例として、以下の業種が挙げられます。

  1. 介護サービス
  2. ベビーシッター
  3. 訪問マッサージ
  4. 宅配サービス
  5. ハウスクリーニング
  6. リサイクルショップ
  7. フィットネス

それぞれの分野業種について詳しく解説します。

(1)介護サービス

今後、特に需要の伸びが見込まれているのが介護関連業です。

日本では少子高齢化によって高齢者の数が増加する見通しです。

内閣府の公表しているデータによると、2025年には人口のうち3,677万人が高齢者となる「超高齢化社会」が到来するとされています。

これによって介護サービスの需要も増加することが予想されます

掲載中の加盟店募集を見てみる

(2)ベビーシッター

共働き世帯の増加という社会的な背景から、ベビーシッターの需要も増加が見込まれます。

子供を保育園に預けられない世帯のためのシッターサービスのほか、事情があって集団のなかで過ごすことが難しい子供や、病児を対象としたサービスもあります

フランチャイズのベビーシッターはで、仕事を通して社会貢献もできる事業です。

「子供が好き」「人助けのできる仕事がしたい」といった人にもおすすめです。

(3)訪問マッサージ

高齢化が進行するにつれて自宅から外出するのが自宅からの外出が難しい人たちがも増えてきいます。

こうした層に需要が見込まれるのが、訪問マッサージ業です。

フランチャイズとして開業することで、外出が困難な高齢者を支援できるのが特徴です。

また、健康保険の対象サービスであれば、収入が安定していることもメリットとなります。

訪問型のマッサージ業であれば、店舗も必要ないケースが多いです。

物件にかかる維持費を節約できる点も、開業のハードルが下がっている理由といえます。

掲載中の加盟店募集を見てみる

(4)宅配サービス

インターネット通販等により物流が発達した今、宅配サービスは生活になくてはならないインフラの一種となりました。

フランチャイズでも、宅配サービスを個人で提供するオーナーが募集されています。

宅配サービスの特徴として、無店舗で開業できるところが多く、開業資金が他業種と比較して低水準な点が挙げられます

社会的な需要が大きいため仕事も途切れにくく、安定した収入が期待できる業種です。

掲載中の加盟店募集を見てみる

(5)ハウスクリーニング

高齢化や共働き世帯の増加により暮らしのサポートが求められている社会背景から、業者によるハウスクリーニングも普及し始めています。

フランチャイズでは、比較的少ない開業資金で清掃業として独立することが可能です。

一般的な家の清掃のほか、配管やエアコンなどスポット清掃に特化したところもあります。

一般的な清掃であれば特殊なスキルが必要ないことも多く、参入が容易な点がメリットです。

また、出張でのサービス提供がメインとなるため、店舗を用意する必要がないケースも多いです。

掲載中の加盟店募集を見てみる

(6)リサイクルショップ

断捨離やシェアリングエコノミーの発展により、中古品を売買できるリサイクルショップの需要は増えています。

リサイクルショップは、小売業や飲食業とは異なり、主な仕事はの内容「買い取り」「販売」となるため業務内容はがシンプルです。

ブランド品など査定の知識が必要となるビジネスでは、フランチャイズ本部による研修が用意されていることが多いです。

取扱商品に応じて「総合リサイクルショップ」「専門リサイクルショップ」の二種類に分かれ、得意分野があれば生かすことができます。

古物商の許可が必要となるため、店舗や倉庫は必須となります。

ただし、倉庫を最小限の規模にして、インターネット通販に絞るなどの工夫をすることで、維持費を抑えることも可能です。

掲載中の加盟店募集を見てみる

(7)フィットネス

リモートワークの広がりや高齢化社会の進行に伴い、健康の維持に対する関心が高まっています。

フランチャイズでは運動ができるフィットネスジムが注目を集めており、成長中です。

フィットネスジムのメリットは、場所と設備道具があれば少人数で運営できて、人員をあまり必要としないことです。

なかには完全無人で経営しているジムもあります。

店舗や設備が必要なため、初期費用は高くなりやすいですが、需要が根強く、安定した収益が期待できるビジネスです。

掲載中の加盟店募集を見てみる

これから成長が見込まれるフランチャイザーを見つけるポイント

「どうせフランチャイズ店舗を開業するなら、将来有望な分野を選びたい」と思う人は多くいるでしょう。

加盟先フランチャイズを検討するときには、以下の3点を知っておきましょう。

  1. 社会動向情勢や流行から需要をみる
  2. 初期費用と売上を伸ばす仕組みを確認初期費用に注意する
  3. 本部の対応をチェックする疑問点を本部に質問する

それぞれのコツについて簡単に解説します。

(1)社会動向や流行から需要をみる

基本的に消費者からの需要が高いほど売上は伸びる傾向があり、需要を分析するために流行や社会情勢動向をチェックすることは重要です。

例えばSNSでタピオカが人気になれば、販売しているタピオカドリンクが売れやすくなるものです。

ただし、短期的なトレンドに便乗した場合、長期的なビジネスとしては成立しない場合もあります。

長期的な世の中の流れと、昨今の流行を総合的に判断し、息の長いビジネスを模索することが大切です。

各メディアや情報をチェックし、アンテナを広く張っておきましょう。

(2)初期費用と売上を伸ばす仕組みを確認する

フランチャイズビジネスを始めるには、どのような業種でも少なからず初期費用が発生します。

「初期費用が高い=悪い」というわけではありませんが、挑戦するなら投資を回収できる仕組みが用意されていることが前提です。

自己資金や融資でまかなえる初期費用か、その後どのような方法・どのくらいの期間で回収できるか注意しましょう

(3)本部の対応をチェックする

加盟を検討しているブランド本部の対応を確認してみることもおすすめです。

疑問点を細かく質問し、丁寧に対応してくれるかどうか確認してみましょう。

サポートの質や、信頼性を確認できます。

もし、細かい質問を嫌がる、具体的な回答を避けるといった不誠実な対応が見られる場合、加盟は見合わせて他のブランドと比較してみることをおすすめします

まとめ

フランチャイズオーナーとしての開業を検討しているのであれば、伸びる業界・伸びるブランドを選んで開業することが一つの選択肢となります。

やりたい仕事を選んで開業するのもよいですが、業種・ビジネスによって売れやすさや自分に適しているかは異なるためです。

社会情勢や流行を見越して選ぶのはもちろん、パートナーとして信頼できる加盟先かどうかも確認しつつ、加盟の可否を検討してみてください


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズの実情や将来性とは?これから伸びる分野を解説