最新のフランチャイズとは?業界の動向やトレンドのお店を紹介

カテゴリー : FCコラム

「従来にはなかった新しい分野のフランチャイズで開業してみたい」

「フランチャイズの最新動向や流行の業界が気になる」

最近ではさまざまな企業が加盟店を展開するため、フランチャイズで開業できるお店の種類が増えています。無店舗型やサービス業も多くあり、店舗経営のハードルは下がっている傾向です。

この記事ではフランチャイズの最新動向や、開業したい人にオススメの最新フランチャイズを紹介します。

最近のフランチャイズにおける状況

これからフランチャイズで開業を検討している人は、業界の収益性や将来性を知っておくことが重要です。儲けにくい業種を選んでしまうと、利益が増えずに失敗してしまうリスクが高まります。

フランチャイズに対応した業界は、主に「サービス業」「飲食業」「小売業」の3種類です。それぞれの業界における最新の売上状況や店舗数などを見てみましょう。

(1)サービス業の全体売上が増加

少子高齢化や健康志向により、サービス業に対する需要は高まっています。フランチャイズ・ショーの業種別FCトレンドによると、2017年のフランチャイズにおけるサービス業の売上は1.2%上昇しています。

参考:https://messe.nikkei.co.jp/fc/column/market/139079.html

例えばサービス業の一種であるフィットネスの場合、業界全体の年間売上が2011年から2017年で約250億円も増加しました。売上に比例して店舗数も300店ほど増えています。

サービス業界では小規模な業態が認められるようになり、昔に比べてフランチャイズで開業しやすくなったのがポイントです。少ない自己資金で開業したい人にオススメの分野といえます。

(2)飲食業もチェーン数・売上が増加

ハンバーガーや居酒屋、カフェなどの飲食業も店舗数や売上高は増えている傾向です。2017年の飲食業におけるフランチャイズ全体では、売上高が前年比1.9%も増加しました。

特にハンバーガーチェーンにおける売上高の増加が8%以上と大きく、その他チェーンは1%以上の売上増となっています。最近では、おひとりさまやランチの需要をついた焼肉店も増えている状況です。

一時期は売上が伸び悩んでいた飲食業ですが、今では全体の売上高は回復しています。「自分で料理を提供して人々に笑顔を届けたい」と思う人に飲食業はオススメです。

(3)小売業は1店舗当たりの売上が減少

コンビニなどの小売業界においては、2017年度の全体売上は前年比で1.9%も増加しました。しかし、同じく店舗数も9年間連続で増加している事情があり、1店舗あたりの売上は減少傾向です。

例えば、コンビニ業界の1店舗あたり売上高は2016年から2018年で5万円ほど下落しています。ただ、客単価は2013年から増加しているため、集客次第では高い売上高を見込めます

他業種に比べてロイヤリティが高い分、本部のサポートが手厚いのがコンビニチェーンの特徴です。店舗経営や独立に不安をもつ人は、フランチャイズでコンビニを開業するのがオススメです。

オススメの最新フランチャイズ7選

「世の中に広まっていない最新のフランチャイズを知りたい」と思う人は多くいるでしょう。競合が少ない新しいフランチャイズならば、高い収益性や集客率に期待できます。

開業を検討しているあなたにオススメの最新フランチャイズは次の7つです。

  1. 日本で初めて!業務に特化した遺伝子分析「idenMe」
  2. 社会貢献と同時に高収益!「在宅医療リハビリマッサージ」
  3. 低リスクで開業できるリラクゼーションサロン!「もみの匠」
  4. 業界で初めての歩行訓練ができるデイサービス「コンパスウォーク」
  5. 狭いスペースでスタートできるサイドビジネス「コーティング専門店Glation」
  6. ガンコな汚れに強い!驚きの商品力「ビカンテック」
  7. 千葉が拠点の介護・福祉タクシー「ハッピーハートグループ」

それぞれのフランチャイズにおける特徴を詳しく解説します。

(1)日本で初めて!業務に特化した遺伝子分析「idenMe」

人々の遺伝子を分析することで、健康や美容などの分野にサービスを提供しているのが「idenMe」です。サッカーJリーグやボクシング世界王者などのスポーツ業界に導入された実績が多数あります。

代理店としてフィットネス企業や消費者に「idenMe」を販売するだけで、利益を増やせるのが特徴です。粗利益率は30%から70%とかなり高く、他業種よりも儲けやすいメリットがあります。

集客ノウハウの共有や営業サポートがあるから、商品が売れるか不安な人でも安心です。サービスを提供して人々の健康や美容を支援したい人にオススメのフランチャイズです。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0804/

(2)社会貢献と同時に高収益!「在宅医療リハビリマッサージ」

身体を動かすのが難しい高齢者や障がい者に向けて、訪問リハビリマッサージを提供するのが日本メディカルケアのリハビリマッサージです。資格や知識がない人でも問題なく事業を始められます。

自宅や施設に訪問するサービスだから、店舗を持たずに開業できるのがメリットです。医療保険が適用されるため利用者の金銭負担が少なく、リハビリマッサージは継続して利用されやすいです。

また、ほとんどの利用者は定期治療を受けるため、契約数が増えれば安定した利益を見込めます。パソコンや車などの仕事道具は私物を活用でき、約50万円で開業することが可能です。

これから高齢者が増えていく現状では、リハビリの需要も大きくなる見通しがあります。「コストを減らして収入を増やしたい」と希望する人に、在宅医療リハビリマッサージはオススメです。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0695/

(3)低リスクで開業できるリラクゼーションサロン!「もみの匠」

幅広い世代の人たちから利用されるサービスとしてリラクゼーションサロンがあります。もみの匠は60分2,980円という破格のサービスを確立して、多くの利用者から人気を集めている店舗です。

コストパフォーマンスが高いことで70%以上のリピート率を達成し、安定した利益に期待できるのが特徴です。オープンから3か月間はロイヤリティが無料であるため、投資資金を改修しやすいメリットもあります。

1か月間の研修プログラムによりノウハウを学べるため、業界未経験でも開業に不安を感じる必要はありません。店舗物件の取得やスタッフ募集なども手厚くサポートしてくれます。

長時間労働などストレスを溜めやすい現代では、リラクゼーションを求める人は多く存在するものです。人々に癒しを提供できるフランチャイズ分野を検討している人にもみの匠はオススメです。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0716/

(4)業界で初めての歩行訓練ができるデイサービス「コンパスウォーク」

身体を動かすのが難しい高齢者に向けて、リハビリに特化したデイサービスを提供しているのがコンパスウォークです。理学療法士による個別リハビリにより高い満足度を実現しています。

半日型のデイサービスを確立することで、職員やスタッフの労働負担が少ないのが特徴です。開業前から開業後までのサポート体制が手厚く、運営や技術面の支援を利用できます。

今後、人口の30%以上が高齢者になる可能性が高く、デイサービスの需要はこれから大きくなる見通しです。「お年寄りのために質の高いサービスを提供したい」と考える人にコンパスウォークを勧めます。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0740/

(5)狭いスペースでスタートできるサイドビジネス「コーティング専門店Glation」

自宅のデスクで始められるフランチャイズがコーティング専門店Glationです。スマホや腕時計にブルーライトカットなどの効果があるコーティングをする仕事であり、少ない労力で働けます。

開業資金の目安は15万円から60万円ほどであり、資金力のない人でも開業しやすいのが特徴です。加盟店には物損保険が適用されるため、高額なアクセサリーの施工リスクを本部が負担します。

施工時間は10分と短く、副業やサイドビジネスとしてお店を経営することも可能です。「負担が少なくて収益性の高いビジネスを始めたい」と考える人にコーティング専門店はオススメです。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0758/

(6)ガンコな汚れに強い!驚きの商品力「ビカンテック」

住宅や公共施設などの汚れを特殊洗剤でハウスクリーニングするサービスがビカンテックです。特殊洗剤を使うだけでクリーニングできるため、特別な資格やノウハウは必要ありません。

自宅を事業所として開業できて、100万円程度の安い開業資金で始められるのがメリットです。ロイヤリティは無料であり、受注が決まった後に必要な分だけ掃除道具を仕入れることができます。

施工回数のノルマは決まっていないため、本業の合間に働くことも可能です。「とりあえずサービス業でフランチャイズを始めてみたい」と考える人にビカンテックを勧めます。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0031/

(7)千葉が拠点の介護・福祉タクシー「ハッピーハートグループ」

身体の不自由な高齢者や障がい者向けの移動手段を提供しているのがハッピーハートグループです。病院や転院時の移動をサポートするのが介護タクシーの仕事内容です。

後期高齢者が増えていく国内では、介護タクシーの需要が高まっています。特に平日の午前中や昼頃には利用者からの依頼が殺到して、既存のタクシーだけでは対応できないことも。

少子高齢化の現代では新規参入も少なく、介護タクシーの提供により業界での優位性を得られます。開業時には認可申請や車両登録などのサポートがあり、本部が開業希望者をバックアップしてくれるのが特徴です。

参考:https://fc-kamei.net/brand/0787/

フランチャイズ店舗の開業で成功するコツ

本記事ではオススメの最新フランチャイズを7つ紹介しました。これからフランチャイズ店舗を開業して儲けるためには、次のようなコツを参考にすることが重要です。

(1)将来性のある分野を選ぶ

世代の増減や利便性の向上により、これから需要が高まる分野はいくつもあります。時代の流れによって現れる課題点やニーズを考慮して、将来性のある分野を選びましょう

(2)少ない資金で長く経営

一般的に少ない資金で経営できる店舗のほうが、黒字になりやすくなる傾向があります。無駄なコストや負担をなるべく減らして、短期間で倒産しないよう注意しましょう

まとめ

最近ではサービス業や飲食業の売上が伸びていて、小売業は1店舗あたりの売上が減っています。儲けたい人は競合が少ない最新のフランチャイズを検討することがオススメです。

デイサービスや介護タクシーといった分野であれば、少子高齢化による需要増に期待できます。儲けられなくて失敗することを防ぐために、将来性のある分野を選んで開業しましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. 最新のフランチャイズとは?業界の動向やトレンドのお店を紹介