フランチャイズ加盟は1人でもできる?実現のための業種や段取り

カテゴリー : FCコラム

ここ数年はフランチャイズビジネスにて、1人での独立開業を目指す人が増えてきています。会社勤めをしていてもなかなか給料が上がらないとか、終身雇用制度が少しずつ崩れつつあるといった背景があります。

そして自分自身が1人経営者として事業を営むということは、多くの人が一度は夢見る目標です。

1人経営者としての独立開業は、実現はもちろん事業運営も容易なことではありません。ですが先見性と段取りの進め方次第では、フランチャイズという形で十分実現可能な目標ともいえます

そこで今回はフランチャイズと1人での独立開業ということについて、1人でのフランチャイズ独立開業に向く業種や開業の段取りなどに触れつつ解説します。

1人でのフランチャイズ開業に向く業種

(1)ハウスクリーニング業

近年、成長産業の一業種として知られるようになりました。安いケースでは、自己資金実質ゼロ円から120万円程度でのフランチャイズ加盟も可能というところがあるほど参入しやすい業種でもあります。

本部による技術研修やITシステムを駆使したお客様紹介などのバックアップにより、業務そのものに集中しやすい傾向もあります。

(2)リペア業

節約志向から多少故障しても新品を調達するより修理して使うという風潮のもと、リペア業のニーズが伸びてきています。

初期費用としては60万円程度から250万円程度が見込まれ、フランチャイズの初期費用としては比較的リーズナブルといえます。自己資金ゼロ円から加盟が可能なところもあります。店舗を構えずに自宅開業にすれば、家賃の分が浮きます。

(3)パーソナルジム

昨今の健康ブームにより、パーソナルジムも盛り上がってきています。加盟金がゼロ円や比較的自由度の高い運営形態があるなど、参入しやすい状況です。Web宣伝広告やトレーナーのフォローアップなどといったバックアップも見込めます。

目標とする体型作りやダイエットのためはもちろん、疲労回復目的での需要も出てきています。日経トレンディーヒット予測で3位にランクインしたこともあるほどです。

(4)ネットショップ

パソコンとインターネット設備に加えて売る商品さえあれば、即日でも始められるという手軽さがあります。会社員として勤めている人も副業から開始可能なのが利点です。

ですが素人のケースでは、最初から月の売上が10万円~20万円に達するのは期待しにくいです。すぐに売れるような、何か高価で人気がある物を持っているようなケースは別ですが。

パソコン調達から始めて、様々なノウハウをもっているフランチャイズ元へと本格的に加盟する場合、初期費用が30万円程度という安価なところもあります

上記の4業種はあくまで一部で、他にも家事代行などといった業種もあります。

自分1人でフランチャイズのビジネスをするメリット

(1)収入が上がりやすい

簡潔にいえば、1人経営者の場合は売上から業務にかかった経費を差し引いた分がそのまま自分の収入となるわけです

会社勤めをしていると、「給料の3倍から5倍の売上を上げろ」という言葉があるほど仕事と売上を求められます。それなりに働いたつもりなのに、会社の景気などでボーナスや月給の減額などといった事態も起こるのです。

(2)時間の使い方が自分の裁量となる

会社勤めをしていると、基本的には会社規定で出勤し勤務時間内は会社で仕事となります。

そのため、上司やお客様の都合で1時間や2時間待たされるという状況が少なくありません。待っている間に同僚などと何かプラスになる話ができるケースはまだよいですが、考えごとをしながら待っているだけという時もあります。

このような時は、「今日こなしたかった業務ができなかった、今日は残業だ」となりがちです。これに対して自分1人でフランチャイズのビジネスをする場合、お客様に待たされなければ時間を効率的に使える傾向があります。

このように、自分の都合と判断で時間を使えるという点もメリットです。

(3)スタッフ管理の手間がかからない

従業員を雇うと、シフト作成や給料計算などといった管理業務が発生します。業務の手間がかかるだけならまだよいですが、時には従業員にまつわるトラブルが生じることもあります。

例えば、ある従業員が遅刻や無断欠勤をしがちというトラブルなどです。悪いケースでは、従業員間にケンカなどが起きるということすらあり得ます。

従業員のいない1人経営では、このようなトラブルで煩わされることはほぼありません

(4)60歳や65歳を過ぎても仕事と収入がある

昨今、年金の事情はますます複雑になってきています。国会議員や厚生労働省があの手この手で措置をとっていますが、なかなか明るい展望が見えにくいのが現状です。

こうした状況の中でも自分の商いを確立することができれば、一般的にいわれる定年の時期を過ぎても潤いのある生活をできる可能性が高まります

単独でフランチャイズを開業する段取り

(1)フランチャイズ元へ問い合わせ

まずは気になるフランチャイズ会社へ問い合わせて、説明会への出席や資料入手などで事業内容を理解します。パソコンによるオンライン形式で説明を受けられるところもあります。

(2)面談

面談では、フランチャイズ元の担当者と詳しい話をします。話す内容は例えば、現状の仕事状況やどれくらいの収入を希望するかなどといったことです。単独でのフランチャイズ開業を目指している旨を伝え、フランチャイズ元の担当者の考えや見解を聞きます。

(3)交渉

次のようなことを交渉します。

  • 加盟・開業にかかる費用を、自己資金でどれくらい準備できそうか
  • いつくらいに開業を希望するか
  • 開業場所と物件はどこにするか
  • 業務を進める形態はどのようにしていくのか
  • どのようなビジネス戦略なのか

(4)契約締結と初期費用の納入

契約書に署名捺印して契約に合意します。加盟金や保証金が必要な場合は初期費用を納入します。

(5)開業準備

店舗を構える場合は店舗を準備し、道具が必要な場合は道具の調達といった段取りをして開業の準備をします。

(6)開業と開業届の提出

交渉や準備などが終わると、晴れて開業が実現します。開業の際に大事なものが、開業届の提出です。

開業したばかりの時は、やっと念願の開業を実現できたことで高まった気持ちや多忙などにより忘れてしまいがちです。開業届の提出は開業後1か月以内と定められているので、忘れずに提出することが重要です。

(7)失業保険の扱い

会社勤めを辞めてフランチャイズを開業する場合は、失業保険の段取りも必要です。このケースでは失業保険を受給するのではなく、再就職手当の確認と手続きとなる点に注意しましょう

フランチャイズビジネスを1人でこなす難点とコツ

(1)思うとおりに仕事をとれるか否か

1人で独立するかどうかに関わらず、独立開業において最も難しい部分の一つは、仕事を取ってきて売上をあげられるか否かという点です。

対策法の一つとして、可能ならばある程度費用をかけて市場調査をしておくことがあります。自分が考える業種に対してどの程度の需要が見込まれるのかを見極める判断材料の一つになるからです。

(2)事務業務なども1人でこなす必要がある

領収証の整理や帳簿付けなどといった事務業務も、基本的に1人で処理していく必要があります。特に、決算処理は手間がかかる複雑な作業ため大変です。

(3)大きな仕事を受注したい時

自分自身のみで事業を運営する時は、大きな仕事で困ったり悩んだりする場合もあります。

対象の仕事をこなす技術はあるものの、自分一人ではお客様が希望する期間内に終わらせるのが難しいと予想される場合です。ですが、せっかくの仕事なので受注したい気持ちもあります。

このようなケースでは、別のフランチャイズ加盟者に呼びかけて一緒に取り組むという方法もあります。しかし、別のフランチャイズ加盟者が手を貸してくれるとしても、自分が想定した通りのペースや質で業務をこなしてくれるかどうかは懸念材料です。

(4)融資

銀行などの金融機関から融資が必要となった場合、融資申請書や決算書はもちろん、融資申請のための事業計画書が必要なケースがあります。

融資申請のための事業計画書には高精度な書類が必要です。このような時には、事業計画書の代行業者に依頼することが一つの手段といえます。

宣伝・広告の方法(販売戦略)

(1)ホームページ

会社や事業家は自社サイトをもっていて当たり前と考えられるほど、ホームページは重要な広告方法の一つです。

ホームページがなかったり正しく表示されなかったりするだけで、ビジネスの候補から外れることさえあります。作成を業者に頼む場合、安ければ数万円から10万円程度で作成が可能です。

(2)ポスティング

ホームページにSEO施策を施していない場合は、ホームページ以外にも外部に知ってもらうための宣伝ツールが必要です。

この方法の一つがポスティングですが、1人経営ではなかなかこのポスティングまでは手が回らない傾向があります。このポスティングにも代行業者がいるので利用がおすすめです

(3)フリーペーパー

フリーペーパーへの掲載も、外部に知ってもらうための有効な宣伝広告のひとつです。フリーペーパー会社は複数あるので、幾つか問い合わせて自分が意図したデザインをなるべく希望に沿った段取りで掲載してくれるところがおすすめといえます

まとめ

ここまで、1人でのフランチャイズ開業について述べてきました。押さえておきたい点は、1人でのフランチャイズ開業に向く業種の内容や、1人で開業をこなす難点やコツなどです。

脱サラしての開業では、失業保険の段取りも重要です。深く考えずに受け取っていると、不正受給としてペナルティを受ける可能性があります。様々な要素を熟慮しつつ、自分に望ましいフランチャイズでの1人開業を実現なさってください。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズ加盟は1人でもできる?実現のための業種や段取り