フランチャイズ開業で銀行から融資を受けることは可能?融資をスムーズに通すための方法

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズビジネスでは、開業時を含む複数のタイミングで、数十万円から100万円単位での大金が必要になる場合があります。

新しい機械の導入や店内の改装時などに、ある程度まとまった費用が必要になるといった事情からです。

加盟者が自己資金を用意すれば、フランチャイズ会社が資金を準備してくれるところもあります。

一方、資金提供を受ける当てがない場合は、銀行などといった金融機関からの融資が必要となりますが、特に銀行からの融資を受けることは容易ではありません

今回はフランチャイズと銀行融資について、銀行融資を申請する流れや、フランチャイズで融資が必要になるタイミングなどに触れながら解説します。

フランチャイズ開業での銀行融資は難しい傾向

(1)審査ポイント

銀行融資で審査されるポイントとして、直近の業績や返済力(方法)の提示などが挙げられます。まず開業の時点では、事業業績を示せません。

自己資金以外に事業売上で生じた返済財源で示す返済力(方法)の提示もできません。

そして、事業の将来性やビジネスとしての実現性などの説得材料も求められますが、開業時にこれらを示すことも困難です。

(2)他力本願と解釈されてしまう可能性がある

オーナーはフランチャイズへの加盟を許可されたという思いから、銀行融資の申請時に「フランチャイズ本部からは認められました」という旨の発言や態度を取ってしまう可能性があります。

これでは自分としては意図しない部分で、「融資や返済に対してあなた自身の覚悟や責任を負う気構えはないということですか?」と銀行から解釈されかねません

フランチャイズで銀行融資を申請する流れと難点

(1)銀行融資を申請する流れ

①銀行選び

銀行融資というと、融資を受けたいという思いから、申請する側が銀行に対して低姿勢に出る腰必要があるという意識があるかもしれません。

ですが、申請する側にも申請先を選ぶ権利はあるという意識も大切です。

金利はもちろん、経営方針や融資方針から自分の希望に沿っている銀行はどこなのかを分析して選択することが第一です。

②融資申請と審査

必要書類を準備して、融資申請の段取りを行います。主な必要書類は次の通りです。

  • 会社の登記簿謄本や印鑑証明書
  • 決算書や事業計画書などといった経営状況を把握できる書類
  • 融資の用途を説明する書類
  • 借入状況の一覧
  • 納税証明書

③融資可決

融資の審査を経て融資が可決され、実際に融資を受ける運びとなります。

(2)銀行融資の難点

①高精度な書類を作成できるか否か

融資申請時に提出する書類には損益計算書や事業計画書などがありますが、これらの書類を銀行の融資課を説得できるよういかに高精度に作成できるかが難点の一つです。

特にフランチャイズに加盟した時の事業計画書と、銀行への融資申請時の事業計画書とでは、作成内容が異なってくる場合があります。

事業計画書の作成に慣れていない場合は、書類の作成だけで一苦労することも予想されます。

書類作成にそれなりの時間を確保できればよいですが、多忙なフランチャイズ業務を進めながらの書類作成はハードとなります。

各種書類の作成は、税理士などそれなりの知見をもっている士業者に指導を受けながら作成できれば望ましいです。

②銀行にタイミングを合わせられるか否か

一般的に銀行融資は、3月・9月・12月の時期に審査が通りやすい傾向があります。銀行は自身の決算時に融資の実績を作りたいからです

この時期に融資申請の話が自然に進むよう、銀行側とフランチャイズ本部との調整も必要になってきます。

つまり、融資の話に矛盾点やひっかかる点がなく、ごく自然な話の流れで融資を申請できることが望ましいです。そのためには、前もった事業計画性が必要です。

③銀行と日頃から接触をもてるか否か

日頃から何らかの形で銀行と接触をもって信頼関係を作れるか否かもポイントとなります。

手軽にできるのは、自分の普通・定期預金口座を対象の銀行にもつ方法です。

さらに効果的な方法として、容易ではありませんが融資課の担当行員と日頃から接点を持てるとよいでしょう。特に融資可決のキーマンとなる役職者だと望ましいです。

開業後、銀行融資が必要になるタイミング

(1)新しい機械の導入

今使っている機械が壊れたり、新商品の製造に新しい機械が必要になったりする場合などに融資が必要となります。

(2)事業拡大

新店舗の出店や別事業への参入時などにも、まとまった費用が必要になる傾向があります。

(3)経済事情が苦しくなってきた

思ったように仕事を取れないため、売上が芳しくなく経営状況に陰りが見えてきた時にも融資が必要になります。

ですが「経営が厳しくなってきたので、お金を貸してもらえませんか?」という理由では、銀行から融資を可決されることは非常に難しいです。

売上が下がってきて経営状況の雲行きが怪しいということは、倒産の可能性すら否定できない状況といえます。このようなリスクを含有した状態で融資が認められないのは当然です。

こうした状態に陥ることのないよう、前もった見通しに基づく融資申請が望ましいです

経費調達を銀行融資で行うメリット

(1)経費にゆとりができる

事業が思ったように進まない要因として、資金繰りがうまくいかない点は大きいです。

銀行からの融資で経費にゆとりができれば、時間的・精神的な余裕が生まれるので、売上アップのために労力や時間を割くことが可能になります。

さらには次のような事柄を考えたり行動できたりもします。

  • 売れる商品やサービスの考案
  • 研修による技術力アップ
  • 販売戦術の再考
  • 支出項目の確認と再検討

自己資金がいくらかある場合も、上記のような効果から、全経費を自己資金で抽出せず融資に頼ることも有効なケースもあります。

(2)新しい提案に早く対応できる

世の中どこで・どのようなタイミングで、新しいビジネスチャンスと遭遇するかわかりません。

新たに見つけたビジネスチャンスが信ぴょう性の高いもので、数十万円単位のお金を現金で用意する必要があるとしましょう。

現金を用意できないと、せっかくのチャンスをつかみ損ねるという考え方もあります

(3)融資の実績ができる

対象の銀行から融資を受けることができ、さらに完済もできれば、その銀行に対して融資の実績ができます。

小さい額から融資の実績を積んでおけば、大きな融資の必要が生じた際に、融資の実績があるという信頼性で融資申請が可決しやすくなる可能性があります

(3)信頼性

銀行から融資を受けることは容易ではありません。つまり銀行融資を実現できたということは、銀行の審査を通過できるだけのビジネス力があるともいえます

例えばフランチャイズ本部に何かの要望があったり、新しい取引先と交渉する必要があったりするとします。

このような時に「△△銀行から融資を実現できた」という旨の内容を示せれば、信頼性というブランド力の提示にもつながります。

フランチャイズにて銀行融資を検討する際の注意点

(1)お金を借りるという意識

銀行融資とはいえ借金は借金です。何らかの事情で返済が滞るとか返済ができなくなるといった事態になると、最悪の場合は自己破産といった債務整理の法的手段を取らざるを得なくなる可能性があります。

それゆえしっかりと完済するという覚悟と、お金を借りるということに対する意識が必要です。

(2)時間がかかる

融資申請は、書類準備のため膨大な時間がかかる傾向があります。1年前頃から前もって融資を見据え、書類準備を進めてきたという状況なら話は別かもしれませんが。

(3)融資が必要なのは「今」というタイミングなのか

事業というのは5年から15年スパンで「この事業で大体これくらいの売上をあげて、経費としてこれくらい必要で、これくらいの利益を残す」というように計画を立てます。

このような計画において、本当に今融資が必要なのかと熟慮する必要もあります

融資の段取りを進めていく中で、突然「融資が不要になったので今回の話は一旦中止でお願いします」といった事態が発生するのはよくありません。

融資の担当者も段取りを進めている中で、このようなことを伝えようものなら信用の失墜につながります。

銀行融資が難しい時の相談先

(1)公認会計士や税理士がいる事務所に相談してみる

繰り返しになりますが、銀行融資の実現は難しいことです。だからといって、そう簡単に諦めるわけにもいきません。

このような場合の相談先として、公認会計士や税理士などがいる事務所では、銀行との交渉術や、審査では決算書のどの辺りをみられるのかなどを教えてくれるところもあるので、一度相談してみるとよいでしょう

まとめ

ここまでフランチャイズと銀行融資について述べてきました。押さえておきたいのは、開業時の銀行融資は難しい点、銀行融資を実現するための難点です。

会社の経営状況を示す精度の高い書類や、口頭による回答が必要な事項の準備をきちんとできれば、銀行融資の実現は可能です。

銀行融資を実現させて、フランチャイズビジネスを成功させてください。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズ開業で銀行から融資を受けることは可能?融資をスムーズに通すための方法