フランチャイズで高収入を得る

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ 高収益 高利益

「独立してフランチャイズに加盟することで高年収を獲得したい」

「フランチャイズ加盟店を経営することで利益が出るのか気になる」

独立や開業を検討していると、フランチャイズによって利益を得られるのか気になるはず。利益がなければ自分の年収が低くなりますし、売上が少なくてお店が潰れる場合もあります。

オーナーがフランチャイズ店で高収益を得るには、収益構造を理解して儲かるフランチャイズを選ぶことが重要です。加盟店のオーナーが高利益を得る方法と事例を紹介します。

フランチャイズで高収益を得るには

まだお店を開業していない人が注意すべきポイントは、お店の売上がそのまま自分の収入にはならないことです。お店を経営するには経費や本部へのロイヤリティを支払うことが必要です。会社に勤める労働者とちがって、懐に入ってくるお金が全て自分の収入になるとは限りません。ロイヤリティや経費を適切な分だけ支払わないと、長時間労働や契約違反の原因になります。

加盟店のオーナーがフランチャイズで儲けるには、収益構造を理解してお金を上手く扱うことが重要です。以下の見出しではフランチャイズの収益構造や高利益を得る方法を紹介します。

(1)収益構造を理解する

お店の売上から手数料や経費を引いた金額がオーナーの収入となります。一般的なフランチャイズ加盟店の場合、商品を仕入れて販売することで売上は増えていくものです。商品を販売することで得られる収益を売上と呼び、売上を得るために仕入れた商品の費用を仕入高といいます。売上から仕入高を引くことでお店の儲けである粗利益を計算できるのです。

例えば1ヶ月の売上が500万円であり、商品を仕入れるのにかかった費用が100万円だったとします。この場合はお店の粗利益は500万円から100万円を引いて400万円となるのです。

フランチャイズ加盟店の場合は売上を得るためにかかる費用が他にもあります。毎月ロイヤリティを支払う必要がありますし、アルバイトやパートに対して給料を支払うことも必要です。

例えば粗利益が400万円でロイヤリティが80万円、アルバイトの人件費やお店の固定費などの経費が300万円だとします。この場合は400万円から380万円を引いた20万円がオーナーの収入となるのです。お店の経営にはさまざまな経費がかかるため、売上が大きくてもオーナーの収入が少なくなる場合があります。売上がそのまま自分の取り分になると思わないことが重要です。

(2)オーナーが支払う費用を減らす

少しでもフランチャイズ加盟店からの収入を増やすには、オーナーが支払う経費を下げることがポイント。経費を減らせば支払う金額が少なくなり、オーナーの収入は増えます。例えばお店で雇用しているアルバイトの数を減らして、人件費を削減することで支払う費用を減らすことが可能。アルバイトの人数が少なくなれば、支給する交通費が減るメリットもあります。

例えば人件費を含めた利益が200万円の場合、人件費が180万円ならオーナーの収入は20万円です。ですがアルバイトを減らして人件費を150万円にすれば、オーナーの収入は50万円まで増えます。お店の経営では無駄な経費を削減することで資金を残せて、オーナーの取り分が増えるものです。さまざまなところで発生する無駄なコストを分析して、経費削減を心掛けましょう。

(3)お店の売上を増やす

お店の経費を削減するにも限界はあり、売上が少なければオーナーの収入も少なくなります。少しでも多くの収入を得るためには、お店の売上を増やしていくことも重要です。

スーパーバイザーのアドバイス通りに経営したり、売れる商品を多く仕入れたりすることで売上の増加を見込めます。プロモーションやクーポンにより集客することでも売上を増やせるのです。さまざまな経営努力により売上を増やすことで、オーナーの取り分は多くなります。売上が300万円から400万円に増加して、経費が変わらなければ収入は100万円も増えるのです。

売上を増やす方針であれば上限がないから、経費削減に比べて限界がないメリットがあります。自分の収入を増やすためにお店の売上を増やすことを意識して努力しましょう。

実際にオーナーはどの程度儲けている?

「収益構造は分かったけど、実際にどれくらい儲かるのか分からない」と思う人もいるはず。実際にお店を経営しているオーナーの収入を知ることで、開業後のイメージを想像できます。下記にてオーナーの年収や売上について見ていきましょう。

(1)オーナーの年収

フランチャイズに加盟することで高い年収を得ている人もいれば、低い年収で生活している人もいます。開業してから数年経過している40人のオーナーにおける年収帯は以下の通りです。

  • 0万円以上300万円未満:12人(30%)
  • 300万円以上500万円未満:12人(30%)
  • 500万円以上1,000万円未満:13人(27.5%)
  • 1,000万円以上:3人(7.5%)

1,000万円以上の年収を持つオーナーは少ないですが、1,000万円未満の年収であれば多くのオーナーが存在します。

(2)お店の売上

オーナーによって年収が変わる理由は、お店の売上が加盟店ごとに違うからです。売上を知ることで得られる年収を推測できて、問題なく店舗を経営し続けられるか判断できます。フランチャイズオーナーの1ヶ月間における平均的な売上金額は以下の通りです。

  • 50万円未満:16人(40%)
  • 50万円以上100万円未満:9人(22.5%)
  • 100万円以上350万円未満:9人(22.5%)
  • 350万円以上:6人(15%)

オーナーの中には1ヶ月で1,000万円以上の売上を達成する人もいますが、大半のオーナーは350万円未満の売上です。フランチャイズによって達成できる売上には幅があることが分かります。

(3)黒字になり始めた時期

フランチャイズに加盟してお店を黒字にするには時間がかかります。開業時はお店が軌道に乗らず赤字の場合が多いですが、月日が経つことで売上が増えて黒字に変わっていくのが一般的です。もし赤字のままお店を経営していれば、資金練りが厳しくなり経営破綻します。実際にフランチャイズオーナー40人が黒字を達成し始めた時期は以下の通りです。

  • まだ黒字になっていない:9人(22.5%)
  • 開業から6ヶ月以内:9人(22.5%)
  • 開業から1年以内:6人(15%)
  • 開業から2年以内:8人(20%)
  • 開業から2年以上経った後に実現:8人(20%)

開業から数年経つことで黒字を達成しているオーナーが大半ですが、中には未だに赤字経営を続けるオーナーもいます。2割以上のオーナーが赤字であるため、経営には難しい面があると分かるものです。

(4)資金の借入が与える影響

フランチャイズに加盟するために事業資金を金融機関から借り入れるオーナーも中にはいます。借金していると資金練りが厳しくなるイメージがありますが、実情は異なるものです。

例えば300万円以上の事業資金を借りた11人のオーナーが、黒字をいつも達成し続けるようになった時期は以下の通り。

  • まだ常時黒字化を達成できていない:1人(9.1%)
  • 開業から6ヶ月以内:2人(18.2%)
  • 開業から1年以内:2人(18.2%)
  • 開業から2年以内:4人(36.4%)
  • 開業から3年以内:2人(18.2%)

逆に金融機関から事業資金を借りなかった19人のオーナーが、黒字をいつも達成し続けるようになった時期は以下の通りです。

  • まだ常時黒字化を達成できていない:4人(21.1%)
  • 開業から6ヶ月以内:5人(26.3%)
  • 開業から1年以内:3人(15.8%)
  • 開業から3年以内:6人(31.6%)
  • 開業から3年以上:1人(5.3%)

事業資金を借りたオーナーのほうが、借りていないオーナーよりも早く黒字になる傾向があります。開業時に多額の費用を支払うことで、売上を増やすための事業投資をできるのです。売上を増やして黒字経営を達成するために、開業資金を借り入れを検討することを勧めます。

高収益を狙えるフランチャイズ事例

「どのような業種であれば儲かるのか分からない」と悩む人もいるはず。高収益を狙えるフランチャイズ事例を紹介します。

(1)テイクアウト型飲食店

飲食店には店内で料理を提供する店舗と消費者に食品を持ち帰らせるテイクアウト型があります。テイクアウト型飲食店は料理の提供をしやすく、小さい店舗でも経営を実現できるのがメリット。例えば有名な食パン専門店であれば、最低限の経費やロイヤリティでお店を経営できます。少人数で営業できるから人件費を少なくできて、高年収を狙えるのが魅力です。

(2)リサイクルショップ

いらなくなったブランド品や貴金属を買い取るお店としてリサイクルショップがあります。リサイクルショップは広い店舗を必要とせず、1人でお店を運営できるのがメリットです。

フランチャイズにはオーナーの年収500万円を補償するところもあり、サポートを受けながら店舗を軌道に乗せることができます。安心して独立したい人にオススメですね。

(3)美容室

ヘアカラーやトリートメントなどを提供するのが美容室であり、フランチャイズを提供する本部が多くあります。安い居抜き物件を再利用することで、少ない資金で開業できるのが特徴です。フランチャイズ本部の商品を活用することで、お客様に喜ばれるサービスを効率的に提供できます。経営サポートにより経理や財務管理が楽になるのもオーナーにとってメリットですね。

(4)学習塾

子供の受験対策によく活用されるのが学習塾であり、今では講師不要で勉強を教える塾もあります。フランチャイズに加盟することで子供たちに映像授業を提供できるのが講師不要の仕組みです。講師やアルバイトを確保する必要がなければ、人件費は少なくなり経営の悩みも減ります。経費が減ることでオーナーの収入が増えやすくなるのが魅力です。

まとめ

フランチャイズで高利益を得るためには、経費を減らしてお店の売上を増やすことが必要です。ロイヤリティや経費が少ないフランチャイズを選ぶことで、高収益を得やすくなります。ブランド力のあるフランチャイズに加入すれば集客しやすくなり、お店の売上を伸ばせるものです。フランチャイズオーナーは売上や経費を意識して高い年収を目指しましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズで高収益・高利益を確実に得る方法とは?