フランチャイズ会社は乗り換えられるの?異なる業種への転換も解説

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズビジネスを営んでいると、今のフランチャイズ会社より自分にとってよさそうなフランチャイズ会社を見つけるに巡り合うことがあります。

こうした際に他のこのような時に加盟者やもしくは対象のフランチャイズ会社そのものから話を聞いて、[s1] フランチャイズ会社を変えたくなるケース時もあるでしょう。

ここで「フランチャイズ会社って、乗り換えられるの?」という疑問が自然と生じる傾向があります。そしてできれば揉めることなくもめごと無しで、乗り換えたいとも考えるものです。

また中には、業種転換によるフランチャイズ会社乗り換えを検討したり勧められたりする場合もあります。この時には業種転換による、フランチャイズ会社変更のメリットは何なのかと迷うこともあるでしょう。

そこで今回はフランチャイズと乗り換えということについて、フランチャイズ会社は乗り換えられるのか否かといったことや別業種のフランチャイズへの転換などに触れながら解説します。

フランチャイズ会社は乗り換えられるの?(違約金の発生も含む)

(1)フランチャイズ会社の変更はって可能?

基本的にフランチャイズ契約が終わってから数年以内は、同業種での開業は禁止されています

一般的にフランチャイズ本部は加盟店に対して元会社に競業避止義務という規則をが設定しされていて、自社のビジネス手法が外部に漏れないよう措置をとってがとられているためです。

要するに、フランチャイズ会社変更は難しいということです。

(2)開業禁止期間を短縮するという方法は?

現状のフランチャイズビジネスを途中でやめて、開業禁止期間が終わる時期を結果的に前倒しすればして別会社としてにて開業できるのでは?とも考える人かもいるかもしれません。

ですが一般的に、フランチャイズビジネスには契約期間があって、契約期間内での解約では違約金が発生する傾向があります

そしてもし店舗を構える業種ならば不動産との賃貸契約もあるためり、不動産の方の違約金や解約手数料などといった費用が生じる可能性もあります。

現フランチャイズ会社からの引き止め

まずはいきなりフランチャイズ会社乗り換えをとは考えずに、現在のフランチャイズ会社へ相談や他フランチャイズ会社への乗り換えを検討している旨を示唆することも一つの方法です

フランチャイズ加盟者として必要とされているなら、担当者やフランチャイズ本部から「何が嫌ですか?希望は何ですか?」などと尋ねられ改善策を実行してくれる可能性があります。

不都合がある点を改善してもらえる策が実行されるなら、わざわざフランチャイズ会社を変える必要がな無くなる可能性があります。

フランチャイズ会社のを乗り換えができるられる可能性があるケース

(1)フランチャイズ本部が倒産

まず、フランチャイズ本部そのものが倒産するという場合が考えられます。

可能性としてあまり大きな期待はできにくいですが、揉め事もめごとが起こらずにフランチャイズ会社の乗り換えがをできる方法の一つです。

何らかの方法でフランチャイズ本部が倒産しそうというの情報を知り、情報の信頼信ぴょう性が高ければいものなら、逆に別のフランチャイズビジネス開業といったような次の方法を考えておいた方がよいでしょう

最悪の場合、近いうちに失業するといった事態すら否定できません。

(2)フランチャイズ本部からの不当な解約

もしフランチャイズ本部から正当な理由なしに、一方的な解約通知をされ実行されたとします。この場合は、フランチャイズ会社の乗り換えをが認められる可能性が出てきます。

ですが裁判を起こして自分の主張が認められる必要性があることと、手間と費用も懸念点ではあります。

(3)違約金を払って開業禁止期間を過ぎる

揉め事もめごとが避けられず少なくないコストがかかる可能性が大きいですが、何が何でも今のフランチャイズ会社をやめて別のフランチャイズ会社へ乗り換えたいとします。

このような場合には、違約金を払って開業禁止期間に何らかの準備をしながら次の開業へ備えるという苦肉の策もあります

異業種のフランチャイズへ乗り換え

揉め事もめごとを起こさず、契約期間内終了による違約金もを支払わずにフランチャイズを乗り換えする別の方法として挙げられるのは、異業種フランチャイズへの参入という方法です

国際化によるフランチャイズ会社の海外進出などを受け、加盟者不足に直面しているフランチャイズ会社では新しい加盟者を募集しています。

異業種ということで経験がない業種への取り組みは、なかなか気持ちが前向きになりにくい人もいるでしょう。

ですがフランチャイズビジネス経験者なら、業種そのものは未経験でも加盟可能な場合があるというように、比較的柔軟な受け入れ態勢が整備されているところもあります

別業種のフランチャイズへ乗り換えるメリット

(1)乗り換えやすい場合がある

加盟している現状フランチャイズビジネスの契約更新が数か月後に迫り、経営状況などが芳しくないためくそろそろ契約を終了終わりにしようかと思っているタイミングであるとします。

このようなケースでは、今の仕事をの完了する段取りを整えながら、次の業種をへの開業する段取りを進めることでスムーズな乗り換えが可能です。

現在のフランチャイズ契約を終了する際には「今までお世話になりました、また縁がございましたら宜しくお願い致します」と伝え、新しいフランチャイズにはビジネス先へは「これから宜しくお願い致します」と挨拶して円満に乗り換えられる可能性が高いです。

(2)新事業への参入

今のフランチャイズビジネスをは続けながら、異業種のフランチャイズへ加盟しようとする場合はと乗り換えとはみなされないでしょう。うまくいけば、別の収入源が増えるへと手を伸ばせることにもなります。

この方法を取るのためには現フランチャイズビジネスの運営が安定していることと、別のフランチャイズビジネスを進めるための余裕も必要になります。

(3)フランチャイズ元会社の力が大きいケースがある

別業種へのフランチャイズ会社に乗り換えるメリットがあるのは、フランチャイズ会社の資金力や規模などが大きいケースです

業種未経験でもよいのでとにかく加盟者を探しているというフランチャイズ会社は、いろいろな意味での大きな力をもっている場合可能性があります。

典型例の一つはとして、莫大な資金力でがあります。需要が盛り上がってきているて、ブームの事業ならばそれなりに資金がたまっている可能性があります。

売り上げや利益を生み出すには資金力が必要となります。そして大きな資金力があるフランチャイズ会社ならば、情報収集力や様々なバックアップ体制も整備されている可能性があります。

このように受け入れ体制が整備されていれる所ならば、業種そのものは未経験であっても想像していたよりスムーズに乗り換えが進むという可能性があります。

例えば本部がウェブ技術を駆使して集客をしてくれるところは受ける恩恵も大きいです。

違う業種のフランチャイズへ乗り換える(着手する)段取り

(1)問い合わせと接触

まずは気になるフランチャイズ会社へ、電話やメールなどで問い合わせをします。そして説明会などへ出席し、フランチャイズの事業内容や経営方針などについての説明を受けます。

(2)担当者と詳細をの打ち合わせ

フランチャイズ会社の担当者と詳しい話をする際に、現在は違うフランチャイズビジネスを現在進行形で営んでいることを伝える必要があります

現フランチャイズビジネスを運営しながらもったまま開業へと進んでいくのか、または現フランチャイズビジネスを一度終わらせる必要がある、話を進められないなどのといった結論になる可能性があります。

(3)開業(業務開始)へ向けて

①現フランチャイズビジネスをは一度終わらせる場合

現在運営している今のフランチャイズビジネスを仕事が、一旦終了させる終わってからにしましょうとなった場合は、次の開業準備に取り掛かりやすいことがあります。

スケジュールを詰めずに詰めにせず、現在今のフランチャイズビジネス仕事をこなしながらインターネットで調べる程度の進捗作業で済む考え事でよいこともあります。

②現フランチャイズビジネスと同時進行で進む場合

次の収入源がなるべく早く必要であり、欲しく先方も承知したうえで了承し開業(業務開始)を急ぐ場合は、現在のフランチャイズビジネス今の仕事と同時進行で開業を進めるケース進むこともあるでしょう。

ですがこの場合は自分の現状仕事現在の業務が次の開業へ向けた段取り進行への支障にならないようになってはいけないので、注意深く要領よく進める必要があります。このためには、前もった念入りな行動計画が重要です。

※2つのフランチャイズを同時進行で進める場合は現状フランチャイズビジネスをもったままの次のフランチャイズビジネス開業段取りについては、状況によっては「大変申し訳ございませんが、~様の今回の件につきましては一旦白紙に戻させて頂きます」となる可能性があるので注意が必要です。

現状フランチャイズビジネスの影響用事で、先方に何らかの迷惑がかかることが要因とも考えられます。

様々な業種への交流会に参加する重要性

「異業種フランチャイズビジネスへの乗り換えは法的には可能そうだ。で、段取りは難しいながらも一応分かった。けれど何の業種がよいのかわからない」といった状況もあるでしょう。

「インターネットの情報では業種未経験者も可能となっているが、このいまいちインターネット情報だけでは信頼性信ぴょう性に欠けるように思う」と考える人もいるでしょう。

このような時には異業種交流会へ参加すると参考になる情報を入手できます

フランチャイズでなくても、今まさにブームになりつつあり需要が高まってきている業種の情報や現況などを経験者から聞けたり、る可能性があります。そして今は飽和になりつつあり需要は限界なのかなと思われている業種でにも、まだ再発展の余地があると知ったりすること方法を知れる可能性もあります。

中には運よく、その場でフランチャイズビジネスのきっかけになる話とチャンスに巡り合う可能性すらあり得ます。

異業種交流会は様々な可能性を内包しており、情報や知恵を入手できる一つの場といえます。時間があれば、一度は参加してみてもよいでしょう。

まとめ

ここまで、フランチャイズと乗り換えについて述べてきました。

押さえておきたい点はとして、違約金の支払やトラブルなしに無しにフランチャイズ会社を乗り換えるのは非常に難しいこと、フランチャイズ会社の乗り換えが可能なケースと、異業種フランチャイズの乗り換えについてです。

本記事がフランチャイズ会社を乗り換えるかどうかの結論を出すにあたって、少しでも参考材料になれば幸いです。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズ会社は乗り換えられるの?異なる業種への転換も解説