フランチャイズ加盟の流れ

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ 開業 流れ

「会社員から独立するためにフランチャイズで開業したい」

「どうすればフランチャイズ本部に加盟して開業できるのか分からない」

これから自分でお店を経営したい人に便利な制度がフランチャイズです。加盟することでフランチャイズ本部からサポートを受けられるから、個人で開業するよりもリスクが低いメリットがあります。

独立で失敗しないためには、自分にあった加盟先を探して検討することが重要です。どのようにすれば独立で成功できるのか、フランチャイズに加盟して開業する流れを解説します。

フランチャイズで開業する流れ

知名度の高いブランドや商標などを活用して、お店を開業できる仕組みがフランチャイズです。加盟者は本部に対してロイヤリティを支払うことで、商標やノウハウなどを自分のお店で利用できます。

独自で事業を始めるよりも、フランチャイズを活用するほうが独立で失敗しにくいのが特徴です。世間から知られているブランドを活用することで、集客しやすいメリットもあります。

ですがフランチャイズに加盟するには開業資金が必要であり、金銭面での負担は大きいことがデメリット。加盟者は契約条件や指導に従う必要があるため、独力で開業するよりも自由度は少ないこと。

もし問題のあるフランチャイズに加盟してしまった場合、開業に失敗して大きく損する場合もあります。フランチャイズ加盟店の経営で失敗しないために、開業する流れを理解しておきましょう。

(1)さまざまな情報を集める

社会にはさまざまな業種や業界があり、フランチャイズを活用することで始められる事業は幅広く存在します。フランチャイズで開業できる業種の例は以下の通りです。

  • 飲食業:ラーメン、居酒屋、弁当、ベーカリー、ファストフード、カフェ
  • 小売業:リサイクルショップ、チケット販売、コンビニエンスストア
  • 教育分野:学習塾、プログラミング塾、パソコン教室、英会話教室
  • サービス業:コインランドリー、リフォーム、フィットネスジム

他にも宅配サービスやホテルの管理人などの事業もあります。自分がやりたい業種を見つけるために、インターネットや合同説明会などでフランチャイズの情報を集めることが重要です。

(2)事業を始める業界を選ぶ

フランチャイズに関する情報を集めたら、次に自分がフランチャイズで参入する業界を選びましょう。自身の興味や嗜好だけでなく、将来性や収益性を考慮することが業界選びのコツです。

例えば自分のライフスタイルに合った事業を始めたい場合、お店を営業する時間や働き方を考慮する必要があります。もし昼間に働くことを希望するならば、居酒屋やバーを経営するのは避けたほうが良いですね。

少ない開業資金でフランチャイズに加盟したい場合は、無店舗で開業できる業界がオススメです。弁当の移動販売や宅配サービスなどであれば、お金のかかる店舗を用意しなくて済みます。事業を何年間も継続するためには、その業界に対して熱意を持てることも重要です。働きやすさや資金面などを考慮したうえで、自分に最適な業界を検討しましょう。

(3)加盟するフランチャイズ本部を選ぶ

参入したい業界や業種を決めたら、次に自分が加盟するフランチャイズ本部を選びます。複数の本部を比較して、収益性やサポートといったことから本部を選ぶことが加盟先を選ぶコツです。

「どの本部も収益内容やサポート体制が似ているから、加盟先を選ぶのが難しい」と思う人はいるはず。以下にある基準を参考にすることで、加盟するフランチャイズを選びやすくなります。

  • 競合よりもブランド力がある:知名度が低いと加盟しても集客しにくいため
  • フランチャイズへの加盟者が多く存在する:開業した人から経験談を聞けるため
  • 財務状態に問題がない:本部の経営が不安定だと将来性が劣ってしまうため
  • 契約条件やサポートの透明性が高い:加盟したあとのトラブルを防ぐため

これらの基準項目を考慮したうえで、加盟するフランチャイズ本部を選ぶことがオススメです。

(4)開業をシミュレーションする

加盟するフランチャイズを決めたら、次に開業したあとの収益性や必要な資金などをシミュレーションします。開業での失敗を防ぐには現実的にシミュレーションして、具体的な事業計画を立てることが重要です。

シミュレーションするときに重視すべきポイントは開業する地域や収益性、店舗運営の3つです。本部から受け取れる各種書類や情報をもとに、利益や費用などを具体的に計算しておくと良いですね。

自分で事業計画をシミュレーションしたら、本部が作成する事業計画資料と比較しましょう。2つの事業計画に大きな違いがある場合、本部に相談したり加盟先を再考したりすることがオススメです。

フランチャイズに加盟して店舗を用意するには、加盟金や設備資金など多額のお金が必要になります。もし自己資金が少ない場合は自治体や金融機関の融資を検討しましょう。

(5)契約書を確認して本部と契約

シミュレーションや事業計画の確認が完了したら、次にフランチャイズ本部との契約手続きに進みます。契約書を本部から受け取ったら必ず確認して、内容に問題がないかチェックしましょう。

フランチャイズ本部との契約書を確認するときは、以下のポイントに注意することが重要です。

  • 違反行為:契約が途中で解除される違反項目や違約金などを確認
  • 契約開始日:いつからフランチャイズ契約が始まるのかを確認
  • テリトリー制:加盟店の出店地域に関する制限を確認
  • 競業避止義務:契約が終了してからいつまで競業が禁止されているかを確認

もし事前の説明内容と契約書に差異がある場合は、納得するまで本部と相談することを勧めます。内容が理解できない場合は弁護士などの専門家に相談することもオススメです。

(6)開業の準備をする

フランチャイズ本部との契約が完了したら、次に自分のお店を開業するための準備を始めます。本部からの指導に従って、店舗を取得したり内装や外装の工事を手続きしたりしましょう。開業するには店舗の準備だけでなく、スタッフの採用やお客様への宣伝をすることも重要です。お店の開店時に不備がないよう、さまざまな要素を考慮しておくと良いですね。

(7)お店を開店する

店舗の準備やスタッフの配置などが完了したら、いよいよお店の営業を始められます。フランチャイズ本部からのマニュアルや営業条件に従って、自分の店舗を運営していきましょう。加盟者がお店を開店した後に、スーパーバイザーが経営をサポートしてくれるところも存在します。営業しているときに経営の悩みや課題点があれば、すぐにスーパーバイザーと相談しましょう。

フランチャイズで開業する注意点

情報を集めてフランチャイズ本部を検討することで、スムーズに加盟してお店を開業できます。独力で開業するよりも難易度が低いですが、フランチャイズで開業するには注意すべきポイントが3つあるものです。

  • 本部の指示に従うことが重要
  • 商品を適切に仕入れる
  • 制度に従って確定申告する

なぜこれらの注意点に気をつける必要があるのか、それぞれのポイントを詳しく解説します。

(1)本部の指示に従うことが重要

同じブランドイメージを持ったお店が増えていくことで、事業規模を拡大するのがフランチャイズの特徴です。経営の効率化やブランドイメージを守るために、制限を決めている本部が多く存在します。

例えば加盟店が商品を仕入れる企業を指定したり、経営方針を定めていたりするのです。独自の経営方針で加盟店を運営したくても、本部の指示があれば加盟者は従う必要があります。フランチャイズ本部と契約している以上、加盟者の裁量権は多くありません。契約の途中解除や違約金の支払いを防ぐために、本部の指示に従ってお店を経営しましょう。

(2)商品を適切に仕入れる

加盟店の売上を少しでも増やすには、オーナーが商品を適切に仕入れることが重要です。仕入れる商品の銘柄や数は制限されていることが多いですが、基本的な商品管理はオーナーの判断に託されます。

お店を利用する人のニーズを考慮して、地域にあわせて商品を仕入れることが利益を増やすコツ、例えば近くでイベントがあるときに、食品や飲料品を増やすことで機会損失を防げます。利用者の性別や年齢層などを考慮したうえで、売れない商品を仕入れないよう気をつけましょう。

(3)制度に従って確定申告する

加盟者は個人事業としてお店を経営しているため、時期になったら確定申告することが必要です。自分で確定申告書を作成して必要書類を準備したうえで、税務署に申告しなければなりません。確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、作成するのが難しい青色申告であれば最大65万円の所得控除を受けられます。各種制度に従って自分で確定申告しましょう。

フランチャイズに加盟して成功するコツ

フランチャイズに加盟して開業に成功するには、注意点だけでなくコツを理解しておくことが重要です。あなたがフランチャイズに加盟して成功するコツは3つあります。

  • 自ら行動してお店を経営する
  • 開業資金を安く抑える
  • 経験のある人材を雇う

独立した後に経営で失敗するのを防ぐために、それぞれのコツを簡単に知っておきましょう。

(1)自ら行動してお店を経営する

加盟者は本部から経営についてサポートを受けられますが、基本的には自分でお店の収益性を良くしていくことが必要です。経営状況を改善するために、オーナーが自ら行動することがポイント。

(2)開業資金を安く抑える

お店の経営では売上が少なくても、資金がショートしなければ経営を続けられます。開業当初は経営が不安定であるため、開業資金の支出を抑えて自己資金に余裕を作っておくことが重要です。

(3)経験のある人材を雇う

店舗を運営するためにスタッフを雇う場合、既に経験のある人材を採用することで運営を任せやすくなります。面接時に仕事の経験を聞いておき、なるべく経験のある人材を雇いましょう。

まとめ

フランチャイズに加盟するには情報を集めて、自分にあった業種や業界から加盟先を探すことが重要です。事業計画や契約書に問題がなければ、スムーズに店舗を用意して開業できます。自分でお店の商品や採用する人材を適切に管理して、本部に頼らずに経営することが開業で成功するコツです。積極的に自ら行動することで、フランチャイズでうまく独立できるでしょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. うまく独立するには?フランチャイズに加盟して開業する流れを解説