主婦でも起業できる?フランチャイズの特徴やオススメの分野を紹介

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズ  主婦

「子育てや家事で長く働くのは難しいけど、働いて家計の負担を減らしたい」

「主婦にオススメのフランチャイズや、起業で成功するためのコツが気になる」

家計の負担を少しでも減らすために、フランチャイズを検討する主婦は一定数います。今では店舗を持たなくても起業できて、少ない開業資金でフランチャイズを始められるのがポイントです。

この記事では主婦がフランチャイズで開業する方法や、主婦にオススメのフランチャイズについて紹介します。

主婦が起業する方法とは

子育てや家事に追われて時間に余裕がないと、会社で働くのは難しくなります。「外で働くのは厳しいけど、収入を増やしたい」と考える人にオススメなのが事業主として起業することです。

起業すれば短い時間だけ働くことができ、自分が興味のある分野で活躍できるのがメリット。自宅で開業した場合は必要となる自己資金が少なくなり、起業するハードルは下がります。

例えば掃除や洗濯等の家事代行サービスを担当して、1日に短時間だけ働くことが可能です。ネイルやメイクが得意であれば、自宅でサロンを開業してサービスを提供できます。

もし「自分1人で起業するのは不安」と悩んでいるなら、フランチャイズを活用して開業するのが最適です。主婦がフランチャイズで起業するメリット・デメリットは3つあります。

  1. フランチャイズなら未経験でも経営できる
  2. 少ない自己資金でも始められる
  3. 起業した後は確定申告に注意

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

(1)フランチャイズなら未経験でも経営できる

フランチャイズは本部と事業主が契約して、サポートされながらお店を経営する方法です。今では研修制度が整っている本部が多く、業界未経験でもスムーズに起業できます。

例えばハウスクリーニングをフランチャイズで始める場合、開業前に本部が掃除方法や顧客対応などを教育。ノウハウが身についた状態で働けるから、悩むことなく仕事に取り掛かれます。

もし自分1人でハウスクリーニングを始めた場合、顧客対応や仕事の進め方でトラブルになる可能性が大きくなるものです。宣伝や営業なども自分で行う必要があり、面倒な手間が増えてしまいます。

家事や子育てで働ける時間が少ないのに、お店の経営で時間が奪われるのは避けたいですよね。効率的に働けるフランチャイズであれば、短時間労働でも収入を増やしやすいメリットがあります

(2)少ない自己資金でも始められる

フランチャイズには無店舗で始められる分野もあり、実店舗が必要なければ少ない自己資金で開業できます。訪問サービスや家事代行サービスなど、店舗のいらない仕事は多いです。

もし開業するために実店舗が必要であっても、フランチャイズ本部が資金の一部を負担してくれる場合があります。支援制度を活用することで必要な開業資金額を抑えられるのです。

個人でお店を開業するには設備や物件などが必要であり、開業するのに500万円以上の費用が発生します。家計の負担を圧迫しないために、フランチャイズで開業することがオススメです。

(3)起業した後は確定申告に注意

自分でお店を開業すると売上が発生するようになり、確定申告しなければならない場合があります。確定申告が不要な会社員とは異なり、会計や税務などを自分で処理することが必要です。

基本的に1年間で発生した事業所得が20万円を超えた場合、翌年2月16日から3月15日までに確定申告することが必須となります。事業所得は売上から経費を引くことで計算でき、20万円以下なら確定申告は不要です。

今ではインターネット上で使える会計ソフトが複数あり、ソフトを活用することで簡単に確定申告できます。起業して売上が増えてきたら、確定申告する必要があることを知っておきましょう。

主婦にオススメのフランチャイズ5選

「どのような分野なら起業しやすいのか気になる」と悩む主婦は多くいるはずです。手軽に始められるビジネスは多くあり、主婦にオススメのフランチャイズは主に5つあります。

  1. 学習教材「すらら」
  2. ハウスクリーニング業「ノモメンテ」
  3. ウェルビーラボラトリー
  4. 水素吸入機ストックビジネス「SP」
  5. 在宅リハビリマッサージ「みんなの笑顔治療院」

それぞれのフランチャイズについて特徴を見てみましょう。

(1)学習教材「すらら」

インターネットを活用した教材により、講師を雇わずに経営できる学習塾が「すらら」です。教育業を経験していなくても開業できて、塾長1人で50人までの生徒を管理できます。

10坪程度の省スペースでも塾を開業でき、人件費や開業費用を抑えられるのが特徴です。デジタル教材により幅広い生徒を集客でき、塾長は生徒のコーチングや保護者へのフォローに集中できます。

開業前だけでなく開業後にも研修サポートがあり、塾の運営に必要な教育ノウハウなどを習得可能です。少ない開業資金で子どもの成長に携わりたい人にオススメのフランチャイズといえます。

(2)ハウスクリーニング業「ノモメンテ」

無店舗でハウスクリーニングを提供できるフランチャイズがノモメンテです。アレルギーなどでお部屋の衛生面を重視する人が多く存在する今では、ハウスクリーニングに一定の需要があります。

ノモメンテなら自由な組織形態で働けて、営業活動することなく利益を増やせるのが特徴です。約1か月間の研修で仕事に必要なスキルを学べて、経験者からフォローされつつクリーニングを行えます。

クリーニング業から事業を拡大することが可能であり、必要な資格取得は本部がサポート。長くクリーニング業界で働きたい人にノモメンテは最適なフランチャイズです。

(3)ウェルビーラボラトリー

漢方料理やリフレクソロジー、占星術から講座を選び、スクールを運営できるのがウェルビーラボラトリーです。カリキュラムや教材などは本部から提供されるから、未経験でもスムーズに開業できるのが特徴となります。

スクールの運営方法は出張講師タイプと自社講師タイプの2種類です。出張講師タイプは本部の講師が講座を実施する方法であり、税抜10万円の初期費用でスクールを経営できます。

自社講師タイプは自分や社員が講師資格を取り、生徒への教育を行う方法です。初期費用は出張講師タイプに比べて高額ですが、自分の好きな時間に講座を実施できるメリットがあります。

ある講座だけ出張講師タイプを選び、その他の講座では自社講師が担当することも可能です。健康に特化したスクールを経営したい主婦にウェルビーラボラトリーを勧めます。

(4)水素吸入機ストックビジネス「SP」

自己資金0円で開業できて、短時間から働けるのが水素吸入機ストックビジネス「SP」です。エステサロンなどの店舗に水素吸入機を宣伝して、設備を設置してもらうことで収入を増やせます。

経済産業省の「次世代ヘルスケア産業協議会の今後の方向性について」によると、2016年のヘルスケア産業の市場規模は約25兆円であり、2025年には約33兆円まで増える見通しです。

市場規模が大きくなることで設備を求めるお店が増え、水素吸入機を設置してもらいやすくなります。設備自体は無料で設置する方式であり、お店に機器を売り込みやすいのが特徴です。

動画やスカイプによる研修やマニュアルが充実しているから、設備を営業する方法が分からない人でも大丈夫。「これから自己資金0円で起業したい」と考える主婦にオススメです。

(5)在宅リハビリマッサージ「みんなの笑顔治療院」

高齢化によってお年寄りが増えている今では、訪問マッサージサービスの需要が増加しています。1回25分で500円程度のマッサージを提供する店舗がみんなの笑顔治療院です。

自宅でも開業することが可能であり、200万円未満の開業資金でビジネスを始められるのが特徴となります。加盟金には研修費やシステム費が含まれていて、他社に比べてコストは安い傾向です。

開業前にはオーナーの地域で研修を受講できて、3日間の営業同行により仕事の流れを理解できます。お店の屋号はオーナーが自由に設定でき、名刺や制服などの購入義務はありません。

ある程度の開業資金が必要になりますが、開業した後は低コストでサービスを提供できます。「高齢者の健康をサポートしたい」と考える人にオススメのフランチャイズです。

主婦が起業で失敗しないためには

フランチャイズで起業するにはリスクもあり、売上が伸びなければ収入も増えません。働けば働くほど給料が増える会社員とは異なり、働く時間が長いだけでは起業で失敗する場合もあります。

主婦が起業で失敗しないために知っておくべきポイントは次の5つです。

  1. フランチャイズ本部を入念に確認する
  2. 興味のある分野を選ぶ
  3. 家族と起業について話し合う
  4. いきなり儲けようとしない
  5. 失敗経験は次に活かす

それぞれのポイントについて簡単に解説します。

(1)フランチャイズ本部を入念に確認する

フランチャイズでは契約条件や規則が決まっていて、従わなければ違約金や契約解除などのトラブルにつながります。加盟側に不利な条件で契約してしまい、収入を増やしにくい場合もあります。

起業の失敗を避けるには契約書や事業計画書を入念に確かめて、問題なくお店を経営できるか考えておくことが重要です。

(2)興味のある分野を選ぶ

誰でも稼ぎやすい分野で開業しても、モチベーションが上がらなければ収入も伸びにくいもの。自分の興味がある分野をメモしておき、そこからフランチャイズを選ぶことがオススメです。

(3)家族と起業について話し合う

フランチャイズで起業すると家事や子育ての時間が少なくなり、パートナーとの関係に悪影響を与えるリスクがあります。先に起業について家族と話し合ってから、ビジネスに取り掛かりましょう

(4)いきなり儲けようとしない

お店を開業した当初は売上が増えにくく、大きく儲けようとしてストレスが溜まるケースはよくあることです。時間をかけて売上を増やしていくことで、無理なくお店を運営できます

(5)失敗経験は次に活かす

たとえ売上が伸びずにお店を倒産させたとしても、店舗経営や技術といった経験は残ります。失敗経験を次に活かす心構えで起業すると、より前向きな姿勢で事業に取り組めるでしょう

まとめ

以上、主婦でも起業できる!フランチャイズの特徴やオススメの分野について述べてきました。ぜひ、この機会に主婦の方もフランチャイズを検討してみましょう。

フランチャイズなら短時間だけ働くことができ、家事や子育てで忙しい主婦でも安心です。自分の興味がある分野からフランチャイズを検討して、さっそくお店を開業してみましょう。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. 主婦でも起業できる?フランチャイズの特徴やオススメの分野を紹介