フランチャイズ加盟を必ず成功に導くための方法と留意点を説明

カテゴリー : FCコラム

フランチャイズビジネスでは、有名な屋号を使えるようになる・ブランド性のある商品を扱えるようになる・長年かけて培われた販売戦略を使えるようになるといった最初からの強みはもちろんあります。

この一方で成功するためには、加盟者自らもいろいろと試行錯誤・努力を求められます。コンビニエンスストアのように普及してきた業種に参入するなら、なおさら求められます。この試行錯誤と努力にはいろいろありますが、自営業初心者の方にはなかなか自力のみではイメージし難い方もいます。

そこで今回はフランチャイズ成功のために、市場調査など自分でも考える・実行しておくことを解説していきます。

需要と情報を人よりも先につかむ

(1)ビジネスの源

ビジネスの源というのは、リスクの除去・利便性の提供・楽しさの提供と聞くことがあります。確かに病院や警備会社はリスクの除去・タクシーや宅配便などは利便性の提供・映画館などは楽しさの提供に当てはまります。ただ既存ビジネスでは、これらの需要にはもう満たしきっているのではという説もあります。

この説の一方で、IT業界・家事代行業などのサービス業では人手不足という情報も聞かれます。ということは、いかにこのような情報をつかみ、応募するかがキーの一つになってきます。情報のつかみ方としてネット検索ももちろんですが、様々なセミナーへの参加も方法の一つです。

(2)新しいビジネスだけがビジネス需要ではない

人は仕事を探すときスタッフ募集の求人に目が向きがちですが、既存ビジネスにもチャンスがある場合があります。どういうことかといいますと、諸事情により店が閉店するという方針になりつつある・後継者不足で廃業にならざるを得ないといった状況にある仕事・企業へ意識を向けるのです。

このような場合、「あなたが代わりに店する?あなたが次に事業する?」という話が来る可能性があります。ただしこのようなケースはとても希で、以前から付き合いがあるといったような関係性が必要となります。

未経験可能・売上保証期間ありという言葉に安易に飛びつかない

(1)未経験可能

まず未経験可能という言葉の意味が、対象の業種を未経験でも可能ということなのか・フランチャイズ未経験でも可能ということなのか・自営業が未経験でも可能なのかのどれを指しているのかもポイントとなります。

いずれにせよ簡単ということはありませんが、どのようなことを意味しているのか確認しておいた方が良いです。自営業未経験者で、対象フランチャイズビジネスがほぼ一人で業務を進めるタイプならまだ負担は乗り越えやすいかもしれません。

こうではなくて、従業員管理も求められる・店舗拡大に向けての事業拡大構想の立案も求められるといった次元の事業家候補を探しているとしたら想像をはるかに超える困難に当たる可能性が大きいです。

(2)売上保証期間あり

「売上保証期間あり」という言葉で、単純に「保証期間中は生活・人生が保証されるんだ」とイメージする方がいる傾向があります。この「売上保証期間あり」という言葉が意味することは、ある一定期間売り上げが基準に満たなかった場合諸々経費支払い・従業員の給料はフランチャイズ元によって確保されるということです。加盟者の給料・生活費が、保証されるというわけではないということです。

もし1・2年無給でも生活していける貯えがあるのなら話は別ですが、業務そのもの未経験・大した貯えがない状態でこの言葉のみに魅かれて事業スタートできても良くない結末が予想されます。

市場調査

ある程度の費用(35,000円程度~)があれば、マーケティングリサーチ会社による市場調査も行っていた方が良いです。フランチャイズ会社の市場調査ももちろんですが、やはり需要については自分でも調べていた方が正確に販売戦術を作りやすいです。

(1)市場調査とは?

市場調査は主に企業がマーケティング促進のために、市場や顧客の意向・動向などを調査することです。調査結果から、商品開発・価格決定・販売予測・販売戦術作りなどが行われます。

(2)調査内容

①ブランドイメージ

自社商品と競合商品のイメージが調査されます。企業全体のイメージも対象になることがあります。

②商品開発参考要素

消費者のニーズや不満点を分析・明瞭にするのが目的です。新製品開発や既存製品改善にも活用されます。

③価格

価格はマーケティングで特に重要な要素の一つです。いくら位なら売れるのか・ケースや場所によって変える必要はあるのかといったことも調べられます。

④満足度

字のごとく満足感を調べるものです。ニーズや改善点を知るためになされます。

⑤販路調査

広告など、何を媒体にして認知度を浸透させれば有効なのかが調査されます。

(3)調査方法

①定量調査

量(人数)や割合(%)で調査されます。どれくらいの人に知られているのか(認知率)や、どこでは売れていてどこでは売れていないのか(エリア別購買率)などが調査委対象となります。具体的な方法は下記に示す方法となります。

  • 訪問調査
  • 電話調査
  • FAX調査
  • インターネット調査
  • 街頭調査
  • 郵送調査

②定性調査

ある商品やサービスの利用率が高いのはなぜなのか、使っている人は「どのような点が好きなのか」などといった数字では表せない事柄が調査されます。具体的な方法は下記に示す方法となります。

  • インタビュー調査
  • ショップアロング調査(ある商品を購入した方に直接尋ねる方法)
  • 行動観察調査(調査対象者の行動を観察し、行動パターンや心理を分析する調査)
  • ミステリーショッパー(調査員が実際に店に行って、気付かれないようにお店の様子・従業員のサービス・商品内容など)をチェックする方法

(4)調査規模・費用・納期など

①定量調査

  • サンプル数:50サンプル~1000サンプル
  • 費用:3万5千円程度~600万円程度
  • 納期:2日~6週間程度

②定性調査

  • グループ数:1グループか2グループ
  • サンプル数:30サンプル~60サンプル
  • 費用:10万円程度~200万円程度
  • 納期:4週間程度~8週間程度

フランチャイズ会社を比較・分析

人によってはフランチャイズ会社選びが、数十年の付き合いになる・人生をかける・ここの会社で人生を作るという位大事なことです。ということは、フランチャイズ会社選びはとても大切です。

(1)情報収集

情報収集につきまして、今の時代最も一般的で手軽な方法がネットによる情報集めです。フランチャイズ加盟希望者募集サイトや会社のホームページで、加盟希望者募集と打ち出しているところもあります。

(2)要分析点

①本部経営方針

  • 経営陣の方々とその方々のビジネスに対する考え方
  • 経営陣の方々の専門性と経験
  • フランチャイズ方針
  • 将来的な経営方針

フランチャイズ元の経営ポリシーは大事です。

②情報公開性

  • ホームページの充実度
  • 従業員数・資本金・会社沿革など
  • フランチャイズ事業年数・フランチャイズ事業沿革
  • 出店数・閉店数(新規加盟数・事業中止店数など)

情報公開の規模・レベルで信用性の一参考基準になります。

③事業拡大見込み性

  • 商品のブランド力
  • 安定した商品供給
  • 新商品の開発能力
  • 複数店舗開業の可能性

商品の需要性・魅力は、今後長期間当該ビジネスで利益を生んでいけるか特に重要な要素の一つです。

④支援力

  • 開業サポート・研修
  • 地域担当者の問題解決フォロー
  • 独自の販売戦術
  • 広告宣伝内容・手段

問題解決フォローや独自の広告手法があれば魅力的です。

⑤収益性

  • 加盟店に収益を上げさせた実績(現状まで通算で)
  • ロイヤリティのシステムと額(割合)
  • 投資回収期間

ロイヤリティに関する考え方は、自分にどれだけ利益が残るか重要なポイントです。

⑥加盟店からの評判

字のごとくですが、既存加盟店からどのように評価されているかです。今からの応募・加盟を検討する方からみれば参考材料になります。

綿密な販売戦略と収支シミュレーション

(1)販売戦略

販売戦略について、フランチャイズ元が販売戦略を確立できていればこの方法を活用するのがとても良い方法です。しかしながら本部の確立できた販売戦略といえども、どこでも・どんな場合でも・誰に対してでも有効と保証されているわけではありません。

①自分なりに商圏分析

地方自治体が提供する住民基本台帳や年齢別統計表などを分析し、自分がターゲットとする層の方々がどのあたりに住んでいるのか抽出するのも有効です。この抽出データに基づいてポスティングという戦略があります。

②チラシ作成

本部了承の元、オリジナルのチラシを作って新規問い合わせの方に無料配布・送付というのも一般的に講じられる手段の一つです。

③ホームページ作成やライン@の利用

ある程度ITの知識・技術があれば、独自のホームページ作成・ライン@の利用といった大衆向けの宣伝方法もあります。

(2)収支シミュレーション例(学習塾の場合)

①初期投資:85万円程度

  • 教室(15畳程度)賃貸初期費用:45万円程度(敷金礼金初月家賃など)
  • 机椅子10セット:13万5千円程度
  • ホワイトボード:2万円程度
  • 電気NTT初期費用:4万円程度
  • 事務用デスク:2万円程度
  • デスクトップパソコン:4万円程度
  • 看板製作・設置:10万円程度
  • 棚:2万円程度
  • 文房具・事務用品・その他雑費:2万5千円程度

②月々収入:62万5千円程度

月謝:62万5千円程度(2万5千円×25人(浪人生含む))。

③月々支出:32万5千円程度

  • 家賃:10万円程度
  • 通信費(電話・ネット関係):2万円程度
  • 電気代:2万5千円程度
  • 諸々雑費:1万円程度
  • 事務員人件費:15万円程度
  • コピー機代(リース料含む):2万円程度

月々月収62万5千円-月々支出32万5千円=30万円

加盟者(本人講師の場合):初期投資に対して、3ヶ月弱で初期投資回収完了となる計算です。

説明会参加時の留意点

(1)ある程度突っ込んだ質問への答弁

説明会へ参加した際には、聞き難いかもしれませんがある程度突っ込んだ質問も必要です。審査して頂く側なので弱い立場の意識になる傾向もありますが、人生をかけている場合にはやはりこれ位の勇気は必要です。

この質問の際に、歯切れよく円滑に事情も踏まえて答弁できるか否かもポイントです。フランチャイズ会社にとって若干不都合な答弁でも、「現状弊社が抱えている課題で、まだ完全解決ではないながらこうこういった措置を講じてはいます」というように答弁すれば妥当性はあります。

(2)既存加盟者からの体験談

もし既存加盟者が参加していて、下記の事柄を聞ければ大変参考になります。

  • 当該フランチャイズ会社を選んだ理由
  • 応募から開業・事業開始までの流れ
  • 現状
  • 会社からのサポート内容

諸バックアップ体制は整備されているか否か

(1)節税策と決算

「フランチャイズ会社を比較・分析の部分」でも触れましたが、フランチャイズ元のバックアップ体制も大切です。上記で記した支援力に加え、節税策・決算作業の要領も教えてもらえると助かります。フランチャイズの決算処理は複雑で独特です。

(2)情報提供

フランチャイズ元は、豊富な資金力と多岐にわたる情報源で様々な情報を入手可能な会社があります。上記の情報公開性に加え、ホームページに掲載されていない情報を提供してくれるという部分も魅力的です。

まとめ

以上フランチャイズの成功について述べてきました。特に重要な点として、市場調査・販売戦略・収支シミュレーションではないでしょうか。これらの事柄を何十時間も・何百時間も複数の方の意見を参考に考えるのが必要です。

よくある事業失敗の要因として、見通しが甘かったという点です。練りに練ったビジネス案でフランチャイズを成功させてください。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. フランチャイズ加盟を必ず成功に導くための方法と留意点を説明