男性向きのフランチャイズについて脱落者が多い業種も合わせて解説

カテゴリー : FCコラム

男性でフランチャイズビジネスによる独立開業を検討中・本格的に目指しているという方には、なるべく男性として開業しやすい・男性の特性を活かせる業種で話を進められればと考える方がいらっしゃいます。

このような状況の男性には、どんな業種が男性に向いているの?男性に向く業種の特性とは?自分はどのようなことを留意しておくべき?と思いめぐらしている方がいます。そして一度実際フランチャイズビジネスを実行した方には、事業拡大へ向けての参考材料・現状ビジネスをさらに前進させるためのプラス情報を求めるという方もいます。

そこで今回はフランチャイズと男性ということにつきまして、男性が向く業種・業種の特性などに触れながら解説します。

男性とフランチャイズ

(1)体格・体力

やはり男性の特性として、体格・体力があります。業務の特性として、随所に体力・力を必要とする業種があります。そして、男性の体に詳しいといった特徴もあります。

(2)機械に強い

そして男性は機械修理などといった、機械に強い傾向があります。昨今機械が関係するフランチャイズビジネスも増えてきています。このような特性が、ビジネスへプラスに働く場合があります。

メンズ脱毛

(1)美意識の増加傾向

昨今男性にも、清潔感・美意識への意識増加傾向によりメンズ脱毛業が盛り上がってきている傾向があります。口ひげあごひげなどのひげはもちろん、すね毛などもできれば永久脱毛したという方がいます。このような需要に対して、まだ供給が追い付いていない状況があります。

自力での脱毛が不可能ではないものの、なかなかうまくいかない・自力で永久脱毛は至極困難という事情でプロの技術が求められます。そしてやはり、男性の体のことなので感覚として男性が比較的わかりやすいです。

(2)開業費用

標準的に鑑みて、300万円程度考えておく必要があります。しかしながらフランチャイズ元のプランにより、50万円程度~の費用で開業が目指せる所もあります。

(3)特性

  • 男性の体に関わることなので、男性が理解しやすいです
  • 自宅開業にできれば、家賃がかかりません
  • ニードル脱毛(有資格者のみが施術を可能)は需要独占につながります
  • 医療レーザー脱毛に関しては看護師からの転職が目指せます

(4)難点

  • 脱毛技術の取得:研修である程度の脱毛技術が指導されるものの、人間の体に関わることなので実際の業務に当たってはなかなかイメージしたように脱毛が進まない可能性があります(経験でテクニックと臨機応変性を培う必要があります)
  • 集客:本部がある程度の集客活動をしてくれるところがありますが、自分でも営業活動は求められます

介護業

(1)慢性的に供給不足

巷のうわさやテレビなどの特集番組などからもよくみられるように、介護に対してはサービス供給が追い付いていません。男性でないと務まらないというわけではありません。実際介護スタッフの方には、女性の方も多数いらっしゃいます。

しかしながら介護業務には、力を求められる業務が随所にあります。この事情により最初の立ち上げには、男性の体格・体力が求められる傾向があります。

(2)開業費用

標準的に鑑みて、1,000万円~2,000万円程度考えておく必要があります。高い初期費用ではありますが、日本政策金融公庫の優遇措置などがあります。

(3)特性

  • 今後も需要は増え続けることが予想されます
  • 景気(経済情勢)に左右されず、安定した収入が見込めます
  • 都市部だけでなく、地方でも需要が見込めます
  • 介護と一言でいっても、いろいろな業態があります

(4)難点

  • 介護報酬改定に対して臨機応変な対応が求められます
  • 命に関わる場合があるので多忙な中でも、医師・看護師の方と連携や協力をする必要があります
  • 医療ではないので、従来の介護業務価値観に加え高級感に対する感覚の理解も求められてきています
  • 常に誰かがいる必要があるので、スタッフ不足の時にはなかなか自分が休みを取れないことが少なくないです

ラーメン業

(1)随所に力仕事

ラーメン屋さんでみたことがあるかもしれませんが、麺作り・スープ作りに・スープを運ぶという業務では力が必要です。特にスープ作りでは道具を数十分間にわたり、大きな鍋の上でかき回す時があります。この事情で、男性による立ち上げがおすすめといえます。

(2)開業費用

一般的に1,000万円~1,200万円程度考えておく必要があります。日本政策金融公庫の操業融資で、費用を調達しやすい場合も想定されます。

(3)特性

  • フリーネームフランチャイズという新しいフランチャイズのスタイルが出てきています
  • フリーネームフランチャイズは、スープ・麺・具などが本部から提供されメニュー名などを自分で考案・決定できるといった利点があります
  • 対象エリアでの優位性がある程度確保されれば、フリーネームで自社ブランドを作れます
  • 居抜き物件を見つけられれば、初期費用が安くつく可能性があります

(4)難点

  • 本部から提供さるスープの味などがどこでも好かれるというわけではないので、自分なりの研究・工夫も必要です
  • メニュー名作り・メニュー作り・店内装飾などにオリジナルのセンスが求められます
  • 開業地域選びに高い眼力が求められます
  • 調理しやすさ・設備配置・お客様の食べやすさなど複数の要素を考慮して、物件面積の割り当てを二重三重に分析する必要があります

カーリペア業

(1)リペア業そのものがトレンド

昨今節約志向で新品購入より、修理できるものは修理するといった気持ちの高まりがあります。この機運でリペア業が成長産業ではありますが、カーリペア業も一つです。

(2)開業費用

一般的に300万円程度考えておく必要があります。

(3)特性

  • 女性では務まらないというわけではありませんが、一般的に男性が機械・機械操作などを得意とする傾向があります。工業高校出身・工学部出身が男性に多い風潮があります。
  • 自宅開業にすれば、初期費用・家賃抑制につながります
  • 手に職をつけられる業務なので、一生ものの仕事になり得ます
  • お客様の取り合いにならないよう、出店を本部が管理しているところがあります

(4)難点

  • お客様の予算で、ハイクオリティを実現する技術力が必要です
  • エリアによっては出店が競合区となっていて、早めの応募・早めの決断が求められます
  • 修理技術・道具などが進化するので、絶えず研究・練習が求められます
  • 売り上げ確保のために、ディーラーや中古業者から仕事を頂く必要もあるので売り込み・付き合い方がカギともなってきます

男性専用美容業

(1)第一印象の重要性

人は見た目が9割という言葉があるほど、第一印象の重要性は大きいです。特に営業の方にこの傾向は大きく、男性の美への追及が以前より増してきています。そしてこの男性の美ということにも、やはり男性の体に関することなので男性がより適性があります。

(2)開業費用

一般的に700万円程度~1,000万円程度考えておく必要があります(フランチャイズ元の方針次第では大して要しない所もあります)。

(3)特性

  • 居抜き物件を見つけられれば、初期費用を少しでも抑えられます
  • 1,000円カットが昨今話題です
  • 様々なお客様と接するので、いろいろな知識・知見を知れます
  • 技術習得・技術全身で、一生ものの仕事になり得ます

(4)難点

  • お客様のご要望・イメージを短時間で実現できる方法を考えつく必要があります
  • 地方ではなかなか安定した経営が難しい所があります
  • スタッフ確保・スタッフ育成が特に難しい業種の1つではあります
  • 初期費用をなるべく抑えるのが、経営を軌道に乗せるカギの一つであり難点でもあります

男性に向いてそうで難しい業種

(1)100円ショップ

スーパーの店長・百貨店などの管理職の方は、男性が多いイメージではないでしょうか。ところが100円ショップは、女性の方が向いている傾向もあります。確かに100円ショップへ行くと、品出しやレジをしているのが女性の方が多くみられます。スタッフに女性が多いことで、女性店長の方がコミュニケーションを正確に・円滑に進められる要因があるということでしょうか。

そしてお客様も子連れのママをよく見かけます。ということはママからみて、どのように陳列してあるが見つけやすいのか・ポップなどに魅かれるのかというように目線を合わせやすいということも予想されます。

(2)ネットショップ

ITの難しい知識・パソコンに関する複雑な仕組みなどは、男性の方が詳しそうなイメージがあるかもしれません。しかしながらネットショップで重要なカギになるのが、商品そのもの・付加価値・梱包・ショップそのもののかっこよさです。

購入者は複数社の商品が並べられている一覧から、まず試しにクリックしてその商品ページへいきます。ネットショップにおいて、この「まず試しにクリックしてその商品ページへいく」という第一ステップがとても大きいです。そしてネットショップそのものをかっこよく便利にしておけば、「これもここで買おう」という気持ちにも誘導しやすいです。

また商品の包みそのものがかっこよく梱包がしっかりしてあれば、リピーターにもなって頂きやすいです。リピーターが増えれば、ショップの繁盛にもつながります。この一連の段取りに対して、男性よりも女性の方がセンスで長けている傾向があります。

まとめ

以上フランチャイズと男性について述べてきました。フランチャイズ独立につながる男性の特性として、体格・体力が大きいです。そして近年意識されつつある、男性の美意識と男性の体に関係する点です。

これらに加え、機械に強い・詳しいという傾向性も特徴的です。いずれの業種にせよそれなりに安定した経営のためには、リピーターが必要です。このリピーターには、妥当的な価格設定・妥当的な価格で高品質を確保する技術力が求められます。このような難点を乗り切り、男性としてのフランチャイズビジネスを大成してください。


関連お役立ち情報


今月の掲載企業ピックアップ!


  1. フランチャイズ加盟募集.net
  2. お役立ち情報一覧
  3. FCコラム
  4. 男性向きのフランチャイズについて脱落者が多い業種も合わせて解説