「自分の仕事が誰かの役に立つ」そんな仕事一緒に始めませんか?
出張かき小屋 牡蠣奉行

対応エリア:全国

会社名
ちびっこ共和国株式会社 かき小屋実行委員会
事業内容
「かき小屋」の運営
カテゴリ
飲食業
住所
岡山市南区灘崎町片岡2486
電話番号
086-362-5501
HP
http://kakibugyo.com/
メッセージ

東日本大震災の被災地である東北・石巻の牡蠣をしようすることによる復興支援。期間限定のため、イベント性も高く、人が集まりやすい雰囲気を創出します。シルバー層の雇用も創出。成功する要因は、牡蠣の絶大な人気はもちろんのこと、「旬の食材」を「手軽且つ、豪快に楽しめる」環境を創出することです。

https://fc-kamei.net/wp-content/uploads/2018/07/0648_2.jpg

仕事の魅力

冬季限定・地産地消、出張牡蠣小屋
地域活性・復興支援プロジェクト「牡蠣小屋実行委員会」が主体となった『出張牡蠣小屋』は、2012年に発起人の出身地である岡山県の片田舎からスタートしました。
復興支援の輪を広げてゆきたいという想いから、2016年に奈良と大津の2会場で開催したところ、約1ヶ月で合計2万人強のお客様が来場され、当初の予測を遥かに超える盛況ぶりとなりました。

東北復興支援に繋がる出張牡蠣小屋
「出張牡蠣小屋」は、2012年に岡山県の1店舗からスタート。
発起人が東日本大震災で被災したことがきっかけで、被災地の養殖牡蠣が「風評被害」に遭い、買い取り先がなく、深刻な状態に陥っていることを知りました。
養殖業者の落胆ぶりを目の当たりにし、なんとか力になりたいという思いから「業者が売らないのだったら、自分たちで売ろう」と提案。
東北復興支援として、発起人の出身地である岡山で「牡蠣小屋」をオープンしました。
しかし、岡山だけの一店舗だけでは、復興支援としては微々たる規模です。
そのため、復興の輪を全国に広げていきたいと考え、友人・知人を経由して、発足したのが、この「地域活性・復興支援プロジェクト牡蠣小屋実行委員会」でした。
賛同者が徐々に増え、関西での開催も実現。
メディアにも取り上げられ、認知度も徐々に上がっています。

ビジネスの特徴

『出張牡蠣小屋』の生み出す価値が、あなたの独立開業を万全のサポート体制で支援します。
このビジネスは、社会貢献になり、なおかつ、高い利益を生み出す企画です。
その理由はまず、一般の飲食店のように高額な設備投資が必要ありません。
ありとあらゆる遊休地や土地の有効活用をして一年中集客イベントを開催します。
そう、飲食業とイベント業の長所を合体させたビジネスなんです。
そして、被災地である東北・石巻の牡蠣を使用して『出張牡蠣小屋』が全国に広がることにより、復興支援に貢献できます。
成功のカギとなる「場所選び」に関しては、独自のノウハウをもとに厳選して万全のサポート体制により独立開業の支援をさせていただきます。

加盟要件

募集地域 全国
契約タイプ フランチャイズ契約
契約期間 3年間
開業資金

600~800万円
※上記は目安であり、場所や条件により変動いたします。

収益モデル

FC店 シミュレーション /席数:100席/単価:3,500円/稼働日数:30日

売上高 1,000万円
ロイヤリティ 売上の10%
ランニングコスト 場所代:50万円/設営撤去費:30万円/広告宣伝費:100万円/食材仕入れ費用:400万円/人件費:100万円/消耗品費:50万円/光熱費:20万円/雑費:30万円
利益

店舗利益:120万円/利益率:12%

説明会日程

随時、個別にご案内いたします。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ