自分の腕一本で独立開業を目指す「iPhone修理技術トレーニングプログラム」
iPhone Repair Business College

株式会社WISE IT
株式会社WISE IT

対応エリア:全国

会社名
株式会社WISE IT
事業内容
iPhone修理サービス
カテゴリ
サービス業
住所
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-2-8 松本ビル2F
電話番号
03-6240-1106
HP
http://iphonedock.jp/
メッセージ

現在大変需要の高いiPhone修理サービスの技術研修プログラムです。
本トレーニングプログラムは、フランチャイズ契約を必要とせず独自のブランドでの開業に特化した技術研修・ノウハウ提供を行っております。

https://fc-kamei.net/wp-content/uploads/2016/09/c396k2.jpg

仕事の魅力

iPhone Repair Business Collegeは、現在大変需要の高まっているiPhone修理サービスを、フランチャイズ契約を必要とせず独自のブランドでの開業に特化した技術研修・ノウハウ提供を行っております。

【1】現在のメーカー公式修理の体制
そもそも何故、パーツ交換によるiPhone修理サービスの需要が高いのか。これはメーカーの修理体制が、フィーチャーフォンや他社製スマートフォンと大きく異なるため、利用顧客の多くが不便だと感じることに起因します。
iPhone以外の携帯電話を修理に出すとき、利用顧客はまず契約した家電量販店やキャリアショップに足を運ばれることがほとんどです。そしてその家電量販店やキャリアショップで交換、修理対応、またはメーカーへの委託等、手間のかかる部分を請け負っていました。しかしiPhoneの場合、ショップへ修理依頼品を持ち込んでも、利用顧客自らメーカーサポートへ問い合わせる・修理予約手続きを行う必要があると言われてしまいます(※1)。そしていざメーカー修理へ持ち込んだとしても、その際には「本体交換対応」、「本体交換のためデータは初期化される」「バックアップやデータ移行は自身で行わなければならない」と伝えられます。そして上記のような修理内容であることを知るのは、数日、数時間待ち続け、ようやく修理窓口で自分の番が回ってきた時となりますので、顧客の不満はその分だけ高まっていきます。

【2】メーカー修理と比較したときの「iPhone修理サービス」のメリット
上記のように、不便を感じる場合の多いメーカー公式修理を利用せざるを得ない状況を受け、約5年前から、いわゆる「街の修理屋さん」として、パーツ交換によるiPhone修理サービスが始まりました。
メーカー修理と比較したとき、iPhone修理サービスのメリットは非常にわかりやすいもので、「メーカー修理費用より安価である」、「作業時間が1時間未満と手間がかからない」、「修理後データは削除されずそのまま残るので、バックアップを取る必要がない」といった点です。そしてこういった修理サービスを利用したいと考えるお客様の多くは、メーカー修理の対応を既に受け、自分の感じた不便さがない修理を求めています。そのため利用いただいた顧客から大変感謝され、またリピート率も高いものとなっています。

※1 一部キャリア、家電量販店は、メーカー正規代理店の資格を取得し、本体交換などの対応を一部ショップで対応できますが、対応できる店舗が限られています。

市場性

電子情報技術産業協会JEITAによると、2015年11月の移動電話国内出荷台数は190万台でその内スマートフォンは110万8000台、全体の58.3%となっています。また2015年4月~11月の移動電話国内出荷台数は1372万1000台であることから、約795万台のスマートフォンが販売され、さらにBCNランキングによると、2015年1~12月のメーカー別販売台数シェアではアップルの販売台数が約61.5%(480万台以上)を占めており、イコール見込み客の数と考えられます。

ビジネスの特徴

【1】開業時コストが他商材と比較すると安価
技術習得の必要な商材、フランチャイズ開業など、主要の商材は100万円以上の開業時資金が必要となり、リスクが高いものになります。
iPhone修理サービスは、開業までに必要な研修費、パーツ費、物件の賃料などをあわせてもそれを下回るコストで開業が可能です。

【2】修理一件に対する作業時間が短い
iPhone修理の作業は、慣れてくればほとんどの作業が1時間以内で行えるものです。現在別のメイン業務がある会社様、独立を考えている段階、副業としての商材を検討されている方にも扱いやすいものになっています。

【3】精密機器等の扱いに慣れていない未経験者でも技術習得可能
iPhoneの内部構造自体はかなりシンプルであるため、修理の技術難易度としてはさほど高くありません。
ただパーツ類がかなり細かいため、力加減を誤ると、正常な機械を作業によって壊してしまうことがあります。
細かさや力加減に慣れてしまえば、さほど複雑な構造ではありませんので、業務フローとあわせてもご本業に負担なく簡単にできるものではあるかと思います。
それ以外には、修理専門店のエンジニアであるが故、お客様から一般的なiPhoneの使用方法、PC面の知識に関して質問をされることが多いため、関連知識は最低限必要になるかと思います。
そのため、全くiPhoneを使用したことがない・使い方がわからない状態での開業はお客様との信頼関係に大きく影響しますので、修理作業とは別に習得が必要なものでございます。
これらが習得できれば、どんな方でもオープン可能レベルまで上達します。

【4】独自ブランドによる開業サポートに特化
iPhone Repair Business College最大の特徴として、現在主流であるフランチャイズ加盟形式ではなく、これから開業される皆様が立ち上げる独自ブランドを成功させるためのノウハウ提供に特化しています。フランチャイズ加盟だと、現在有名なFCだと、「部品の仕入れに対する縛りのきつさ、それによる利益率の低下」、「売り上げに対するロイヤリティの請求」、「自社に適していない固定広告費がかかる」といったデメリットが顕著であり、縛りの少ないFC本部はかなり少ないものとなっています。
これを逆手に取り、FC加盟をせず、自社が本部である独自ブランドの立ち上げをサポートさせていただくのが、本トレーニングプログラムとなります。弊社がこれまでに培ってきた技術ノウハウ、トラブルを未然に防ぐための顧客対応、ウェブマーケティングノウハウ等、様々な観点から、これから開業される方々のお力になれるよう尽力いたします。

本部のサポート体制

一般的な技術研修では省かれがちな顧客対応の注意点、実作業を模した研修内容など、オープンしてからお困りになりやすい点を徹底サポート。研修後もメールや電話にて継続的な技術支援を実施。
もし対応が難しい難易度の高い案件があった場合、弊社が代行修理・対応を行うことも可能。仕入れルートや、副商材のご提案などの情報共有も可能。
また追加プランとして、主流になりつつある液晶リペアサービスの技術研修、機材導入支援(別途見積)も実施しております。

加盟要件

※本コースは加盟店形式ではございませんので、研修受講のための要件は一切ございません。

募集地域 全国
研修資金 iPhone Repair Business Collegeトレーニングプログラム2日コース:20万円(税別)
iPhone Repair Business Collegeトレーニングプログラム2日コース:12万8000円(税別)

収益モデル

※1か月約150件ほどの来客を想定した収益モデルとなります。
※広告宣伝費はリスティング広告やチラシ等販促ツールを想定しています。自社の方針により費用は異なります。

売上高 183万4,780円
部品原価 67万8,400円
ロイヤリティ なし
広告宣伝費 6万円
利益 109万6,380円

 

説明会日程

秋葉原本社にて随時実施いたしております。資料請求後、記載の電話番号もしくはメールアドレスよりお問い合わせくださいませ。

ページトップへ