質屋かんてい局/FTC株式会社

質屋かんてい局/FTC株式会社
質屋かんてい局/FTC株式会社

対応エリア:全国

会社名
質屋かんてい局/FTC株式会社
カテゴリ
小売業/リサイクルショップ
住所
岐阜県大垣市笠木町260ー1
電話番号
0584-92-1222
HP
http://www.ftcproject.co.jp/
メッセージ

私達は創業33年リユースビジネスに特化した
コンサルティングカンパニーです。
皆様それぞれにとって最適なリユースビジネスを御提案させて頂きます。

https://fc-kamei.net/wp-content/uploads/2016/07/c255k2.jpg

仕事の魅力

【全国で191店舗展開中】質屋業態をイノベーション!!
◆◆◆売買+質の利息収入でシナジー効果を発揮する質屋「かんてい局」に加盟したくなる4つのポイント◆◆◆

1.質屋の最大の魅力は利息収入!市場背景も追い風に!!

質屋の最大の魅力はなんと言っても利息収入です。法律により定められた上限金利が貸金業(消費者金融など)は20.0%に対して質屋が 109.5% と貸金業に比べて高く、物を預かるだけなので手間も掛かりません。
さらにお客様の商品を担保として預かるため、貸し倒れのリスクがなく、取り立ての必要もありません。
お客様から利息や元金の支払いがなくても、商品の所有権は店側に移るだけなので、商品を自由に販売することが可能になり、それによって新たな粗利益を生み出すことができます。

また、2010年に改正貸金業法が完全施工されたことにより、原則として借り入れの上限金額が年収等の3分の1までに制限される「総量規制」が実施。質屋は貸金業ではないため、総量規制には該当しません。
これをきっかけに消費者金融などでお金を借りることができなかった方の利用も増加していますが、質屋の数は年々減少しています。
需要があるのにお店は少ない。そんなこれからだからこそ、大きなビジネスチャンスがあると私たちは考えています。


2.収益性の高い多くの買取品目!

当社には総合リユースショップ業態があるため、通常質屋で扱う、金・プラチナ・ブランド品以外にも、幅広い商材が扱えます。そのため幅広い客層がターゲットとなり集客がアップします!


3.エリア・予算に応じた店舗設計

従来の質屋のイメージとはちがい、入りやすい店舗イメージでお客様へ安心感を与えています。ロードサイドの大型店からドライブスルー対応店まで、エリアや予算に合わせて出店が可能です。


4.マーケティングリサーチとホスピタリティの向上

出店前の物件調査では独自のマーケティングリサーチを実施しています。
これまで500店舗を超える店を全国津々浦々に展開させてきたノウハウを活かし、オリジナルマーケティングリサーチを実施しています。
現地での持ち込み競合調査、フィジィビリティ調査なども含め50項目を超えるリサーチ項目から物件を評価し、出店基準を満たす物件を厳選しております。
また、鑑定士スキルアップの一環としてホスピタリティを意識した接客(接遇)を取り入れております。
一人一人のお客様との繋がり(マーチャントシナプス)を大切にした接客で他店との差別化にもつながっております。

仕事の魅力
仕事の魅力

ビジネスの特徴

中古ビジネス(中古小売業)の需要は年々増加しており、経済産業省やリフォーム産業新聞社の発表によると、
2000年から2013年の13年間で約7.6倍の1兆4900億円のマーケートに成長したと言われております。
しかし、それでもまだ中古品の売買をした事がない人が日本国民全体の6割もいる事が環境省の統計でも出ております。
それが理由となり、これからも顧客が増え、市場はより大きくなるものと予想出来ます。
また各商材の市場も拡大しております。一昔前では携帯電話の取り扱いなど考えられてもいませんでしたが、現在は多くのリユースショップで買取・販売されています。
現在では高齢化社会の背景から、介護用品の取り扱いや、再利用の考えからお酒の空き瓶など、その時代に合わせた市場が開拓され、広がっていきます。
弊社ではこれら全て取り扱う事が可能で、時代に合わせて日々取り扱いの商材を進化させてまいりました

貸金業とは管轄が違うため、利息率を高く設定する事が可能です。貸金業は年利20%に対して、質屋は年利109.5%まで可能です。
また、貸金業では2010年6月18日より改正貸金業法が完全施行され、原則として年収等の3分の1までに制限される。

「総量規制」が実施されたため、貸金業者数が5年前は事業所数が3,648店だったのが、1,712店の約半分となりました。
それにより今まで利用していた方が利用できなくなり、貸金業者も運営が難しくなり減少となりました。しかし質屋はその制限がありません。そのため、今まで貸金業者を利用していた方が、質屋を利用するようになり、市場が拡大している結果へと繋がっています。

WEBカメラ査定、宝石鑑定システム、相場情報システムなど、33年のリユース事業を展開する中で築いたノウハウで商品査定のバックアップを提供いたします!
安心・安全の査定サービスですので未経験者の方でも安心です。
また、出口戦略として商品の販路拡大に力を入れております。
店頭販売やオークション販売、本部での買取サポートはもちろん、業者のみが出入りできるセリ市、専門業者の紹介、
携帯電話、宝石、骨董、酒、工具、着物などの商材毎に本部が提携した業者様をご紹介させて頂き、販売先に悩む
オーナー様をサポートしております。

サポート体制


開業前にはまずオーナー様と共に出店計画を立てます。

出店可能なエリアを選定し、そのエリアで弊社の33年にわたるチェーン展開の実績により、
大手ショッピングモールテナント物件や営業中のリストラ物件、新築物件情報などの情報を大手チェーン店や
デベロッパーから直接入手出来ます。
候補物件が出てきましたら、当社の独自の商圏調査から物件を点数化し、御提案させて頂きます。
物件決定後は出店のプランニングと研修を行います。
プランニングではオーナー様の予算や地域に合わせて、利益を出せるプランニングを御提案させて頂きます。
また、研修では8つのカリキュラムでスペシャリストを育成させて頂きます。

スペシャリスト育成のための8つの行程
①研修事前課題
②SLT スタッフレベルアップトレーニング
③本部基礎研修
④本部現場研修
⑤マネジメント研修
⑥スタートアップ研修
⑦現地基礎研修
⑧課題改善指導

開業後には2カ月に1度の定期店舗訪問や、在庫が少なくなれば本部からの商品卸し、365日WEBカメラによる接客や真贋サポート、メールによる新着情報や偽物情報の配信、全国で無料の勉強会の開催、第3者による覆面調査、POSを用いた運営指導、他の既存店で反響のあったチラシや共通チラシの提案、全国のオーナー様を招待するオーナー会の開催、また換金先として様々な業者と業務提携をしています。
システムの作成や、せりの参加、ネットオークション、本部買取などの幅広い換金先を御紹介させて頂き、
収益を上げるサポートをさせて頂いています。
また、本部では出口戦略の強化に力を入れております。
店頭販売やオークション販売、本部での買取サポートはもちろん、業者のみが出入りできるセリ市、
専門業者の紹介、携帯電話、宝石、骨董、酒、工具、着物などの商材毎に
本部が提携した業者様をご紹介させて頂き、販売先に悩むオーナー様をサポートしております。

サポート体制
サポート体制

加盟要件

健康的な20歳以上の方・経験がなくても本気になり取り組める方・なにより、ビジネスで成功したい方を募集しております。個人・法人・性別不問です。

募集地域 全国
契約タイプ フランチャイズ
契約期間 15年間
開業資金 下記、詳細をご確認ください。

 

項目 具体的用途 小型店(20坪) 中型店(50坪) 大型店(100坪)
開業支援金
(FTCへ支払い)
ノウハウの開示、出店店舗提案、立地調査費用、開店までの諸経費など 500 600 700
本部教育料
(FTCへ支払い)
開業にあたり必要な商品知識、オペレーション指導料として 250 300 350
店舗工事 店舗の内装、看板・外装工事など 350~ 1,000~ 1,400~
宣伝広告代 オープン時チラシ印刷代、折込代、野立て看板設置費、HP作成費用など 200~ 200~ 200~
備品代 専用帳票類・袋・ディスプレイ用品など 200~ 250~ 300~
什器代 ショーケース・ローケース・カウンター・物販棚など 300~ 800~ 1,000~
オープン時商品仕入れ代 オープン時初期在庫仕入れ代金 1,000~ 2,000~ 4,000~
合計   2,800~ 5,150~ 7,950~

収益モデル

弊社既存店舗の実績平均になります。

売上平均 16,160,000 ※1
買取仕入平均 11,010,000 ※1
粗利平均 5,150,000 平均粗利利益率 28%
利息平均 1,410,000※1 ※1
人件費 1,170,000 店長・スタッフ2~7名
地代家賃 630,000 月額固定(家賃・共益費・駐車場代など)
販促費 600,000 主に折り込みチラシ・地域情報誌・WEB広告など
通信水道光熱費 180,000 通信・電気・ガス・水道料金
サポーティングフィー 320,000 ※2
POSリース料 97,200 主に5年リース契約(レンタルサーバー費含む)
雑費 390,000 梱包用品、消耗品、ネット販売手数料、雑費等
経費合計 3,400,000 ※1
営業利益 3,160,000 ※3

※1:上記は質屋かんてい局全25店舗の2014年8月~2015年7月の店舗実績の平均です。(2015年10月19日現在)
※2:サポーティングフィーは、月額固定20万円と売上1,000万円を超えた分に対して(店頭・業者販売の合計)2%と月末預かり在庫金額の1.0%です。(税別売上が対象、金券は除外)
※3:上記以外に入質・出質・質流れがあり、営業利益は変動します。
補足説明:POSリース料以外は1,000円以下端数切捨て。
補足説明:上記はあくまでシュミレーションであり、金額を保証するものではありません。
補足説明:上記金額はすべて税別価格です。

説明会日程

質屋かんてい局/FTC株式会社の説明会に参加を希望の方はこちらから
ページトップへ